Amazonウィジェット

barcaの本棚


Twitter of barca27


Adsense


無料ブログはココログ

空手道

2021/08/02

第22回東海北信越地区空手道選手権大会

2021年8月1日(日)シーガルドーム焼津にて、日本空手松涛連盟の第22回東海北信越地区空手道選手権大会が開催されました。

Img_8546

Img_8550

Img_8544

昨年はコロナ禍のなかほぼ全ての大会が中止となり、東海北信越大会も2年ぶりの開催となりました。

直前まで開催も危ぶまれましたが、関係者・参加者・保護者のご協力のもと、入場制限、受付及び会場での感染防止策を徹底して大会を迎えました。

清水支部からも少年部、一般部合わせて17名が出場。私は午前中は審判、午後は選手でした。

まずは一般3部(51歳以上)男子型。前回大会で準優勝だったので一回戦はシードで二回戦から。予選型は平安二段(ヘイアンニダン)。昨年1年間公式戦が無かったこともあり、久々に緊張しましたが何とか5−0で勝利。

4名残しの決勝では3番目。得意型の壮鎮(ソウチン)を自主トレの稽古を思い出しながら力一杯気合を入れて演武し、得点は25.4でその時点でトップの得点。

最終演武者は道場の先輩で前回大会の優勝者の長橋先生。得意型は雲手(ウンスー)。いつもながらバネのあるスピードと切れで素晴らしい演武でした。得点は25.4で同点❗️

最後は、最低点の差で僅差の準優勝でした。

次の種目は、コートを変えて古典型2部(41歳以上)男女混合。出場者が少なかったため、予選はなく得意型の一発勝負。

得意型は前回大会でも演武した浪手(ロウシュ)。演武前半の後屈立ちの回転が一ヶ所不充分だったのが若干悔やまれました。

優勝は明鏡二段(メイキョウニダン)をほぼ完璧に演武した長橋先生、私は準優勝でした。

実は一昨年の前回大会でも、2種目とも同じ結果。2大会連続の銀メダル2つは嬉しさ半分、悔しさ半分でした。

Epson005

Epson006

Img_8548

Img_8547 

届きそうで届かない金メダル。何かを変えないとこの壁は破れないのかな❓稽古内容を変えるか、得意型を変えるか…。

それでも、久々の緊張感、達成感、悔しさは大会が開催されてこそ感じることが出来ます。コロナ禍で次の大会も見通せませんが、無事大会が開催されたことに感謝の気持ちで一杯です😊。

2019/12/31

第44回清水空手道スポーツ少年団大会

2019年12月22日(日)は一年を締め括る道場の大会でした。数えること44回目、歴史ある大会です。

Img_5086

Img_5095

私は社会人一年目の1990年にこの烈士館に入会しましたが、自分の子供たちも含めて師範には本当にお世話になりました。

まずは試合に先立ち、帯別、車椅子、古典型、親子・兄弟型などの演武が行われました。

型の部は白帯・色帯・茶帯・黒帯。組手の部は「幼年〜2年」「小3〜4年」「小5〜6年」でいずれも学年を跨いでの試合だったので、盛り上がりましたね😁。

普段の稽古より気合いも入っているし技も決まっていて、「やれば出来るじゃん❗️普段は手を抜いているな...。」という子供たちもたくさんいましたね😅。

大会が終わって、父兄さんも交えた懇親会。毎年恒例のビンゴや上條サンタからのプレゼントもあって、楽しい時間を過ごしました。

Img_5087

Img_5088

Img_5089

Img_5090

Img_5091

Img_5092

これで今年の行事は全て終了。普段は土曜日しか子供たちの指導が出来ませんが、微力ながらこの歴史ある烈士館を支えていければと思います。

押忍🥋

2019/11/30

30回目の七夕会

2019年11月23(土)〜24(日)にかけて、30回目の七夕会が開催されました。

Ba902bb289714f5bb07fd2996d1457b2

七夕会とは、静岡大学空手道部プチOB 会の愛称。浜松で過ごした2年間、佐藤先生には空手の指導だけでなく、お酒もたらふく飲ませてもらいました🍺。大学を卒業する際に「一年に一回くらいはまた集まろう。一年に一回だから七夕会だ!」と佐藤先生が言って始まったのが1990年。

