« ど忘れ・・・ | トップページ | 静岡の地震怖かったね »

2009/08/09

第10回全国空手道選手権大会

8/1(土)~2(日)に、東京の代々木第二体育館にて
開催されたNPO法人日本空手松涛連盟の全国大会に
行って来ました。

0908021

初日は子供達の予選。2日目は子供達の決勝と
一般の部が行われました。

今回私は選手として参加すると同時に、本部の記録係
を手伝うよう師範に頼まれていたので、子供達の試合は
全く見ることができず、後でビデオで見た感想です。

★長女

型  : 3回戦敗退
組手 : 3回戦敗退

ビデオで見る限り長女の調子はかなり良くて、敗れた
型の試合も2回の引き分けの末に主審が相手が勝ち
と判断した僅差の敗退。

組手も前年度優勝者に対して先に技ありを先行し、
その後追いつかれるも1-1で延長の末敗れた
惜敗。

入賞は逃しましたが、3人の子供達の中では最も
自分の力を発揮したように思いました。
勉強や部活動との両立で大変だったと思いますが
普段の努力が実を結びつつあると感じました。

★長男

型  : 決勝進出(敢闘賞受賞)
組手 : 2回戦敗退

型は昨年に続き予選を勝ち上がり決勝の8人に
残り、2日目の決勝へ。
得意型の「燕飛(エンピ)」を演武しましたが、思った
より得点が伸びず、メダルには手が届きませんで
した。

組手は2回戦で岐阜のY選手と対戦。技あり1本
ずつを取り合い1-1で試合が進むも、最後は
相手の回し蹴りがきまり1-2で惜敗でした。

長男の学年は特に岐阜の選手層が厚く、型も
組手もレベルが高い。また「絶対に勝つぞ」と
いう気迫が全身にみなぎっている選手も多い。

レベルの高いこの学年で勝つためには、どれだけ
集中して本気で空手道に取り組めるのかが課題
だと思います。

長男は個人種目以外にも、小学校高学年の団体
組手、団体型にも出場し、親子型と合わせて5種目
出場でフル稼働でした。

★次女

型 :決勝進出(敢闘賞受賞)
組手 :2回戦敗退

型は初戦が不戦勝だったり、2回戦では相手が
型を間違えたりして、運も手伝い見事決勝進出。
2日目の決勝では、得意型の「慈恩(ジオン)」を
演武しましたが、惜しくもメダルは逃しました。

組手は初戦となる2回戦で1-2で敗戦。
まだ相手の動きを見て反応するのではなく、何も
考えずに中段突きをお互いに出し合い、たまたま
早かったほうが勝つようなレベルの子が多いため
チャンスは十分にあると思う。

次女は個人戦では気力があまり乗らず、普段の
力を発揮しきれなかったような気がします。
昨年までのように監督として近くで声を掛けて
あげられなかったのも多少影響したのかも
しれません。

★親子型

今回で6回目のエントリーとなる親子型。ただし
昨年までは私、長女、長男の3人でしたが、今年
は部活動などで忙しい長女の代わりに、次女を
入れて初めてのメンバー構成で望みました。

型は次女の得意型でもある「慈恩」。平日は
私が仕事で全く稽古に行くことができないので、
土曜日の子供の稽古の後に少し合わせたり、
日曜日に道場を借りて稽古をしたりしました。

2日目の昼近くとなった親子型。当日の朝練に
起きれなかったこともあり、朝一は気力があまり
乗らなかった次女も、試合直前の練習ではいつも
の目の輝きに戻り、「結果はいいから後悔のない
ように全力でやろう!」と試合に向かいました。

全21チームを2グループに分けての予選。
「気合いだけは負けないようにしよう!」と声を
掛けて予選に臨みました。
各グループの上位4チームが決勝進出となり
ますが、何とかグループ3位に入り決勝進出。

決勝では同じ道場の、Iチーム(前年度優勝)、
Kチーム(前年度3位)も決勝に残り、いよいよ
8チームによる決勝戦。

予選以上に気合いを入れて臨みましたが、惜しくも
第5位という結果でした。
それでも、次女が入って初めての親子型としては
決勝に残れるかどうかもわからなかったので、上出来
だったと思います。

