« 第15回静岡県空手道選手権大会 | トップページ | 第15回中部地区空手道選手権大会 »

2014/07/28

第15回全国空手道選手権大会

7/26(土)〜27(日)にNPO法人日本空手松涛連盟の第15回全国空手道選手権大会が開催されました。今年は地元静岡県での開催。朝早くから藤枝の静岡県武道館に全国各地から選手や関係者が集まりました。

Img_4729

昨年の世界大会も長女と次女と私で出場している親子型。今年は長女が短大で授業があり出場できず。10年連続で決勝進出、過去にはメダルも取っている種目だっただけに少し残念でした。

というわけで、今回は次女が選手、私が選手兼監督、妻は初日のみ会場スタッフとして参加となりました。

Dsc03102

Dsc03115

Dsc03114

★次女
型の部 : 1回戦敗退
組手の部 :2回戦敗退

Dsc03145

型の1回戦、型は平安二段。相手は埼玉の茶帯の選手でした。序盤は互角かと思われましたが、途中から技の極め、力強さに差が出て、0−4の敗戦。全国大会とは言え、初戦敗退に本人も涙ぐみ悔しそうでした。

組手については1回戦が不戦勝で2回戦が初戦。先日の県大会よりは積極的に前に出る組手をしましたが、0−2で敗戦。

部活との両立で稽古量も以前より減っている中、試合で勝つためにはどうすればいいのか?本人にとっても今後の課題だと思います。

★親子型
今年はエントリーできなかった親子型。私の種目と同じ時間帯で見れなかったのですが、東京総本部から出場の妹家族が見事初優勝sign03

昨年の世界大会では予選敗退。その悔しさをバネにかなり稽古を積んできたのではないかと思います。

長男は受験生で個人戦のエントリーはせず、この親子型だけに絞っての出場でしたが、嬉しい金メダルとなりましたね。この日は父母や妹も観戦に来ていたので、親族みんなで大喜びでした。本当におめでとうhappy01

Dsc03153

★私
一般二部男子型の部 : 第4位

昨年の世界大会では決勝進出もメダルに届かず5位の成績。一般二部(40代)に参戦してからメダルは逃したことが無かったので、今年は再びメダルを目指して準備してきました。

東海北信越大会が例年より1ヶ月近く早い開催だったこともあり、GW頃からトレーニングを開始。例年は、朝ランニングを週2回程度、ノー残業デーの水曜日に道場で稽古して、土曜日の少年部指導の後に稽古して望んできました。

しかし、今年から週3日(火〜木)は東京での勤務となり、水曜日の稽古に参加できず、朝ランニングもなかなかできない状況。どうすれば良いだろうか・・・?と考えた末、週末1日は道場で個人稽古、朝ランは静岡と東京で1日ずつ取り組むことにしました。

東京での朝ランは、東京の事務所にランニングシューズを置いて、木曜日の朝に走ることを習慣づけました。静岡で走るのと違い、隅田川やお台場のランニングコースを走るのは景色も変わり新鮮な気持ちでランニングできましたconfident

週末の個人稽古は、基本稽古から型稽古でみっちり2時間近く。道場でみんなで声を出しながら稽古するのと違い、暑い中一人きりの稽古は精神的にもキツいものがありましたね・・・bearing

そして迎えた全国大会当日。10:50の試合開始まで時間があるので、朝の稽古でタップリと汗をかいて水分補給した後、10時前から練習場で軽くアップ。前日は風邪気味で体調が悪かったのですが、当日はいい感じで準備できました。

予選は組み合わせの関係で2回戦から。相手は愛媛のN選手。組手でも活躍して毎年エントリーしている選手です。型は順路初段。多少緊張しつつも、ミスなく無難に演武を行い、4−0で勝利。同じ道場から出場したI選手、K選手も決勝の8人に残りました。

演武順は8人中の6番目。得意型は長年演武している「五十四歩小(ゴジュウシホショウ)」。細かいミスはあったものの、大きく崩れることなく気合を入れて演武しましたが、得点は思ったより伸びず・・・。3位と同点ながら、最低点の差で悔しい4位となりましたweep。同じ道場の2人もメダルに届かず、地元開催ながら静岡県選手がメダルを取れない寂しい結果となりました。

2008年(40) 準優勝
2009年(41) 第3位
2010年(42) 優勝
2011年(43) 準優勝
2012年(44) 優勝
2013年(45) 第5位(世界大会)
2014年(46) 第4位

これが全国大会一般二部での全成績。年齢も40代後半になり、若い選手も台頭していく中勝つのも難しくなってきました。

40代では残り3回のチャンス。何とかもう一度頂点に立ちたいですね。

2日目の一般女子決勝。
優勝した総本部の岡本選手の「壮鎮(ソウチン)」を目の前で見ましたが、抜群の足腰の安定感、重厚感、スピード・キレに加え、観客全てを惹き込む圧倒的な迫力に感動しました。

目に焼き付けた素晴らしいこの演武を忘れず、自分に足りない部分を考えながら、これからまた一年稽古を積んでいきたいと思います。

最後になりましたが、地元開催ということで多くの静岡県関係者が運営スタッフに加わり、準備期間から当日の運営まで本当にお疲れ様でした。

押忍punch

|

« 第15回静岡県空手道選手権大会 | トップページ | 第15回中部地区空手道選手権大会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66582/60059003

この記事へのトラックバック一覧です: 第15回全国空手道選手権大会:

« 第15回静岡県空手道選手権大会 | トップページ | 第15回中部地区空手道選手権大会 »