« WindowsからMacへの移行 (MacBook Pro Retina) | トップページ | Bianchiのボディバッグ »

2014/02/13

2014年の手帳

2014年も2月中旬。今年の手帳は、昨年同様に2冊体制でスタートしています。

なぜ2冊なのか?

手帳の目的としては、人それぞれあると思いますが、私の中で重視しているのは以下の4点。

1.スケジュール管理
2.タスク管理
3.記録
4.携帯性

ここ数年は空前の手帳ブームで、文具店や書店などでたくさんの種類の手帳が並んでいますが、上記4点を全て満足する1冊はなかなか見つかりません。
そこで、昨年から2冊で4つのポイントをカバーすることを思いつき試してみたところ、ほぼ1年間満足して使えたので、今年も同じ体制を取ることにしました。

★クオバディスBusiness Prestige(1冊目)

4つのポイントの内、「スケジュール管理」と「携帯性」をカバーする手帳。スーツの内ポケットに入る大きさで、常に持ち歩き、スケジュールを最初に書き込むのがこの手帳。昨年は同じクオバディスのPlanning17というスリムな手帳を使っていましたが、月間を見渡すページがなかったことが不満点でした。

そこで今年は、月間ページもあるBusiness Prestigeにしました。色は何色もあり迷いましたが、明るい黄緑色を選択。主に使うのは週間ページですが、少し先のスケジュールを立てる場合は月間ページも使います。

スケジュールは会社のグループウエア(PC)と常にこの手帳を連動させるようにしています。クオバディスの利点は、スケジュールが俯瞰できる「バーチカルタイプ」であることと「右下のミシン目」。特に右下のミシン目はちょっとした工夫ながら、現在の週ページがすぐに開けて非常に便利ですhappy01

Img_0032

Img_0037

Img_0035_2

Img_0036

★ほぼ日手帳2014(2冊目)

4つのポイントの内、主に「タスク管理」と「記録」をカバーする手帳。たくさん種類があるカバーは、今回はジーンズ地に近いざらっとした質感のオーバーチェックを選択。

基本的には会社に置きっぱなしとして、毎週月曜日にグループウェアとクオバディスを見ながら、1週間分のスケジュールを転記。さらに、その日に行うタスクは右ページに書き出し、終わったタスクから赤ペンで消していきます。

もう一つは「記録」。その日の気分や体調、印象に残ったことなど、毎日じゃなく思いついた時に書き込んでいます。昨年だと、映画や遊園地の半券、Jリーグチケット、少し高価なものを買った時のレシートなど、プライベートの思い出も貼り付けています。元々文庫本並みの厚さがあり持ち運びにはあまり適していないほぼ日手帳ですが、こうして会社置きをベースにすれば全く気にならないし、書き込むスペースも大きくて自由に使えて重宝していますconfident

Img_0044

Img_0041

Img_0043

Img_0042

こうして、2年目を迎えた手帳2冊体制。
今年も楽しく使いこなしていきたいですねhappy01

Img_0038

 

|

« WindowsからMacへの移行 (MacBook Pro Retina) | トップページ | Bianchiのボディバッグ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66582/59115178

この記事へのトラックバック一覧です: 2014年の手帳:

« WindowsからMacへの移行 (MacBook Pro Retina) | トップページ | Bianchiのボディバッグ »