« 2010年10月 | トップページ | 2011年1月 »

2010/11/13

リュウド Bluetooth キーボード RBK-2000BT3

iPadを購入してから書籍・雑誌や、周辺機器をいろいろと買い揃えていますが、また買っちゃいましたcoldsweats01

今回買ったのは、ネットや雑誌などで評判の高かったリュウドの折り畳み式Bluetoothキーボード RBK-2000BT3。

★RBK-2000BT3(Windows/US配列)

Apple Wireless Keyboardを購入した時に、試しにiPadと一緒に会社に持って行ったことがあるんですが、電源がすぐ入ってしまいiPadもそれに反応してスリープモードから起動してしまってバッテリーの持ちが悪くなったり、薄いとはいえがさばることで、持ち歩きは1日で断念しましたgawk

iPadのソフトウエアキーボードはそこそこ使えるんですが、キーボードと比べると誤入力が増えて、長文を書いているとやはりストレスが溜まります。

持ち運びができて、電源が入りにくく、使いやすいキーボード無いかな・・・と思って調べると、ネットでも雑誌などでも評判が高かったのはリュウドのBluetoothキーボード。

初めは雑誌などで取り上げられていたRBK-2100BTJ(Windows/JIS配列)を検討していたんですが、Amazonのカスタマーレビューを読むと、iPhone/iPadのiOSではこのキーボードをUS配列で認識してしまうので、JIS配列タイプだと一部のキー割り当てが変わってしまうとのこと。

★RBK-2100BTJ(Windows/JIS配列)

キートップシールも付属するようですが、シール貼るのも面倒だったので、US配列のRBK-2000BT3(Windows/US配列)を購入することにしました。ちなみに、リュウドHPのセレクションページでも、iPhone/iPadとWindows併用ユーザーにはRBK-2000BT3を推奨しているようです。

キーボードはこんな感じ。コンパクトですが、キーの大きさも確保されていて思ったより入力しやすいです。

Conv0005

折りたたむとこんな感じ。約190g(電池含まず)ならiPadと持ち歩いても気にならない軽さです。

Conv0006

そしてもう一つの特徴。収納式スタンドにiPhone 3GSを立てるとこんな感じ。これならiPhoneとRBK-2000BT3でポメラのように使えそう。

Conv0007

今は会社にiPadと一緒に持って行って、iPadスタンドにiPadをセッティングして、このRBK-2000BT3を使ってます。まだやったことないですが、スタバなどでiPadと組み合わせれば、ちょっとした文書の下書きなどに使えそうですねwink

Conv0008

ちなみに、iPadスタンドは持ち歩くのが重くなってきたので、Amazonで期間限定価格となっていたものを購入。前回買った物と比較してみると、箱は違うけど全く同じものみたい。白を家で、黒を会社に置いて使ってます。

Conv0001

Conv0002

それにしても、iPhoneやiPadって買った後もいろいろな物欲を駆り立てるものがあるんだよなぁ。コンテンツ、周辺機器、関連書籍・雑誌、電子書籍、ビジネスチャンス・・・こうやって世界中に影響を与える商品を作り出すAppleってあらためて凄いと思うcoldsweats02

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2010/11/03

2011年の手帳決定!

今年は初めてほぼ日手帳を使ってみた。1日1ページという特徴ある手帳は、何でも書き込んで、映画のチケットを貼ったりして楽しみながら使えた。しかしながら、1月にiPhone3GS、7月にiPadを購入し、スケジューラーとしてはGoogleカレンダーを基本として、iPhone/iPadともにさいすけで連動しているので、手帳はサブ的につかうようになりました。そしてiPadを毎日持ち歩いているため、ほぼ日手帳の重さも気になりだしました。結局ほぼ日手帳は半年で断念gawk。その後は能率手帳クレスト2(ネイビー)を使ってました。

11月になりそろそろ手帳の季節。恒例のアソシエやDIMEの手帳特集も買い込み、来年の手帳はどうしようかなと検討を開始。

LOFTに立ち寄ると、ほぼ日手帳モレスキンクオバディス能率手帳高橋書店・・・など国内外の様々な種類の手帳が多く展示され、店内も賑わっていました。ここ数年、手帳ブームと言われていますが、日本以外の国もこんなに多くの種類の手帳が並ぶんでしょうか?

