« 2012年12月 | トップページ | 2013年3月 »

2013/01/12

2012年は62冊読みました

2012年の読書目標は、月平均5冊、年間で60冊でした。

1月に「スティーブ・ジョブズⅠ」を読み始めて、12月の「インシテミル」まで全部で62冊。人生で一番本を読んだ一年でしたconfident

本棚管理&読書記録に使っているブクログに一年間の読書本を紹介する機能があったので使ってみました。こうしてみると、以前はビジネス本が多かったのに、昨年は小説が多かったように思います。

以前は本を買うことは多かったものの、積読ばかりであまり読まなかったんですが、一昨年から目標を決めるようになって読書量が一気に増えました。何事も目標を立てて、それに向かって実行することが大切なんだなと実感しています。

● 2010年 目標無し  → 結果19冊

● 2011年 目標50冊 → 結果50冊

● 2012年 目標60冊 → 結果62冊

今年も昨年と同じ年間60冊を目標とするつもり。先日も紹介したKindle Paperwhite 3Gを気に入ってるので、今年は電子書籍で読むことが増えそうですhappy01

barca27の本棚 - 2012年01月~2012年12月 (62作品)
IDEA HACKS!2.0
小山龍介
読了日:02月18日
{book['rank']
采配
落合博満
読了日:03月04日
{book['rank']
下町ロケット
池井戸潤
読了日:03月18日
{book['rank']
政治家の殺し方
中田宏
読了日:03月19日
{book['rank']
ジェノサイド
高野和明
読了日:07月08日
{book['rank']
舟を編む
三浦しをん
読了日:08月31日
{book['rank']
月と蟹
道尾秀介
読了日:09月15日
{book['rank']
手紙 (文春文庫)
東野圭吾
読了日:10月25日
{book['rank']
坊っちゃん
夏目漱石
読了日:12月22日
{book['rank']
powered by booklog

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/01/09

Kindle Paperwhite 3G かなり気に入ってます(^^

昨年12月の初めに購入したKindle Paperwhite 3G。

当時はAmazonで予約しても1月にならないと入手できなかったのですが、Twitterで調べたら六本木のTSUTAYAにはあるらしいと知り、東京でのセミナーの帰りに寄り道して購入。

ここ数年読書量が増えるに従い、本棚が本で溢れている状態になっていたので、BOOKOFFに持って行ったり、会社の図書コーナーに寄付したりしていましたが、Kindleが発売されて雑誌などで紹介記事をいくつか読んでいるうちに、欲しくなって買ってしまいましたcoldsweats01

(箱を開けるとこんな感じ)

Conv0001

(外層箱もなかなかお洒落です)

Conv0002_3

購入して約1ヶ月、Kindle Paperwhite 3Gを使った感想です。

1.非常に目に優しく読みやすい電子ペーパー

初代iPadやiPhoneで何冊か電子書籍も読んだことはありましたが、やはり液晶だと目が疲れて長く読む気にならず、結局積読状態になっている本も多くあります。Paperwhiteは電子ペーパー(E Ink)を使っているため、長く読書しても目は疲れません。フロントライトも内蔵しているので、暗いところでも読書可能です(目には悪いと思いますが)。またページをめくったときの感触が結構紙に近い感じでGoodです。

2.軽さと薄さがGood!

iPadだと重いし、iPhoneでは小さくて読む気にならない。私が購入した Kindle Paperwhite3Gは、重さ222g、大きさもビジネス本より小さく、薄さも9.1mmと持ち歩くのに全く苦になりません。普段使っているボディバックにも楽々入ります。特にハードカバー本などは重くて持ち歩こうと思いませんが、Kindleなら問題なし。毎日持ち歩くにはやはり軽さは重要ですね。

3.すぐに使えて、すぐに買える

Amazonが提供している端末だけあって、AmazonのIDさえ持っていればセットアップもほとんど時間が掛からず、買ってきてすぐに使えます。もちろんAmazonのIDが無い方でもその場で取得すればOK。電子書籍も「1-Clickで買う」を使えばあっという間に購入できます。私の場合、3G回線がついているタイプなので、どこでも気になった電子書籍をその場で手に入れることができます。

