« 清水七夕祭り2013 | トップページ | 「UP by JAWBONE」かなり気に入ってます(^o^) »

2013/08/08

第3回松涛連盟世界空手道選手権大会

7/27(土)~28(日)の日程で、東京代々木第二体育館で開催された、第14回松涛連盟全国空手道選手権大会、第3回松涛連盟世界空手道選手権大会に出場してきました。

Dc080804

今年は世界大会ということで、土曜日に少年部の全国大会、日曜日に各種目少年部の全国大会上位入賞者&一般が参加の世界大会が開催されました。

■初日:7/27(土)

例年通り道場のみんなと5:00頃バスで出発。今年は道場からの参加人数が15名と少なく、ちょっと寂しいバスの中でしたが、広々していてゆっくりと寝ていくことができました。sleepy

代々木第二体育館について、初日は少年部の全国大会。私は他の指導員と一緒に監督として道場の子供達についていました。

Dc080858

★長女

型の部:2回戦敗退

Dc080840

平安型を演武した1回戦は危なげなく勝利。順路型での2回戦も岐阜の選手相手にいい型を演武しましたが、惜しくも敗戦。これに勝てば決勝の8人に残れただけに惜しかったですね。これまで試合では順路型でほとんど負けていない長女でしたが、いつもより慎重になりすぎたのか、若干スピードがなかったように見えました。後で聞いたら、いつもより緊張してしまったようです。

★次女

型の部:1回戦敗退、組手の部:1回戦敗退

Dc080821

型の試合では岐阜の強豪選手相手にいい平安型を演武しましたが、惜しくも2-3で敗戦。旗判定同様、どちらが勝ってもおかしくない接戦でした。この日は引き分けを作らないよう主審も同時に旗をあげていましたが、普段であれば副審2-2の引き分けで再試合のパターン。惜しかったですね・・・。

組手の相手も型で対戦した岐阜の選手。リズムに乗れないまま、0-2で敗戦でした。

★他の道場生

初めて全国大会に出場した小学校1年の2人をはじめ、各種目で頑張りましたが、型も組手もあと1歩。もう1勝すればベスト8(敢闘賞)を受賞できるところの選手もいましたが、今回は残念な結果となりました。

なお、この日は、東京総本部で稽古している甥っ子と姪っ子も出場。型も組手も頑張ってやっていました。甥っ子は型の部で見事決勝に進出!順位は5位でしたが、年齢枠の関係で翌日の世界大会に出場できるおまけ付きでした。wink

例年であれば各種目決勝を翌日に残すところ、世界大会の関係で初日ですべて終わらせるため大幅に進行時間が遅れ、18時終了予定のところ、終わったのは19時半頃。バスに乗る頃は運悪くゲリラ豪雨にあたり、みんな雨でびしょ濡れになってしまいましたbearing

ホテルに着き、近くのサイゼリヤで夕食を取ったのは21時近く。結構疲れていたので、シャワーを浴びてすぐに寝てしまいましたsleepy

Dc080866

Dc080867_3

■2日目:7/28(日)

いよいよ世界大会当日。朝一で親子型の試合があるので、5時に起きて娘と3人で軽く親子型の稽古。

そのまま近くの松屋で朝食。松屋では、酔っぱらった若者3人がうるさくて、あまりゆっくり食事できなかったです。ほんと迷惑ですね・・・angry

Dc080869

7時半にバスでホテルを出て、8時前には会場に到着。すぐに試合会場に降りて、3人で親子型の稽古。世界大会とあって、試合会場は外国語が飛び交い、国旗が振られ、外国選手も汗を流していて、朝からいい雰囲気でしたcatface

Dc080871

★親子型

全37チームが出場した親子型。昨年は全国大会第3位でしたが、今年は世界各国からのエントリーもあり苦戦が予想されました。

予選は各ブロック4~5チームで争い、1位チームのみが決勝に進出できます。また昨年までと違い、予選と決勝で型を変えなければならないというレギュレーション変更もありました。

予選は慈恩(ジオン)で勝負。ここ数年親子型でやっていなかった型のため若干不安もありましたが、何とかうまくまとめてグループ1位で決勝へ。

他のグループだった同じ道場のIチームも、燕飛(エンピ)で危なげなく決勝進出。

また今回初出場となった妹親子。

元々、東京総本部道場で甥っ子と姪っ子は稽古していましたが、数年前に妹も数十年ぶりに空手に復帰し、親子型に出場できることになりました。型は私たちと同じ慈恩。遠目から見ただけですが、子供達のスピードに負けず、いい演武をしていましたgood。同じグループに昨年全国大会準優勝のSチームがいたため、惜しくも2位で決勝進出はできなかったのは残念でしたbearing

コートを変えて、いよいよ決勝。

決勝は昨年も演武した観空大(カンクウダイ)で勝負。大きく乱れることなく、稽古通りの演武ができましたが、得点は思ったよりも伸びず。同じ道場のIチームも同じ型でしたがこちらも得点が伸び悩み・・・。