私が来年の手帳ーとして選んだ基準は以下の通り

● 詳細スケジュールはGoogleカレンダー/さいすけで行うため、手帳はマンスリータイプでポイントだけ書き込めれば良い。

● タスク管理もToodledoで行っているため、手帳にはその機能は求めない。

● iPhone/iPadも併用するため、一緒に持ち歩いても邪魔にならない薄さであること。

● 見た目もそこそこスマートであること。

● 見やすく書きやすいマンスリーであること。

本当はiPhoneと持ち歩くと格好いいモレスキンがいいなと思ったんですが、海外製ということでカレンダー部分があまりにもすっきりしすぎていたため断念。クオバディスは薄いタイプが見つからず、ほぼ日手帳2011WEEKSは思ったより大きいためやめました。

結局、能率手帳と高橋書店のマンスリータイプのいくつかに絞り、一番書き込みスペースが広く見やすい高橋書店のニューダイヤリー7にしました。

Conv0002

Conv0003

とりあえずこの手帳+iPhone+iPadで2011年はやってみようsign03

まぁ、今年のようにほぼ日手帳でスタートしながら、途中で別の手帳に方向修正することもあり得ますがcoldsweats01

みなさんは、もう来年の手帳購入しましたか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サマンサキングスのビジネストートバック

iPadを購入してから、毎日会社にも持って行って使っていますが、ノートPCなどより軽いとはいえバックの中はがさばります。さらにマフラータオル、メガネ、財布、iPadスタンド、雑誌・・・など持ち歩いているため、3年ちょっと使ってきたVICTORINOXのブリーフケースではちょっと小さくなってきました。そこで、収納力があり、取り出しやすく、お洒落なビジネストートを探していました。

池田屋カバン店、伊勢丹、丸井、エテルナ藤枝店、フィットハウスなど、会社の昼休みや週末に多くの店をのぞきましたが、気に入ったバックが見つからず。いわゆる通勤用ブリーフケースは種類が多いんですが、ビジネストートタイプはほとんどありませんでした。

そして半分諦めかけてふらっと立ち寄った静岡パルコ。LOFTでも行こうかなと思ってエスカレーターのところに行くと、気になるバックが・・・。立ち寄った店は「SAMANTHA KINGS」。恥ずかしながら、今まで女性用の店かと思い込んでいて、一度も店に入ったことがありませんでした。

店内には他の店ではなかったような、私が欲しかったビジネストートが何種類か見つかりましたsign01考えていた予算より1万円ほど高い値段帯だったこと、昼休みであまり時間が無かったことから、その日は帰りました。

ネットでも調べてみましたが他の店には良さそうなバックが無かったので、次の日に少し早めに会社をあがり、再び「SAMANTHA KINGS」へ。

前の日に迷っていた2種類に加えて、その時には気がつかなかったもう少しカジュアルなタイプの3種類のバックを比較して、その日に持っていた荷物も実際に入れさせてもらって決めたバックがこれ

Conv0001

2日間応対してくれた店員さんも非常に感じが良く、30分以上掛けて荷物を入れては出していたんですが、嫌な顔ひとつせず笑顔で接客してくれました。私は普段からAmazonや楽天なども使いますが、こういう接客の良さというのはリアルショップの強みですね。

「SAMANTHA KINGS」には、財布などのアクセサリーも格好いい物がたくさんあったので、また何かの際に買いに来ようと思いました。

先ほどVICTORINOXのバックからの荷物の入れ替えも終わり、明日から早速会社に持って行くつもりです。また一つお気に入りが増えました。happy02

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2010年10月 | トップページ | 2011年1月 »