« 2012年の手帳は・・・? | トップページ | 静岡大学空手道部・平成23年度OB会 »

2012/01/28

「麒麟の翼」を観てきました

今日から公開の「麒麟の翼」をMOVIX清水で観てきました。

Conv0002

TVドラマの「新参者」も毎回楽しみに見ていたし、東野圭吾作品も好きなので、映画館で見ようと決めていた作品です。

加賀は、事件に関わる様々な人間の心の奥底にある悩み、辛さ、喜び、思い出などを導き出し、最後には事件を解決してしまいます。

今回の作品は、被害者の家族、容疑者とその恋人、それぞれの心や絆がテーマになっています。

どこにでもある家庭、どこにでもいる恋人、でも一番大切な人のことをどこまでわかっていますか?

日本人は昔から阿吽の呼吸を大切に「言わなくてもわかる」ことを美徳としていますが、いつも身近にいる大切な人だからこそ、自分の気持ちをしっかりと伝える時も必要なんだと、この作品を観てあらためて思いました。

最も印象に残ったのは、終盤に加賀刑事が悠人君(被害者の息子)に事件の真相と被害者の心を語るシーン。何度も涙を流してしまいましたweep

ストーリーも、俳優陣の演技も、映画としての出来栄えも大満足sign03
阿部寛は年齢を重ねるごとに、本当にいい俳優になってきてますね。

東野作品はいつも文庫化されるまで待っているんですが、原作本をどうしても読みたくなって、今日買ってきてしまいましたhappy02

東野圭吾作品に触れたことがない方にも是非見て欲しい映画ですconfident

|

« 2012年の手帳は・・・? | トップページ | 静岡大学空手道部・平成23年度OB会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66582/53847043

この記事へのトラックバック一覧です: 「麒麟の翼」を観てきました:

« 2012年の手帳は・・・? | トップページ | 静岡大学空手道部・平成23年度OB会 »