自分の自宅(清水)に佐藤先生、同期の林、石川が泊まりに来たのが第一回。翌年からは、浜松キャンパス内の武道場で稽古をして、佐藤先生の家で深夜まで宴会をして雑魚寝。次の朝ビールを飲まないと朝食食べさせてくれないのは苦痛でしたが😅。

佐藤先生の家で毎年どんちゃん騒ぎするのも申し訳ないので、途中からは場所を浜松の日帰り温浴施設ハッピー(今はもうありませんが)にして数年続けていました。もう記憶も定かではありませんが、いつの頃からか大学の武道場を借りることが難しくなって、宴会だけだったような気がします。

そして、自分が幹事の年に七夕会の稽古を復活させたいと思い、場所を清水に移して自分が所属している清水の烈士館道場を借りて稽古をしてから、駿河健康ランドに移動して宴会と宿泊というパターンとなり、その後ずっとそれが続いています。

途中、佐藤先生の身内のご不幸で先生が来れない年が1回だけありましたが、その時も「俺がいなくても七夕会はやってくれ。みんな1年に1回は会いたいだろうから。」と言ってくれた先生の言葉を覚えています。

参加メンバーも自分が主将だった時の同期だけで始まり、少しずつ後輩たちも加わり、お世話になった先輩方も加わり、メンバーは入れ替わりながらもこうして30年間続けてこれたことは本当に奇跡的だなと思っています。

今でも空手道を続けているのは数人ながら、この七夕会の時だけはみんな道着を着て黒帯を締めて、学生時代に戻って大きな気合を出しながら稽古をします。佐藤先生の教えも年々深くなっていて、激しさよりも下半身がきつい稽古が多く、毎年筋肉痛になりますが😣。

今年の幹事は同期の林。いつも宴会場の席を取るのが一苦労なので、今年は予約できる唯一の店である中華の店を抑えてくれてあって、待たずに入れてGoodでした❗️

ここ数年参加してくれている3年上の鈴木先輩に加え、7年ぶりに2年上の舩川先輩も参加してくれて、総勢11名の七夕会は今年もよく飲み、よく食べ、よく笑った時間を過ごせました😆。前金制も部屋割も含めて、準備から当日まで完璧な幹事の林、本当にありがとう❗️

565ca90193c3483a9240fd0135dea119

翌日仕事だった自分は6時起きで朝温泉に入って、佐藤先生を駅に送りがてら自宅に戻り支度をしてから感謝祭巡回に出かけましたが、午前中は二日酔い気味でかなりキツかったですね😅。

こうして終わった記念すべき30回目の七夕会。来年は後輩の赤石が幹事。これからもみんな元気で40回、50回と続けていきたいと思います。

押忍🥋

 

2019/10/14

第13回しずおかスポーツフェスティバル空手道中部地域大会

今日は第13回しずおかスポーツフェスティバル空手道中部地域大会が吉田町総合体育館で開催されました。

Img_4428 

昨日の台風19号で開催も危ぶまれましたが、天気も回復して1時間遅れで開始。

自分はシニア男子型の部にエントリー。昨年優勝していましたが、今年は2回戦で昨年の準優勝者と当たるトーナメント。ここが勝負のポイントでした。

2回戦は平安四段を選択。強豪との予選とあって若干緊張しましたが何とか5-0で勝利。

準決勝は昨年も対戦した選手。慈恩も準備して来ましたが、得意型の壮鎮で勝負して5-0で勝利。

そして決勝戦。初めて対戦する選手ですが、同じ道場の後輩を4-1で勝ってきた選手なので油断出来ません。

決勝も壮鎮で勝負。準決勝では少しぐらついたり、スピードが落ちる部分がありましたが、決勝の方が良い型を打てたと思います。結果は5-0で勝利。何とか連覇を達成しました😁。

Img_4435

Img_4430 

今大会はメダルではなく、吉田町の有名店松浦食品のお菓子詰め合わせ。ここの芋ケンピめちゃ美味しいんですよね。家族も大喜びでした😆。

Img_4432

Img_4433

午後からは組手の審判。エアコンが無い体育館だったので蒸し暑くて参りました😫。

これで自分が出場する今シーズンの大会は終了。東海北信越で銀メダル2つ、全国大会で銅メダル2つ、今大会で金メダル1つと、今年はエントリーした全ての種目でメダルを取ることが出来ました。