4.バッテリーが長く持つ

バッテリーは、iPhoneだと1日持たず、iPadでも数日程度。その点、Kindle Paperwhiteはカタログスペックでは何と8週間という驚異のバッテリー寿命coldsweats02!ただしこれはワイヤレス接続していない時の寿命で、私の場合はワイヤレス接続可能な状態で使っているため、実質は1週間弱といったところ。それでも、iPhoneやiPadに比べると充電タイミングをほとんど気にしなくて良くて、実使用上全く問題はありません。

5.青空文庫がいい

著作権が消滅した小説などを中心とした青空文庫。芥川龍之介、太宰治、宮沢賢治などの名作が無料で読めることは昔から知っていました。Kindleを買ったついでに読んでみようかなといくつかダウンロードしてみました。先日「坊ちゃん」を初めて読みました。タイトルを聞いたことはあるけど読んだことがない本って結構ありますよね。本屋で買ってまで読む気にはなりませんが、Kindleなら気軽にダウンロードして気が向いた時に読める気がします。

6.「Whispesync」機能が素晴らしい!

Kindleでは、読書の進捗状況やブックマーク・メモ・ハイライトなどの情報が、Amazonのクラウド側で管理されます。私の場合、iPadとiPhoneにもKindleアプリを入れてあるので、例えば通勤中にPaperwhiteで50ページまで読んで、家に帰ってからiPadのKindleアプリを開くと同期するかどうかの確認メッセージが出て、51ページからそのまま続きを読むようなことが可能です。これを実現しているのが「Whispersync」という機能。電子書籍を読むと目が疲れやすいiPadも、ムック本などはカラーで大きくて見やすいので、この機能を使って重宝しています。

7.辞書機能が意外と便利

Kindleには辞書(デジタル大辞泉等)が内蔵されており、その場で簡単にわからない言葉を調べられます。「坊ちゃん」を読んでいるときにあまり使わないような言葉が結構出てきたのですが、わからない単語を選んで長押しするだけで自動的に辞書が起動します。今まで紙の本だと、iPhoneやPCなどで調べたり、「まぁ、いいか・・・」とそのままにすることも多かったんですが、Kindleならその場で調べられて便利です。

・・・とここまでは、大絶賛の嵐ばかりですが、不満もいくつか。

8.電子書籍のラインナップが少ない

Kindleストアはまだオープンしたばかりといは言え5万冊ではまだまだ足りない。私が好きな東野圭吾は1冊もないし、ベストセラー本もまだまだ少ない。日本の書店、出版業界、作家陣も協力して、これからどんどん電子書籍が増えていくことを期待したい。

9.電子書籍はまだ高い

これはAmazonの問題ではないのかもしれませんが、紙の本に比べてコストが掛からないはずの電子書籍のコストメリットがまだ出ていない。セールなどで安くなっているものもあるが、ユーザーの立場としては半額くらいにはしてほしい。実際には書店や出版業界などとの調整もあって難しいのかもしれないが・・・。

10.若干反応が鈍い

iPadやiPhoneを使い慣れているせいか、画面の切り替わりの速度が若干遅く感じます。実際には本を読むための電子書籍リーダーなので、慣れれば問題はありませんが。

以上、ざっと感想を書いてみました。

総合評価としては、「買って良かったsign03」と思っています。

今年は本当の意味での電子書籍元年になると思うので、Kindleストアの品揃えが右肩上がりで増えていくことを期待しますwink

(普段はAmazon純正のカバーをつけています。)

Conv0006

(カバーの開閉と電源が連動していて便利です)

Conv0005_3

(今読んでいるのは、これから「正義」の話をしよう)

 → なかなか難しい・・・coldsweats01

Conv0003

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/01/06

空手道場鏡開きと自然石割り

今日は、長女・次女と一緒に空手道場の鏡開きに参加。年末の稽古納めから約2週間。久しぶりに着る空手道着は冷やっとしますが、道場の冷たい空気や床とともに、やはり気持ちが引き締まりますconfident

