« 2013年4月 | トップページ | 2013年7月 »

2013/05/26

第14回静岡県空手道選手権大会

5/19(日)に、NPO法人日本空手松涛連盟の第14回静岡県空手道選手権大会が、静岡市北部体育館で開催されました。

東海北信越大会に続き2週連続の大会となり、子供達も親も大変でしたが、集中力を保つには良かったかもしれません。

Conv0001

私は審判、妻は本部の記録係、長女と次女は選手だったため、試合内容はほとんど見れませんでした。

Conv0002

★長女

型の部:準優勝

この日は高校総体と重なり、高校の空手道部所属の選手がいなかったこともあり、エントリーは4名。指定型、得意型を全員が演武し、合計点での順位だったようです。人数が少なくても勝負は勝負。準優勝は立派でしたhappy01

★次女

型の部:準優勝、組手の部:1回戦敗退

遠目でしたが、試合の合間にちょうど次女の決勝の演武を見ることができました。以前より少し技の力強さも戻ってきたように思います。長女と同じく、準優勝は立派でしたhappy01

組手は1回戦敗退。内容を見ていないので何とも言えませんが、本人も組手は少し苦手なようですcoldsweats01

Conv0003_2

★道場の仲間

この日は小さい子供から一般まで、多くの選手が入賞を果たしましたhappy01

特に一般女子のお母さん3人組は、初めて出場した団体型で準優勝。一般有級女子・型個人戦でも、3人で表彰台独占と大活躍でしたsign03稽古量も情熱も子供達は見習って欲しいですね。

なお、この日は長野の実家に戻った後輩のNが約1年ぶりに顔を見せてくれました。朝から審判もやって大変でしたが、夜は一般のメンバーが集まり、楽しい打ち上げ&懇親会を行いましたbeer。次回また会えるのを楽しみにしていますhappy01

県大会が終わり、いよいよ次の大会は7月の全国大会。右足親指骨折から約2ヶ月、そろそろ私も、大会に向けて少しずつ身体を動かし始めようと思いますrock

押忍

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第14回東海北信越地区空手道選手権大会

5/12(日)に、愛知県岡崎市でNPO法人日本空手松涛連盟の第14回東海北信越地区空手道選手権大会が開催されました。

Conv0006

毎年私も出場しているこの大会ですが、3月末に骨折した右足親指が治らず、無念の棄権bearing。長女は型、次女は型・組手に出場しました。

この日は審判にも入っていなかったので、各コートに散らばった道場の子供達に声を掛けながら試合の様子を見ていました。

★長女

型の部:1回戦敗退

Conv0003

順路型での本戦で2-2の引き分け。平安型での再試合も2-2の引き分け。私の目から見たら勝ったかなと思いましたが・・・・惜しくも主審判断で初戦敗退。身体が小さいので、どれだけ大きく技を出し、課題の腰のキレを磨くかが今後の課題だと思います。

★次女

型の部:第4位(敢闘賞)、組手の部:2回戦敗退

Conv0004

型の部では予選を勝ち上がり、決勝の6人に残りました。得意型は「観空大(かんくうだい)」。失敗もなく無難にまとめましたが、思ったより点が伸びず。3位入賞まであと1歩の第4位で敢闘賞受賞でした。基本通りのいい型ですが、力強さが足りないのが課題ですね。

組手の部では初戦は突破したものの、2回戦で敗退。技のバリエーションが少ないため、今後は色々な技を使えるように稽古させたいです。

★道場の仲間

少年部ではJ君が型・組手とも第3位と健闘。一般ではK君が一般二部で第3位、車椅子・健常者2部で第3位。他の子供達は、敢闘賞(ベスト8)が何人かいたものの、昨年に比べると低調な結果となりました。

私が欠場した一般二部は、久しぶりの出場となった川根支部のK先生が素晴らしい「壮鎮(そうちん)」の演武を披露し、ぶっちぎりの優勝。足腰の安定感、スピード、キレを見ると、かなり稽古を積んできている様子でした。若い頃から切磋琢磨してきたK先生の演武を見て、全国大会に向けて私も頑張らねばと思いました。

ただ、その前に怪我を早く治さないと・・・coldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年7月 »