2006/08/03

亀田興毅新チャンピオン!でも・・・

昨晩は日本中が注目する中、浪速の闘拳こと亀田興毅
の世界タイトルマッチが行われた。
19:30からTV放映ということで、仕事があるので見るのを
半分あきらめていましたが、21時頃会社帰りに携帯のTV
画面をつけると何とまだ試合が始まっていないじゃない
ですか!
これは見るしかないと思い、家に着くまでずっと携帯で
タイトルマッチを見ていました。

1ラウンドいきなりのダウンをくらい、何となく自分の
ペースに持って行けない亀田。
相手のランダエタは追い込まれそうになると巧みに
体を入れ替えたり、柔らかい体を使ってウィービング
をしながら左右から的確なパンチを当てていく老獪
なボクシングを展開し、終始ペースを握ります。
亀田も何度か相手を崩すパンチを当てるんですが、
「ここでラッシュすれば倒せる」という場面でことごとく
交わされてチャンスを逃していました。
最後の2ラウンドなどは、終盤ほとんど手数も出なく
なり防戦一方。誰もが亀田の判定負けだと思いました。

結果は・・・大方の予想を覆す2-1の判定勝ち。
亀田興毅が見事世界初挑戦でチャンピオンになりました。

しかしその後のニュースや今朝の朝刊でも書かれている
ように、あの判定は不可解極まりないものでした。
ダウンをしている亀田に対し、ランダエタは大きなダメージ
はほとんど無い。1、11,12ラウンドはどう見ても相手の
ラウンド。私が見る限りは2~3ポイント差でランダエタの
勝ちでした。

地方紙でさえ「日本ボクシング史上歴史に残るような不可解
な判定」というボクシング関係者のコメントを載せていました。

それでも、亀田興毅選手には今はおめでとうと言いたい。

本当に大変なのはこれからだから。
今までも不可解な判定で笑った選手もいれば、柔道の篠原
選手のように泣いてきた選手もたくさんいる。

「チャンスにラッシュして倒せない」
「テクニックで上回る選手をどう攻略するか」
「接戦となった時、どうポイントを稼ぐか」

自分の弱点は自分が一番感じたはず。
次の防衛戦が亀田興毅の真価が問われる試合だと思う。
どうせなら最強の挑戦者を自ら選ぶなどして、自分を追い
込んで欲しい。弱い相手ばかり選ぶなんて言われないよ
うに。

亀田選手の練習量の多さは、誰もが認めるところ。
今度こそ圧倒的な強さを見せてKOで勝って欲しい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/03

強いだけじゃ・・・

年末年始はいろいろと特番があって毎年楽しみにしています。
大晦日は昨年に引き続き、家族バラバラでTVを見ていました。
妻と母はおせちの支度をしながら紅白歌合戦、子供達はドラえもん、
そして私と父はPRIDEとK1をリモコンで変えながら格闘技を満喫。

紅白歌合戦の視聴率低下が言われて久しいですが、これだけ
番組があるとしょうがないですね。
本当は家族みんなで楽しめるような番組があるといいのですが。

あと気になったのがレコード大賞。
金賞と言っても、正直顔ぶれは全然パッとしない。その年に一番
売れた歌手が選ばれるはずなのに・・・。
よっぽどミュージックステーションの特番の方が豪華ゲストが一杯で
純粋に音楽を楽しむことができました。
歴史があるのはわかりますが、あれだけ歌手側が出場辞退となる
なら、賞はやめて音楽祭みたいにしたほうが良いのではないでしょうか。

PRIDEとK1に関しては、今回はカード的にPRIDEの圧勝でしたね。
ヒョードルが圧倒的な強さを見せれば、吉田VS小川戦もちょっと因縁
を煽りすぎた感はありますが、試合自体は楽しめました。

K1の方は、HERO'Sの決勝「山本KID徳郁VS須藤元気」くらいしか
楽しみにしていませんでした。
試合自体は双方の特徴が出たハイレベルな試合だったと思いますが、
一瞬のカウンターでKIDがKO勝利!
ちょうど一年前の魔裟斗戦から注目していたKIDが勝ってガッツポーズ
をしていたのですが・・・。

勝った後の映像で信じられない光景が。
試合直後に相手コーナーに行って相手選手やセコンドに挨拶するのは
恒例ですが、KIDは須藤選手やセコンドの頭をなでて「よくがんばった。
よくやった。」とまるで相手を馬鹿にしたような態度!
いくら勝ってもあの態度はないでしょ!
相手選手には常に敬意を表すべきだし、なおさら負けた選手に対して
ツバを吐くような態度は許せません。
会場のファンもあのシーンを見たからなのか、勝った後のKIDのマイクパフォー
マンスの時、全然盛り上がっていなかったように見えました。

私は空手道を子供の頃からやっていることもあり、「礼に始まり礼に終わる」
を何よりも大切にしてきました。
KID選手は凄い才能の持ち主だし、魅力的な試合をするスター候補であること
は間違いありません。
しかし人間として成長しない限り真のスーパースターにはなれないと思います。

これからの山本KID徳郁選手の人間的な成長に期待します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/01/01

大晦日はどの番組を見た?

昔は大晦日と言ったら、レコ大が18:30頃から始まって、その後21:00頃から紅白という黄金リレー(?)が定番でしたが、いつからかレコ大と紅白が時間重なって出演者もレコ大辞退が続出・・・って変わったんですよね。

昔はほとんどレコ大に出ていた人はそのまま紅白だったので、TBSからNHKへの移動が大変だったようですが、私的にはその頃の方がレコ大も紅白もよく見ていた気がします。

前置きはさておき、みなさんは大晦日どの番組を見ましたか?

我が家では、子供たちはドラえもん、両親や妻はレコ大&紅白、私はPRIDE&K1と見事に3つに分かれました。TVが何台もある現代だからいいけど、昔なら喧嘩になっただろうな。(笑)

私はPRIDEK1をチャンネル変えながら見てましたが、結構面白い試合が多かったと思います。

その中でも、魔裟斗VS山本"KID"徳郁の「カリスマ対決」は、前評判に違わず非常にスピーディーかつ気合いの入った試合で、私の中では大晦日のベストバウトだったと思います。結局1回ずつのダウンで、判定で魔裟斗が勝利しましたが、1Rの魔裟斗のKIDへの強烈なローブローがなければ、KIDが勝っていた可能性も高いと思っています。

試合前のコメントは、「俺は格闘技の神の子だ。」「魔裟斗君は俺に勝てないよ」と「口撃」ばかりで、弱い犬ほど良く吠えるような印象を持っていましたが、昨日の試合を見て「こいつは強い!」と一目惚れしました。

現段階では、キック、パンチ、コンビネーションなど総合力で魔裟斗が若干上ですが、今後KIDが自慢のパンチだけでなく、キックやコンビネーションを身につけたら・・・非常に楽しみです。

これからも、「山本"KID"徳郁」に注目していきたいと思います。

PS.マツケンサンバだけは見たかった・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)