Conv0006

最初の礼式を行い、館長から新年のご挨拶をいただいた後は、恒例の写真撮影。昨年は幼稚園の子供達や一般の方も増えて、道場も活気が出ました。

Conv0010

Conv0009

Conv0008_2

Conv0007

Conv0011_3

Conv0012

Conv0013_2

Conv0014_4

準備運動をしてから、基本、型、組手を今年最初ということもあり軽めに稽古。最初は身体がまだ暖まっていなかったのか、動きも鈍く気合いも小さい子供達でしたが、最後の組手の頃には大きい声を出していい顔をして稽古していました。

Conv0015

Conv0016

Conv0017

Conv0018

Conv0020

Conv0021

Conv0022

みんなでの稽古が終わったところで、私が自然石割りを披露。

年末の稽古納めの時に、「拳を握ることは大切だぞ!しっかり握っていないと、自分が攻撃しても怪我するし、板や瓦なんか絶対に割れないぞ!」と子供達に指導していました。館長もその場で板を持ってきて小6男子に初めて割らせてみたり、分厚い板を3枚割らないと本部指導員になれないなどの話もしてくれて、拳を握ることの大切さを教えてくれました。その流れで、「じゃあ、先生が鏡開きの時に自然石割りを見せてやるよ」と子供達に約束していたのです。

自然石割りは父に子供の頃に教えてもらいやってきましたが、前回やったのはは6年以上前。ブランクもあったので2日前に少し小さめの自然石を割って予行演習は済ませていました。

初めて見る子供達も多いので、実際に割る自然石を子供達みんなに回して手に持たせました。拳を握ることの大切さをもう一度説明し、昔拳をしっかり握らずに自然石割りをした人が、何度も挑戦しては骨折していたことなどを話しました。

「先生も失敗したことあるけど、しっかり拳を握っていれば怪我はしない。だからみんなも稽古中は拳をしっかり握るんだぞ。」と子供達に声を掛けて、いよいよ本番。

正座して黙想し精神を集中させてから、力を込めながら2~3回試し割りのモーションを行い、気合いとともに右手・鉄槌(てっつい)を振り降ろし、見事成功scissors

(大きさがわかるようにライターを置いてあります)

Conv0026

Conv0027

(5つに砕けましたsign01

Conv0023

思ったより粉々に割れて、石のかけらが割った瞬間にパーンと飛び散ったのも良かったのか、子供達から「おぉーcoldsweats02sign03」という驚きの声が上がりました。

割れた石を見ようと子供達もみんな集まってきて、「先生、手は大丈夫?」「すげぇー、粉々だ・・・」「石って本当に割れるんだ!」・・・などなど感想は様々でしたが、子供達も喜んでくれたようですwink

この自然石割りを通して、拳を握ることの大切さ、集中力、気合い、1点に力を集中させる技術、挑戦する心など・・・・空手道を学ぶ上で大切なことを、子供達にも感じ取って欲しいし、今後の指導にも活かしていきたいと思います。

試し割りの後は、終わりの礼式を行い、いよいよお楽しみのお汁粉。大きい鏡餅を切り分けて作ったお汁粉は本当に美味しいhappy02。父兄さんや指導員の先生も加わって、みんなで美味しく頂きましたconfident

Conv0024

Conv0025

こうして2013年の空手道も始まりました。道場の子供達の指導をしつつ、自分自身も全国大会連覇を目指して頑張っていきたいと思います。

押忍rock

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/01/05

ビジネストートバッグを新調しました

昨年末からすでに使い始めていますが、ビジネストートバッグを新調しました。

これまで使ってきたサマンサキングスのビジネストートは、デザインも使い勝手も気に入っていましたが、多少色あせてきたこと、雨の時に少し染みやすいこともあり、新しいバッグを探していました。

選ぶポイントとしては、以下の4点。

 1.持ち手は肩から掛けても使えるトートタイプであること。

 2.デザインが格好いいこと。

 3.カバン自体は軽いこと。

 4.雨などにも強い素材であること。

丸井、パルコ、ネットショップなど色々見た結果、気に入ったのは前回と同じサマンサキングスのビジネストート。

最初は財布と同じデザインの黒メッシュのトートが気になっていたのですが、口の部分がチャックでなくマグネット一箇所だけというのが雨の時などの時を考えて気になり、悩んだあげくやめました。

他のタイプを店員さんにいくつか見せてもらっている中で、気に入ったのがこれ

Conv0002

黒をベースとしたかっちりとしたスマートなデザイン、豊富なポケット類がある機能性、雨にも強い素材・・・自分が描いたほぼ理想通りのビジネストートですhappy01

お気に入りのビジネストートで、2013年も仕事を頑張りますsign01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/01/03

2013年の手帳は・・・?