年々体力が落ちて大変ですが、来シーズンも頑張ります💪。

Img_4434

2019/08/04

第20回日本空手松涛連盟全国空手道選手権大会

7/20(土)〜7/21(日)に、第20回日本空手松涛連盟全国空手道選手権大会が開催されました。会場は、代々木が使えないのでアリーナ立川立飛でした。

初日は少年部の監督。静岡始発6:20の新幹線に乗り、同じ道場の後輩とも合流しました。東京駅から中央線に乗り換えて、9:00前にようやく到着。

アリーナ立川立飛は初めての会場でしたが、全国大会をやるには小さい会場で、フロアも観客席もかなり混雑していました。

Img_3533

道場の少年部からは支部長のお孫さん2名のみ。昔はバスを貸し切って父兄さんも含めて50人近くで行っていたので、少し寂ししかったですね・・・😢。

Img_3535

Img_3708

2人とも頑張りましたが、残念ながら予選は突破できず。それでも、お兄ちゃんは組手は1回戦は勝利できました。結果は残せなかったけど、こういう大きい大会に出場して体験することは、何にも代え難い経験だと思います。

Img_3541

お昼の演武では、香川主席師範や本部指導員の先生の演武に加え、鈴木福君も登場しました❗️

Img_3635

Img_3648

Img_3579

Img_3606

夜は道場の後輩と居酒屋で一杯🍺。試合前日は体調を考慮して2杯くらいに抑えるんですが、料理が美味しく、話も弾んで4杯も飲んでしまいました😆。後輩はもっと飲んでましたが。

Img_3701

Img_3703

Img_3705

Img_3706

2日目は選手として、一般四部(50〜54歳)男子型の部、古典型二部(50歳以上)に出場。

8:00頃に会場に着きウォームアップ。前の晩のお酒のせいか、少し身体を動かすだけで汗が吹き出すように出ました。

午前中は一般四部男子型の部。

予選の平安型で勝利して4人残しの決勝へ。今年も得意型は「壮鎮(ソウチン)」。これまでの稽古を思い出しながら力一杯に演武しましたが、上位の2名には届かず3位?。この種目では2年連続の銅メダルとなりました。

午後は、昨年からエントリーするようになった古典型二部。

昨年は予選で敗退し決勝に残れなかったので、まずは予選突破が目標でした。予選型は「旋掌(センショウ)」。回転が多くバランスを崩しやすい難しい型で最初は順序も覚えていない状況でしたが、DVDを何度も見て道場で自主トレしながら、何とか覚えることが出来ました。

予選の相手は広島の選手。演武途中で1ヶ所バランスを崩しかけましたが、何とかこらえて5−0で勝利。4人残しの決勝に残れました。

決勝での得意型は「浪手(ロウシュ)」。東海北信越大会で一度演武していたので、それほど緊張することなく演武することが出来ました。結果はこちらも3位?。上位の2名とは点差もあり、まだまだの結果でした。

201907211

201907212

Img_3709

Img_3710

古典型の決勝の後に総本部の松江先生に挨拶をした際、「古典型は松涛の型と違って技のキレより、身体の伸縮や技と技の流れが大切」という言葉を聞いて、目から鱗でした😳。

古典型は昨年から始めたばかりですが覚えるのに必死で、今までそんな事考えたこともなかったです。

空手道は、本当に深いなぁとあらためて感じました。

来年の全国大会は地元静岡での開催。準備も大変ですが、選手としても一年間稽古を積んで頑張ります❗️

静岡県選手団、審判団、本部の皆さん、2日間お疲れ様でした❗️

押忍👊

2019/07/15

第20回東海北信越地区空手道選手権大会

2019年6月30日に長野県松本市総合体育館で、第20回東海北信越地区空手道選手権大会が開催されました。

Img_3284-1

妻と前日から長野入り。松本城は何度か訪れていたので、今回は初めて善光寺へ。広大な敷地と、歴史ある建造物に圧倒されました❗️2時間ほどゆっくり観光しましたが、飽きないですね😊。お蕎麦も美味しかった〜😋。

