2006/08/03

亀田興毅新チャンピオン!でも・・・

昨晩は日本中が注目する中、浪速の闘拳こと亀田興毅の世界タイトルマッチが行われた。

19:30からTV放映ということで、仕事があるので見るのを半分あきらめていましたが、21時頃会社帰りに携帯のTV画面をつけると何とまだ試合が始まっていないじゃないですか!

これは見るしかないと思い、家に着くまでずっと携帯でタイトルマッチを見ていました。

1ラウンドいきなりのダウンをくらい、何となく自分のペースに持って行けない亀田。相手のランダエタは追い込まれそうになると巧みに体を入れ替えたり、柔らかい体を使ってウィービングをしながら左右から的確なパンチを当てていく老獪なボクシングを展開し、終始ペースを握ります。

亀田も何度か相手を崩すパンチを当てるんですが、「ここでラッシュすれば倒せる」という場面でことごとく交わされてチャンスを逃していました。最後の2ラウンドなどは、終盤ほとんど手数も出なくなり防戦一方。誰もが亀田の判定負けだと思いました。

結果は・・・大方の予想を覆す2-1の判定勝ち。亀田興毅が見事世界初挑戦でチャンピオンになりました。

しかしその後のニュースや今朝の朝刊でも書かれているように、あの判定は不可解極まりないものでした。

ダウンをしている亀田に対し、ランダエタは大きなダメージはほとんど無い。1、11,12ラウンドはどう見ても相手のラウンド。私が見る限りは2~3ポイント差でランダエタの勝ちでした。

地方紙でさえ「日本ボクシング史上歴史に残るような不可解な判定」というボクシング関係者のコメントを載せていました。

それでも、亀田興毅選手には今はおめでとうと言いたい。

本当に大変なのはこれからだから。今までも不可解な判定で笑った選手もいれば、柔道の篠原選手のように泣いてきた選手もたくさんいる。

「チャンスにラッシュして倒せない」
「テクニックで上回る選手をどう攻略するか」
「接戦となった時、どうポイントを稼ぐか」

自分の弱点は自分が一番感じたはず。次の防衛戦が亀田興毅の真価が問われる試合だと思う。どうせなら最強の挑戦者を自ら選ぶなどして、自分を追い込んで欲しい。弱い相手ばかり選ぶなんて言われないように。

亀田選手の練習量の多さは、誰もが認めるところ。今度こそ圧倒的な強さを見せてKOで勝って欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)