« 第12回東海北信越地区空手道選手権大会 | トップページ | iPhone4Sへの移行とNAS導入 »

2011/08/08

第12回全国空手道選手権大会

8/6(土)~8/7(日)に、長野県の松本市総合体育館で、NPO法人日本空手松涛連盟の第12回全国空手道・全国小中高・全国車椅子空手道選手権大会が開催されました。

例年全国大会は道場でまとまってバスで行くことが多いのですが、父兄さんのお仕事等の関係で前日出発ができない子供達も多いため、今年は各自車で行くことになりました。私は、例年通り金曜日と月曜日を計画休暇をもらっていたので、Mさん親子を一緒に乗せて長野に向かいました。

▼ 8/5(金) 移動日

Mさん宅に9時頃着くように家を出発。52号線から中央道を使って、3時間半くらいで松本市へ到着。

松本城を観光予定だったので、駐車場に車を止めて、近くの縄手通りへ。ここはちょっとした町屋なんですが、川のほとりで風情があっていいですね。

Conv0001_2

カエルがシンボルらしく、入り口だけでなくあちらこちらにカエルが飾られていました。

Conv0001

Conv0003

Conv0002

お昼は妻が下調べしてあったSWEETへ。私はパンランチを食べましたが、店で売っているパンの中から好きな2種類を自分で選べて美味しかったです。

Conv0002_2

お昼後は歩いて松本城へ。平日にも関わらず結構多くの観光客で賑わっていました。またあちらこちらに「おひさま」の井上真央ちゃんのポスターが貼られており、NHK朝ドラの影響力の大きさが伺えました。

Conv0005

Conv0004

松本城には初めて来ましたが、外から見る壮観なスケールももちろん、城の中もふんだんに木を使った立派な造りで、銃や鎧の展示などもあり非常に楽しかったです。一緒に行ったA君はさすが男の子。いろいろな展示物を食い入るように見て写真を何枚も撮っていましたhappy01

Conv0013

Conv0014

Conv0015

階段で最上階まで登っていくんですが、最後の方はかなり急で人も大渋滞しているし、結構大変でしたbearing。昔のお殿様はこんな上から城下町を見下ろしていたんだなぁなんて思いながら、眼下に広がる景色を見ていました。

Conv0012

宿は会場近くの浅間温泉へ。

部屋について温泉に入ろうとするとバスタオルが1枚足りなかったため、フロントに連絡したところ女将さんより「子供さんには小さなタオルだけでバスタオルはついていません」との答え。一旦電話を切りましたが、納得できないのであらためてフロントへ。

「宿泊費も払っているし子供にも大きなバスタオルをつけて欲しい」とご主人に言ったところ、女将さんに言ってその日の子供分2枚のバスタオルを出してもらいまいた。

翌日はさらに5家族が子供達を連れて泊まりに来ることがわかっていたので、明日も子供達にバスタオルを出して欲しいと言ったところ、「それでは100円でどうでしょうか?」という女将さんの信じられない答え・・・。

「空手道の大会で汗もかくし、バスタオルをお願いします。」

→ 「他のスポーツ選手も今までそうしてきたし、言われたことはない」

「今まで泊まってきたところではこのようなことは無かった」

→ 「ホテルとは違いますから・・・」

「宿泊費を払っているのに子供だけなぜバスタオルがつけられないのか?」

→ 「子供さんは宿泊費が違いますから・・・」

さすがに私も堪忍袋の緒が切れて、「あなた方の常識を聞いているんじゃなくて、今まで何十年と生きてきて、泊まってきたホテル・旅館でこんなところは無いと言ってるんだ!子供にバスタオルをつけず100円取るなんて聞いたことが無い!」と怒り口調angryで言ったところ、女将さんがやっとご主人に「どうします?」と判断を仰ぎ、最後は女将さんも渋々「わかりました」の答え。

たかがバスタオルで私も怒りたくなかったのですが、お客様の要望を聞こうとせず自分の主張を繰り返す女将さんの態度は、お客様商売としては0点だと思いますdown

しょっぱな最悪の印象でしたが、2泊しての感想は、部屋にトイレやお風呂がない部屋も多い古めの旅館ながら、24時間入れる掛け流し温泉があり、朝食も夕食も美味しくて、このバスタオルの一件がなければ満足できるレベルだったのに、ほんと勿体ないなと思います。あと女将さんがバスタオルの一件前から最初から最後まで無愛想で笑顔が少なく、ほんと損しているなという印象でした。