Img_3245

Img_3264

Img_3249

Img_3266

Img_3265

Img_3262

夜は串カツ屋で食べる予定でしたが予約で一杯だったので断念。駅前の居酒屋にしました。試合前なのに結構飲んで食べちゃいました😅。

Img_3270

Img_3271

Img_3274

Img_3280

Img_3281

そして、試合当日。

朝は結構大雨が降っていて車の乗り降りが大変でしたが、午前中のうちに雨も上がりました☔️。

Img_3233

まずは古典型3部男女混合の部(51歳以上)。エントリー人数が少なかったので、予選がなく決勝型の一発勝負となりました。

昨年から挑戦し始めた古典型の部。平安型や得意型(五十四歩小、壮鎮)などに比べて、まだまだ稽古量が少なく身体に馴染んでいないので不安な状況でした。

型は浪手(ロウシュ)。団体型で数年前に演武したことはあったものの、個人戦で演武するのは初めてだったので少し緊張しました。結果は、何とか準優勝。古典型の部で初めての入賞となりました。

試合が終了すると、休む間もなくそのまま他のコートへ移動して、一般3部男子型の部(51歳以上)。1回戦は平安三段、2回戦は平安二段を演武していずれも5−0で勝利し、何とか決勝の4人に残りました。

決勝の得意型は壮鎮(ソウチン)。古典型と予選2試合の疲れも残っていましたが、太ももや腕を自分で叩いて気合を入れ直して演武を行いました。結果は、こちらも準優勝。

2種目とも準優勝できたことは嬉しい反面、同じ道場の先輩にどちらも競り負けたことは少し悔しさも残りました。自分より4歳年上なのに、雲手(ウンスー)の飛び技も決める先輩を上回るには、まだまだ稽古が足りないなと感じました。

Img_3288

Img_3285

午後は組手の審判に入りましたが、蒸し暑さに参りましたね。後で聞いたらエアコンが故障していたようです😣。

帰りは妻が調べてくれてあった日帰り温泉で汗を流してから、清水へ帰りました。

次は東京・立川で開催される全国大会。体調管理に気をつけて、また稽古に励みたいと思います。

押忍👊

2019/01/14

平成最後の空手道場鏡開き

今日は空手道場の鏡開き。平成最後ですね。

Img_2581

昨日よりは暖かくて助かりました
毎年恒例ですが、稽古前にみんなで写真を撮ってから、その後は来週の昇級審査に向けて軽く稽古。

Img_2584

Img_2586

Img_2587

Img_2590

と言っても自分は鏡もちをひたすら切っていたので、ほとんど指導も稽古も出来ませんでしたが😅。
稽古の後は、みんなでお楽しみのお汁粉を美味しく頂きました😊。

Img_2596

Img_2593

Img_2594

今年も一年精進します。

押忍

2018/12/24

第43回清水スポーツ少年団空手道大会

昨日は、年末恒例の清水スポーツ少年団の第43回空手道大会でした。

Img_2503

暖冬の影響もあって例年より寒くなくて助かりましたね。

Img_2490

Img_2495_1

Img_2496

子供たちの人数も以前より少ないので組手試合は総当たり戦にしましたが、試合数が45試合とかなり時間が掛かりました。

子供たちも息を切らしながら次々に試合をしていましたが、良かった点としては徐々に試合慣れして、様々な技が自然と出るようになったことです。

普段の稽古の中では試合形式は何試合もできませんが、時にはこうして試合形式をどんどんやらせるのも良いかもしれませんね。

大会後はお楽しみのクリスマス会。今年はモスバーガーのサービスでサンタさんも登場して子供たちにプレゼントを持ってきてくれたりと盛り上がりました

Img_2502

稲毛師範が第50回大会までは元気で頑張ると宣言していましたが、50回と言わず60回も70回も続けていけるよう、微力ながら指導員として選手として烈士館を支えていきたいと思います