後でビデオで見返したら、練習の時よりも揃っていたし、
長男も次女も気合いが入っていて良い演武でした。
強いて言えば、決勝は気負いすぎて少しばらついたかな。

ちなみに同じ道場のIチームが準優勝、Kチームが第三位
と昨年に続くメダル獲得と素晴らしい結果でした。scissors

来年は長男も中学生となり部活などで稽古量が減る
と予想されるので、どうなるかわかりませんが、可能
であれば来年も親子型にエントリーしたいですね。

★私

昨年に続き、一般二部(40歳以上)男子型の部に
出場。今年は予定されていたイタリアでの世界大会
が新型インフルエンザなどの影響で中止になったの
を受けて外国人の出場も多く、この種目にも4人の
外国人がエントリーしていました。

昨年のこの大会で準優勝だったこともあり、今回は
優勝を目指して稽古してきました。

平日はやはり仕事で稽古に行けないので、週3回
程度朝5:00に起床して、ウォーキング、ランニング、
駐車場での型の稽古を、東海北信越大会の1ヶ月
前から約2ヶ月間続けてきました。

そして土曜日の子供達の稽古の後に、師範に自分
の型を見てもらったり、日曜日に道場を借りて稽古
したりして準備しました。

当日は、長男と同じ道場のMさんと武道家の聖地
「日本武道館」の見えるところで軽く朝練。

Conv0001

万全の体制で試合を迎えましたが・・・。

全般的には良い演武ができたと思いますが、一ヶ所
少しぐらつきが出てしまい、結果は第三位。
優勝、準優勝はいずれも外国人で私と0.1点の僅差
でした。

0908025

銅メダルを獲得したものの、自分が納得できる演武
ができなかったことで、悔しさが残りました。bearing

表彰式で待っているときに準優勝だった南アフリカ
の選手と片言の英語で少し話してみると、何とその
選手は49歳!跳び技があり若手向きの型である
「雲手(ウンスー)」を見事に演じていたので、もう
少し若く見えたんですが・・・。

49歳であれだけ切れのある技を繰り出せるの
だから、普段からみっちりと稽古をしているんで
しょうね。
彼は南アフリカのナショナルコーチを務めている
とのこと。来年は3部(50歳以上)だよと笑って
いました。

「私はまだまだ修行が足りないな・・・」

「優勝」という目標は達成できなかったけど、日本
だけではなく世界中に素晴らしい空手家がたくさん
いることを知り、来年へ向けての良い経験を積む
ことができました。

★その他

今年も総本部から妹の長男が出場。久々に会う
と真っ黒に日焼けしていました。今年から中学生
になりテニス部で毎日練習しているからだね。

試合内容は見ることができなかったけど、型の部
で見事に準優勝!これまで各大会で好成績を
納めるも、全国大会では運が悪くメダルを取れな
かったので嬉しい結果でした。scissors

また朝練を一緒にやった高校生のMさんは、型の
部優勝、組手の部第三位と大活躍sign03
進学校に通いながら、短い時間で集中して稽古
して、これだけの成績を残せるのは本当に立派
です。同じ道場にこういう目標となる先輩がいる
ことは、子供達にとっても非常に良いことだと思い
ます。

ちなみに、お隣の代々木第一体育館では、同じ日程
でEXILEのコンサートをやっていました。
妻や子供達は漏れ聞こえてくる音を聞いて喜んで
いたようです。happy01


試合後は、みんなでお台場でリラックス・・・のはず
だったんですが、私は本部での試合記録があり
試合終了まで会場に残りました。

妻や子供達はフジテレビとガンダムを見に行って
きたようです。ただ時間があまりなかったのと、
非常に混雑していたことで、夕食の時に合流したら
みんな結構疲れていました。coldsweats01

0908022

0908023

夕食は、VenusFort内の「portfino」というバイキング
スタイルの店へ。パスタ、リゾット、ピザなどのイタリ
アンが食べ放題で、名物のチョコレートフォンデュ
も美味しかったです。happy01

0908024

こうして終わった全国大会。

来年は愛媛で開催ということで出費も痛いけど、家族
旅行みたいなものだし、今年の悔しさを忘れずまた
頑張りたい。rock

|

« ど忘れ・・・ | トップページ | 静岡の地震怖かったね »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66582/45823446

この記事へのトラックバック一覧です: 第10回全国空手道選手権大会:

« ど忘れ・・・ | トップページ | 静岡の地震怖かったね »