恐らくこの旅館には二度と泊まることは無いでしょうgawk

初日は温泉を出た後と、夕食時に瓶ビールbeerを飲み、ほろ酔い気分で早めに就寝しましたsleepy

Conv0004_2

▼ 8/6(土) 全国大会1日

朝5時半前に起床し、温泉に軽く入って髭を剃って、6時から体を動かしがてら妻と子供達と近くのコンビニまでお昼の買い出しへ。コンビニに着いたらおにぎりが無い!!まさか売り切れ?と思ったら、この時間だとまだトラックが着いていないとのこと。しょうがないので、ウィダーインゼリーやパンなどを適当に買い込みました。

7時からの朝食後、身支度を調えて、大会会場の松本市総合体育館へ。

まだ開場前でしたが、入り口周辺には空手道着を来た選手や関係者が多くいました。

Conv0001_3

「いよいよ全国大会だ!」

多少の緊張感と高揚感の中、今年も全国大会がスタートしました。

★長女

型の部では予選を突破し、見事決勝の8人に残りました。私は監督として、他の選手の試合についていたので試合は見れませんでしたが、本戦2-2の引き分けの後の再試合で見事勝ち上がったとのこと。高校生になって生活パターンも変わり大変な中、道場に通って努力した成果が出て良かったなと思います。2日目の決勝戦に楽しみを残しました。

組手の部ではあまりいいところなく初戦敗退。本人曰く組手は苦手なようですcoldsweats01

★次女

型の部では2回戦敗退。初戦を危なげなく勝った後、2回戦では副審は2-2でしたが、惜しくも主審判断での敗退。もう少し体全体からみなぎる迫力が出てくれば充分勝てた相手だったと思います。

Conv0001_4

組手の部では長女同様あまりいいところなく初戦敗退。2人とも組手は苦手なのかなcoldsweats01

★親子型

進行表では17時半開始予定だった親子型。スケジュールが押して、各コートとも進行表より1時間半ほど遅れていたため、「これは明日に順延かな・・・」と半分思っていたところ、17時半頃急遽招集!ずっと他の子供達の試合の監督で体を動かしていなかったため、大慌てで準備運動と親子型の練習を3人でして本番へ。

例年16チーム程度だった親子型ですが、今年は27チームのエントリ-。いつもは予選2ブロックのところ、4ブロックに分かれて、各ブロックから上位2チームが決勝進出という狭き門でした。

今年は、私、長女、次女の3人で望む初めての大会。型は次女の得意型「慈恩」でなく、点数も出やすいと言われている「観空大」に挑戦しました。例年通りなかなか3人が集まれる時がないため、土曜日の稽古後に師範に見てもらったり、日曜日に3人で自主トレに来た時に、ビデオで録って確認しながら、親子型の稽古をしてきました。

予選は7チーム中最後の演武でしたが、稽古の時以上に揃った気合いの入った演武を行うことができ、このブロックを見事1位通過。

すでに19時近くで初日最終競技となったこともあり、観衆が注目する中、本部席前のセンターコートで決勝が行われました。

各ブロックを勝ち上がった8チーム中、演武順は7番目。まずまずの位置でした。

優勝経験もある同じ道場・Iチームの「燕飛(エンピ)」、そのIチームを抑えてブロックを1位通過してきた岐阜・Sチームの「壮鎮(ソウチン)」が高得点を出す中、7番目に私たちが登場。

実質3日間しか稽古できなかった「観空大(カンクウダイ)」でしたが、長女も次女も予選同様に、力と気合いのこもった演武ができました。

得点はIチーム、Sチームに0.4点差だったため、「今の力は出し切ったし良かった」と子供達にも声を掛け席に帰ろうとすると、演武を見ていた香川主席師範が来てくれて、「揃っていて非常に良い観空大だったね。強いて言えば、同じテンポでずっとやっていたから、間を取るところを意識するともっと良くなるよ。これからも頑張ってください。」と有り難いアドバイスをいただきました!偉大なる香川主席師範のアドバイス、本当に感激でしたhappy02

Iチーム、Sチームが同点だったため、優勝決定戦へ。同じ道場のIチームのお父さんは、予選で肩を怪我して、さらに体力も限界に近づいていましたが、気力で優勝決定戦に臨み、見事優勝sign03