押忍

2018/11/10

七夕会2018

11/3(土)〜4(日)は静岡大学空手道のプチ同窓会「七夕会」でした。

今年は29回目、幹事は同期の甲斐でした。

3学年上の鈴木先輩は恐らく4回目の参加。浜松で一緒に稽古した高山先輩も2年連続の参加で嬉しい再会となりました

15時の待ち合わせでしたが、後輩の赤石が電車に乗り遅れて10分以上の遅刻。昔からイジられキャラでしたが、今回もその本領発揮でした

毎年稲毛師範のご厚意で貸していただいている烈士館道場に移動し、恒例の稽古。大学を卒業してから空手道から離れているメンバーも、この日ばかりは学生時代に戻って大きな声を出して稽古します。

佐藤先生は河崎先生の流派である天心塾で技術顧問として指導されており、この七夕会での指導内容も年々変化を感じます。

約1時間半、ほぼ基本稽古でしたがこれがキツイキツイ・・・。最も技の破壊力が大きくなるための、立ち方や腰の使い方をじっくりとやるので、みんな身体が悲鳴を上げてました。見た目とかより、体幹や内転筋を使うような稽古でしたね。

Dsc03577

若干の筋肉痛をすでに感じながら、宿泊先の駿河健康ランドに移動。温泉でさっと汗を流し、恒例の宴会開始現地集合だった野村も無事合流しました。

Img_2324

Img_2321

Img_2322

毎年のことながら、大学時代の思い出やそれぞれの近況を大声で笑いながら、馬鹿みたいに飲んで食べて、本当に楽しい時間です。若い頃よりは飲む量は減りつつありますが、今年も宿泊代より宴会代の方が高くなりましたね

自分より3学年上の鈴木先輩が、「当時は素人ばかりで廃部寸前だった空手道部に、経験者の伏見が入部してくれて本当に良かった。」と言ってくれたことは本当に嬉しかったですね

当時は先輩でも関係なく血気盛んにオラオラ組手をしていたので、相当生意気な後輩だったと思いますが、心が広い先輩方のおかげでこうして今でも楽しいお酒を飲むことができています。

翌日は会社の感謝祭巡回だったので6時に起きて温泉に入り、同部屋だった高山先輩、甲斐、林と別れ、やはり仕事があった佐藤先生を清水駅に送りがてら駿河健康ランドを後にしました。

大学を卒業した平成2年から1年も欠かすことなく続いている七夕会も来年は記念すべき30回目。幹事は同期の林です。

来年も楽しみにしています
押忍

2018/09/30

第12回しずおかスポーツフェスティバル 空手道中部地域大会

一週間前の9/23(祝)に第12回しずおかスポーツフェスティバル 空手道中部地域大会に、選手&審判で参加しました。

Img_2122

この大会への出場は3年ぶり。オール流派の大会なので、出場選手のレベルも分からず、毎回緊張します。

シニア(40歳以上)男子型の部のエントリーは12名。以前に出場した時よりも選手が増えており、知らない選手がほとんどでした。

予選は慈恩(ジオン)で勝負。久々の大会で少し緊張しましたが、5-0で勝利。

Dscf5674_1

準決勝は初対戦となるT選手。T選手の予選型を見ていましたが、基本がしっかりしていて油断出来ないなと思いました。

準決勝は得意型の壮鎮(そうちん)を演武。若干失敗したのは、演武を始める位置がいつもより後ろからになり、危うくコートを出そうになったこと。何とか連続技の部分で立ち方を調整してギリギリ大丈夫でしたが

旗の数は確認できませんでしたが、相手側にも旗が上がり接戦だったと思います。

Dscf5678_1

決勝は茶帯ながら反対側のトーナメントを勝ち上がって来た剛柔流のO選手。疲れも残っていましたが、今持てる力を精一杯出して壮鎮を演武し、5-0で優勝❗️

出場した3回全てで優勝と、フェスティバルは相性が良い大会になりました😊。

Img_2129

Img_2130

午後は組手の審判。今年からのルール改正がまだ身についておらず少しミスもありましたが、良い経験になりました。

Img_2128

翌日が松涛連盟の県大会で、道場から出場した子供は2人のみでしたが、幼年型の部でR君が見事優勝でダブルの喜びでした😆。

今年は、東海北信越大会で準優勝、全国大会で第三位、フェスティバルで優勝と、出場した全ての大会で入賞できました。

年々体力が落ちてキツいですが、来年も現役で頑張りたいと思います❗️

より以前の記事一覧

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Favorite Blog