毎年悩む手帳。昨年は「ほぼ日手帳」2回目の挑戦でしたが、何とか1年間使い切りました。仕事の内容がメインですが、エスパルス・映画・コンサート等のチケットを貼ったり、プライベートの気になったことも書き込んだりして、楽しんで使うことができましたhappy01。自由に使えるのがほぼ日手帳の特徴だし、後で見返すのも楽しいですね。

ただし不満に思ったこともいくつか。

① 1日1ページなので、1週間が見通しにくい。

② 重い

③ スーツの内ポケットなどに入らない

ほぼ日手帳だとやはり携帯性やスケジュールの一覧性には弱点がありますね。

ただ、今年使い込んで愛着がわいたことも確か。ほぼ日手帳の何でも書き込める自由な手帳と、携帯性や視認性が良い手帳は・・・・?

悩んだあげく、今年は手帳を2冊体勢にすることにしました。

● 手帳1 : クオバディス Planning17

バーチカル式手帳と言えばクオバディス。ここ数年毎年のように候補にあげ、店頭で何度も手に取りながらも、買ったことがなかった手帳。いつも気になっていたタイプは、「ビジネスプレステージ」でしたが、形状が若干正方形に近く、もう少し縦長のものがないかなと思っていました。そうしたところ、店頭にはないものの、カタログで今年の新製品「Planning17」を発見!パルコ、丸井、四ツ葉などクオバディスを取り扱う静岡市内の店舗を見て回りましたが、残念ながら実物がなくどうしようかと迷っていました。そこで、10月に家族旅行でディズニーシー、東京スカイツリーに行った時に、銀座伊東屋さんまで寄り道させてもらって、買ってきたのがこれ。

Conv0001

(バーチカル方式の手帳は見やすいですよね)

Conv0002

デザインや手に取った時の大きさはほぼ理想通り!11月終わりからすでに使用していますが、昨年ほぼ日手帳を使った時の不満点は全て解消しました。若干書くスペースが狭いのは不満ですが、省略記号等を使って凌いでいます。

クオバディスは主にスケジュール管理を行い、会社のデスクには伏せた状態で置き、打ち合わせ時などはノートと一緒に持ち歩き、常にビジネスバックに入れて持ち歩きます。

● 手帳2 : ほぼ日手帳2013

昨年1年間使い切ったほぼ日手帳。その魅力は書き込むスペースが1日1ページと広いことと、チケットを貼ったり写真を貼ったりと自由に使える楽しさ。今年はツートンカラーがきれいなセルリアンブルーカバーを選びました。

Conv0003

Conv0005

Conv0004_3

使い方としては、今年同様に平日は仕事がメインのため、細かいタスクをチェックボックス風に書き出し、終わったら赤で消していきます。会社のデスクには、ブックスタンドにセットして常に開いた状態で参照可能とします。重いので普段は会社置きにして、週末だけ持ち帰ろうと思ってます。週末は映画のチケットを貼ったりプライベートのことを書き込んだり自由に使おうと思ってます。

★ クオバディスとほぼ日手帳の連携

スケジュールの書き込みについてはクオバディスが最初。会社にいるときなら、グループウェアに登録して手帳とPCが連動。ほぼ日手帳への書き込みは、週の初めにクオバディスを見ながら一週間分を書き込み連動。

つまり、日々の仕事やプライベート状況はほぼ日手帳で管理し、先のスケジュール等はクオバディスで管理する方法で1年間やってみようかと思ってます。

<スケジュール管理連動>

①クオバディスに記録

②グループウェア(PC)に記録

③1週間分をまとめてほぼ日手帳に記録

④誕生日や記念日、長期休暇、人間ドックの日などは、Googleカレンダーにも記録。(iPhone、iPadでも参照)

初めての手帳2冊持ちなので、うまくいくかどうかわかりませんが、今年はクオバディスとほぼ日手帳の2冊を活用して、仕事もプライベートも充実させたいと思いますhappy01

Conv0002

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年3月 »