優勝Iチーム、準優勝Sチーム、第3位は・・・何と私たちでしたcoldsweats02

他チームの点数を気にしている余裕もなく演武に集中していたので、まさか3位に入っているとは思わず喜びよりもびっくりしたのが本音です。

これまで長女・長男でメダルを取ってきましたが、親子型2回目の挑戦となった次女にとっては初めてのメダル。いつか次女にも取らせてあげたいと思っていたので、本当に嬉しかったですhappy01

Conv0005_3

この日は、小学校低学年団体型チーム(Y君、H君、Sちゃん)も見事初出場・初優勝!子供達ももちろん、父兄さんたちも本当に喜んでいましたhappy01

初日は18時終了予定が、結局19時半近く。宿の夕食を20時にずらしてもらいました。

この日は5家族が新たにこの旅館に来たので、前日と違い賑やかな夕食となりました。普段あまり面識のない父兄の方ともビールbeerを飲みながら、祝勝と翌日の活躍を期待しつつ、楽しいひとときを過ごしましたconfident

Conv0005_2

この日もビールを飲んでいたせいか眠気がすぐに来たので、いつの間にか寝落ちしていましたsleepy

▼ 8/7(日) 大会2日目

朝一から一般二部の試合が開催されることもあり、5時半に起床し、近くの公園へ歩いて朝トレへ。軽く準備運動をしてから、予選型5種類を一通り流し、得意型「五十四歩小」を2回ほど演武して朝トレ終了。同じ公園には岐阜チームの少年達も来て稽古していました。

Conv0002_3

★小学校低学年組手団体チーム

初日に型の部で初出場初優勝を果たした低学年チーム。最後までメンバーの3人を絞り込むのは悩みましたが、型にも出場したH君とSちゃん、型には出れなかったK君を加えた3人で望みました。メンバー選考から漏れたY君は涙ぐんで悔しそうでしたが、これも勝負の世界。後にいい経験になってくれると信じたいです。

初戦は不戦勝、2回戦は3-0のストレート勝ちで迎えた準決勝。岐阜の強豪チームとの対戦は、本戦は1勝1敗1引き分けの全くの互角だったため、代表戦による勝負となりました。初戦から監督についていたNと相談し、一番調子の良かったH君に勝負を託し、見事勝利!

決勝戦は同じ静岡県のチームとの対戦でしたが、先鋒・K君、中堅・H君が勝利、大将・Sちゃんも黒帯相手に頑張ったものの1-3で敗退。結果、見事優勝を果たしましたsign03

低学年チームは型・組手とも団体優勝という快挙を成し遂げ、師範も父兄さんたちも大喜びでした。小学校2年生4人で構成したこのチーム、型・組手ともメンバー選考で悩みましたが、結果的に4人とも金メダルがもらえて良かったなと思いましたhappy01

★長女

型の部決勝。各県の高校空手道部所属の選手が多い中、見事決勝の8人に残った長女。昨年に続いての決勝進出は、しっかりとした基本稽古が身についている証拠でもあります。

得意型は私と同じ「五十四歩小(ゴジュウシホショウ)」。昨年は演武中に足と足がぶつかって尻もちをついてしまい悔しい思いをしましたが、今回は現在の自分の力を精一杯出し見事に最後まで演武sign01

点数は思ったように伸びませんでしたが、立ち方や重厚感は立派なものでした。長女よりも基本ができていない選手でも技の切れで、点数が上がっているのは納得できない部分もありましたが、長女が逆にスピードと切れを身につければ上位に食い込めるはず。言うは易く行うは難しですが、これを課題に今後も頑張って欲しいと思います。

Conv0003_2

★私

昨年は念願の初優勝だった一般二部型。今年は同じ道場から同い年のKさん、3年ぶり出場のNさん、今年40歳になり初エントリー&親子型優勝のIさんも出場することになり、激戦が予想されていました。というのも、うちの道場は同じ世代が今でもみんな高いレベルで切磋琢磨して稽古を続けているためです。

ディフェンディングチャンピオンとして望むこの大会。昨年同様、東海北信越大会の後も、週2回の朝トレを続け、週末は少年部の稽古の後先生に見てもらったり、日曜日に子供達と自主トレに来たりして稽古をしてきました。

予選は「鉄騎初段(テッキショダン)」で4-0のストレート勝ち。優勝候補の一角だったIさんは前日親子型の時に痛めた肩が悪化し無念の棄権でしたが、Kさん、Nさんも順当に予選を突破し決勝へ。

