« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010/08/13

第11回全国空手道選手権大会

7/31(土)~8/1(日)で開催された、NPO法人日本空手道松涛連盟 第11回全国空手道選手権大会に参加してきました。

Conv0006

今年の開催地は、故浅井哲彦師範の地元である愛媛県松山市。金曜日と月曜日は会社にお休みをもらって、道場のみんなとバスで静岡から向かいました。行きは途中事故渋滞もあって約11時間掛かりました。

Conv0011

Conv0002

試合結果については、以下の通り。

★長女

型 : ベスト8(敢闘賞受賞)、組手 : 1回戦敗退

Conv0013

型については予選の出来が素晴らしく、引き分け再試合でも勝ち上がり見事決勝の8人に残りました。決勝では、初めて「五十四歩小」を演武。腰もしっかりと決まり良い出来でしたが、 途中足がもつれてしりもちをついてしまって、大きな減点となってしまいました。本人も泣いて悔しがっていましたが、受験生で部活動もやりながら空手道場にも行って、短い時間でも集中して努力したことが、全国大会決勝進出の結果に出たと思います。

組手については、中段突きのタイミングは良いものの、連続技が出ないこと、相手の攻撃を受ける際にまっすぐ下がってしまうことが敗因でした。

★長男

型 : 2回戦敗退、組手 : 3回戦敗退

Conv0008

型については技を置きに行く悪い癖が最後まで抜けず、力を発揮できないまま2回戦敗退。2回戦については、本戦引き分け、再試合も引き分けの僅差でしたが、一瞬技を忘れかけて止まってしまったことが敗因でした。

組手については、いつもより技を積極的に出し、途中上段回し蹴りで1本勝ちをするなど良い調子でしたが、最後は体の大きい選手に逆に上段回し蹴りを決められて3回戦敗退となりました。

中学生になり部活動中心になって稽古不足になったことで、特に型については本人も自信がなくなっているように見えました。長女のように短い時間でも集中して稽古に取り組むことがこれからの課題だと思います。

★次女

型 : 2回戦敗退、組手 : 1回戦敗退

Conv0007

型についてはスピードに乗り切れていないものの、何とか1回戦突破。2回戦も負ける相手ではなかったのですが、途中技を忘れてしまったのか一瞬相手選手を見てしまったことが敗因でした。そこを勝てば決勝進出だっただけに惜しかったですね・・・。

組手については、自分から積極的に前に出て技を出して良かったんですが、相手のカウンターで負けてしまいました。まだ自分の間合いをつかみ切れていないようです。

長男も同様ですが、特に型についてはどんな場面でも自信を持ってやれるように普段から集中して稽古することが必要だと思います。

★妹の長男

日焼けで顔が黒くなり、声変わりもして少し大人っぽくなっていた妹の長男。昨年は型の部で「観空大」で見事準優勝。今年も決勝の8人に残りましたが、力強く演じた「五十四歩小」はあまり点数が上がらず敢闘賞でした。前日の組手で足の指を怪我した影響もあったのかもしれません。体が小さい方で技の切れとスピードが特徴なので、重厚な「五十四歩小」より「雲手」などの派手な型の方が合うと個人的には思います。

Conv0012

★妹の次女

今年が全国大会デビュー。私が見れたのは組手だけでしたが、一年前とは別人のようにしっかりとしていて、相手の目をしっかりと見て、立ち足も技もしっかりとしていて、見事3回戦突破。最後は、自由一本組手で茶帯相手に負けてしまいましたが、デビュー戦としては上出来のベスト16でした。happy01

Conv0009

★私

今年も一般二部(40歳以上)型の部にエントリー。一昨年が準優勝、昨年が第三位と連続入賞しているものの、東海北信越大会も含めてなかなか届かない優勝。今年こそは金メダルを取りたいと思い準備してきました。

東海北信越大会が例年より早い5月に開催されたこともあり、全国大会まで2ヶ月半以上の時間がありました。というわけで、いつもなら大会1ヶ月前から始める朝トレを、今年は2ヶ月前から開始しました。