結果は、昨年度全国大会優勝の福井県Kチームが優勝、ウクライナチームが準優勝、岐阜Yチームが第3位でした。得点結果を見ると、選定型(観空大、慈恩など)より難しい型(五十四歩小、壮鎮など)を演武したチームの方が点が出ているようでした。来年もし出場するとしたら、型を変える必要があるかもしれません。

★一般二部(40代)男子型の部

今年は世界大会とあって、出場選手の半数以上が半数以上が外国人。昨年全国大会で優勝しましたが、組み合わせによっては予選突破も難しい可能性がありました。

世界大会に向けてのトレーニングは5月末から。3月末に右足親指を骨折し、2ヶ月間運動ができなかったため、例年より少し遅いスタートとなりました。

昨年同様、平日は出勤前に朝5時に起きて、ランニングと型の稽古を週2回。水曜日はノー残業デーだったので、仕事後に一般部の稽古。週末は土日どちらかで個人稽古・強化練習など。2ヶ月間という短い期間だったため、朝トレ回数は昨年より少なかったものの、道場での稽古は昨年以上に積み上げて試合に臨みました。

Dc080857

私は2回戦からの登場で、1回戦を勝ち上がったケニアの選手と対戦。型は順路初段(ジュンロショダン)。道場で稽古はしているものの、ここ数年試合ではやったことがない順路型ということで若干緊張しましたが、何とか5-0で勝利。

続く3回戦は、ベネズエラの選手に勝ち上がってきた日本のO選手。型は燕飛(エンピ)。4つの選定型のうち稽古量が一番少なかったのが燕飛だったので、ちょっと不安もありましたが、無難にまとめてこちらも5-0で勝利。

親子型でも一緒だった同じ道場のI選手、川根のK選手とともに、決勝の8人に残りました。同じ道場のN選手、K選手も含め、全国大会では決勝進出常連の選手も、予選で外国人に負けてしまった方も多く、その選手達の分まで頑張ろうと思いました。

各選手の決勝型演武は、重厚な壮鎮(ソウチン)を演武する選手が多かったですね。私より前に演武した、全国大会優勝経験もあるK選手、昨年度準優勝のI選手も壮鎮(ソウチン)でしたが、同じ型を演武した外国人勢より得点が伸びない・・・。

私は最後の演武者となり、五十四歩小(ゴジュウシホショウ)を演武。トレーニングや稽古のことを思い出し、力一杯演武しましたが、こちらも得点が伸びず・・・。

その結果、1位~3位まで外国人という、日本人選手にとっては悔しい結果となりました。最終順位はわからないけど、得点としては5位くらいだったかな。

こうして終わってしまった初めての世界大会。親子型も個人型も決勝には進出したものの、メダルに届かず悔しい大会となりましたbearing

大きな失敗をしたわけではない、稽古通りの型を演武したのに点が伸びない・・・。2ヶ月間のトレーニングと稽古は積み上げてきましたが、それでは足りなかったということ。

試合後に同じ種目に出場したNさんと話したのは、「世界で勝つためには、月並みだけど日頃の稽古量をもっと積み上げていく必要がある」ということ。

試合前にトレーニングするのはどの選手もやること。日頃の稽古をただやるのではなく、稽古内容をよく考え、悪い部分を直し、いい部分を伸ばし、1年後の大会に向けて稽古量を積み上げていけるかが大切なんだと思う。

今度いつ日本で世界大会が開催されるかはわかりませんが、チャンスがあればその時は世界で勝つためにまた挑戦したいと思います。まずは来年の全国大会に向けて頑張りますsign03

Dc080844

Dc080865

---

今年は試合後に観光する時間もなかったため、代々木から歩いて行ける原宿を少し見てきました。竹下通りに来るのは何十年ぶりかな。

Dc080873_2

日曜日ということもあり、人でごった返していましたが、長女が好きなアーティストの生写真を買ったり、妻のリクエストでクレープを食べたり、Calbee+で揚げたてのじゃがりこを食べたりと、しばし観光気分を家族で味わうことができましたhappy01

Dc080875

Dc080876_3

Dc080877

お隣の代々木第一体育館では、浜崎あゆみのコンサートで周辺は人だらけでしたcoldsweats01

Dc080882

帰りは海老名サービスエリアで食事を取り、清水へ。

Dc080884

22:30頃には自宅に着き、風呂に入ってお疲れ様のビールbeer

毎年そうですが、この一大イベントが終わると、ほっとするとともに少し寂しく感じますdespair

そして疲れがどっと出て、翌週は疲れ切っているパターン。今日もまだ疲れからくる腰痛が治らず、苦しんでますbearing。今回は特に結果も残念だったから、疲れも倍増しているのかも・・・coldsweats01

今大会での悔しさを忘れず、自分も道場生も1年後の全国大会で勝って笑えるよう、また稽古を積んでいきたいと思います。

(世界大会記念のTシャツ)

Dc080885

押忍rock

|

« 清水七夕祭り2013 | トップページ | 「UP by JAWBONE」かなり気に入ってます(^o^) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66582/57920916

この記事へのトラックバック一覧です: 第3回松涛連盟世界空手道選手権大会:

« 清水七夕祭り2013 | トップページ | 「UP by JAWBONE」かなり気に入ってます(^o^) »