長野・Gさんの「二十四歩(ニジュウシホ)」、Nさんの「観空小(カンクウショウ)」が27.6点の高得点を出し、7番目に登場したのがKさん。型は高校・大学生に人気のある「雲手(ウンスー)」。最後に飛び技があり非常に難しい型ですが、Kさんは力強く見事に演じきり、27.9点でトップに立ちました。

そして最終演武者が私。心を落ち着かせ、得意型の「五十四歩小(ゴジュウシホショウ)」を稽古してきたことを思い出しながら力一杯演武しました。得点は・・・「27.7点」。Kさんに0.2点届かず銀メダルという結果でした。

3位は同点だったGさんとNさんが3位決定戦を行い、Nさんが3位確定。

こうして、一般二部型は優勝・Kさん、準優勝・私、第3位・Nさんと同じ道場でメダル独占という快挙を達成しましたsign03

Conv0004_3

順位決定後「Kさん、おめでとう!」と握手をすると、Kさんはうれし涙を流していました。

Kさんは全国大会初優勝。私と同い年ながら、忙しいなか時間を作って平日も道場に通い、週末には筋トレをして、食事制限による減量までして、大会に臨んできたことを見てきました。その努力が今回の結果に結びついたのだと思います。

私は、今大会連覇を目指していましたが、惜しくも準優勝という結果でした。

今こうして結果を振り返ると、「昨年と同じ準備しかしなかった自分」と「私より稽古を積んできたKさん」の差が出たのかなと思います。スポーツ界ではよく言われることですが、「タイトルを守るのは、タイトルに挑むより難しい」というのは本当なんだなと思いました。

連覇するには昨年と同じじゃ駄目だめなんだsign01

稽古量?稽古の質?体質改善?型を変える?それとも・・・?

来年の全国大会に向けて、再び優勝するためには自分に何が足りないのか、1年間自問自答しながら、また新たに挑戦をしたいと思います。

こうして終わった全国大会。

一般二部型の準優勝、親子型の第3位、長女の型敢闘賞受賞とまずまずの成績を残せました。

自分自身の課題を洗い直し、また来年家族でこの大会に挑戦したいと思います。

押忍

|

« 第12回東海北信越地区空手道選手権大会 | トップページ | iPhone4Sへの移行とNAS導入 »

コメント

★MさんちのYさん

コメントありがとうございます。こちらこそ、お母様とA君と一緒で楽しい行き帰りでしたよ。
全国大会は、親子型、低学年団体とメダルを量産できて、応援もかなり盛り上がりましたhappy01。。
また機会があったら、一緒に全国大会で頑張りたいね。

今後ともよろしく!

投稿: バルサ | 2011/08/10 23:07

母と弟がお世話になりました!
そしてそして素晴らしい結果おめでとうございます!!
是非見たかった…(ノ_-。)

「タイトルを守るのは、タイトルに挑むより難しい」
結果を残すこと、保つことは様々な角度から考察して実行していかなければならないのですねsweat01

また一家でよろしくお願いしますm(_ _)m
押忍

投稿: MさんちのY | 2011/08/09 23:06

中尾さん、コメントありがとうございます。

残念ながら連覇は逃しましたが、銀・銅メダルを取れたので良しとしなきゃなと思っています。

今回は色々なエピソードがあり、かなり長文になっちゃいました。もっと簡潔に書きたかったんですが・・・coldsweats01

来年も頑張ります!good

投稿: バルサ | 2011/08/09 23:04

まずは無事に終了、お疲れ様でした。
松本城・・・僕には想い出多く何度も訪れた場所です。いい城ですよね〜。
彦根城と松本城は大好きです!


大会のほうは連覇ならなかったのは残念ですが、何より朝トレしてきた日々を考えると個人的にはとても感銘と感動しています。
お子様達の活躍も素晴らしい!!!

僕は運動音痴なので羨ましいくらいです(笑)

そして、ブログの秀悦さには本当に感動しました。巧みな表現力は素晴らしく、教えてもらいたいくらいです。


これからも日々、頑張って下さい!心から応援しています!

投稿: 中尾 | 2011/08/09 04:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66582/52423746

この記事へのトラックバック一覧です: 第12回全国空手道選手権大会:

« 第12回東海北信越地区空手道選手権大会 | トップページ | iPhone4Sへの移行とNAS導入 »