朝5時に起きて、軽く準備体操をしたあと眠い目を擦りながら5分ほど川べりまでウォーキング。橋を渡ったあたりから走り始めて、6~7分程度で、あるお店の駐車場に到着。息を整えながら、その場突きを左右10本ずつ。予選型が、平安二段~鉄騎初段、順路初段~五段、選定型4つと、14種類もあったので、毎回平安型、順路型、選定型を1種類ずつ各2回やりました。そして最後に、得意型の「五十四歩小」を2回やって、だいたい5時45分。急いで家に帰って、シャワーを浴びて何とか6時半の朝食に間に合うくらい。

昨年までは週3回行っていた朝トレですが、今年は体の負担を考えて週2回に減らしました。

あとは、土曜日の子供達の指導の後に師範に見てもらったり、日曜日に一人で道場へ行って稽古をしました。

仕事で平日は全く稽古に行けない状態の中、朝トレと週末の少しの稽古だけなので、毎年「これで大丈夫だろうか・・・?」と不安になるのですが、逆にこれ以上やろうとすれば体に無理がきて仕事にも影響が出るので、「やれることを続けるだけだ」と自分を納得させて約2ヶ月間稽古を続けました。

今年は愛媛県開催ということもあり、例年よりエントリー人数が少ない9名だったので、予選がなくいきなり決勝でした。とは言え、一昨年の優勝者である同じ静岡県のK先生もおり、油断はできない状況でした。

演武順は運良く最終9番目。予想通りK選手がそれまでの最高得点を出していましたが、これまでやってきたことを思い出し、「五十四歩小」を力一杯、気合いをこめて演武しました。

結果は・・・・K選手に0.4点差をつけて、念願の初優勝!やっと一般二部で金メダルを取ることができました。happy01

Conv0021_2

優勝が決まった瞬間、朝トレをやってきた光景が思い出され、眠くて辛かったけど続けてきて良かったとつくづく思いました。confident

★親子型

今年は、私・長女・長男で「観空大」を演武。部活動の影響もあり親子型の稽古ができたのは、実質3日間の短い時間のみ。それでも、長年一緒に稽古してきたこともあり、そこそこ揃った型を演武することができ、予選グループ8チーム中1位で決勝進出。もう一つのグループ9チームからの決勝進出4チームと合わせて、8チームによる決勝戦が行われました。

演武順は何と最も不利な1番目。長女と長男には、「演武順は気にせず、自分達の力を精一杯出そう!」と声を掛けて演武しました。

結果は、8チーム中2位の得点ながら岐阜の別チームと全くの同点だったので、再度2位・3位決定戦となりました。

「結果はともかく、集中して気合いと気迫だけは負けるな!」と長女と長男に声を掛け、再試合に臨みました。

再試合の結果、点数は同点ながら最低点の差により、見事に準優勝!ここ数年、親子型は敢闘賞止まりだったので、久々のメダル獲得でした。

Conv0022

そして何より、長女が予選が終わったときに言った一言「親子型って親子の団結力が強くなるようでいいよね!」の言葉が、親としても嬉しかったですね。happy01

来年は、次女を入れて親子型にエントリーする予定。次女はまだ昨年の1回のみなので、いつかメダルを取らせてあげたいですね。

-----

というわけで、一般二部型で金メダル、親子型で銀メダル、長女は型で敢闘賞受賞と良い成績をおさめることができました。その日のビールbeerが格別に旨かったことは言うまでもありません。happy02

愛媛から香川県に移動する途中で見た夕日が綺麗でした。sun

Conv0014

本場の讃岐うどんは、こしがあるのに柔らかくて美味しかったwink

Conv0015

Conv0017

翌日は、徳島で鳴門のうずしおを見てから、一路静岡へ。行きは気が張っていたのか全く疲れなかったんですが、帰りはバスに乗っているのが辛いくらい疲れ果てました。bearing

(鳴門のうずしおは思ったより大きくなかったなぁ)

Conv0019

Conv0018

Conv0004

帰りに立ち寄った、淡路ハイウエイオアシス。広くて景色も良かったです。good

Conv0005

Conv0020

こうして終わった全国大会。今年は念願の優勝を果たしましたが、喜ぶのもここまで。来年は連覇を目指して、子供達とまた稽古に励みたいと思います。rock

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »