« 体が悲鳴を上げてます(^_^;) | トップページ | 一番身近なお祭り »

2007/08/02

第八回全国空手道選手権大会

7/28(土)~29(日)に掛けて、東京の国立代々木競技場・第二
体育館にて、「第八回全国空手道選手権大会、全国車椅子空手道
選手権大会、全国小中高生空手道選手権大会」が開催されました。

朝4時に起きて、5時には道場のみんなと大型バスで東京へ出発。
8時頃には現地に着きました。

8時30分の開場と共に、すぐにコートに降りてウォーミングアップ
を開始。軽く汗を流しているとすぐに開会式が始まりました。

今年は、私にとっても一般一部最後の大会。子供達も含めて
力を発揮できるよう、君が代を聞きながら思いました。

★長女
残念ながら、型・組手とも1回戦敗退。
型に関しては立ち方や技は正確なんですが、1番の課題で
あるスピード・キレが悪かったですね。
組手に関しては、背が大きい選手と当たり、顔に突きをくら
って痛みをこらえながら奮闘しました。
普段の稽古とは別に、スピードをつけるトレーニングが
必要です。

070728292

★長男
型は1回戦敗退。スピードもキレも悪くなかったのですが
「迫力」が不足していました。相手の選手はそれほど
上手ではないのですが、技一つ一つの迫力で勝って
いました。
組手はスピードに乗った技で1回戦を2-0で突破し、
2回戦も最初の技ありを取ったのですが、その後
逆転され1-2で惜敗。
長男の場合は、型も組手も「迫力」を出すことがこれ
からの課題です。

070728291

★次女
型は1回戦で敗退。まだ体が起きていないのか、いつも
よりスピード・キレとも悪く、調子が出ないうちに負けて
しまいました。
組手は一転して気合いも大きくスピードも出てきて
準々決勝へ進出。ここで勝てば2年連続で3位以上
確定でしたが、残念ながら敗退。
それでもベスト8で敢闘賞を受賞しました。

070728293

★私
一般一部としては最後の大会。ここ2年、決勝進出
前の試合で総本部の外国人に惜敗していたので、
今年は悲願の決勝進出を目指しました。
1回戦の相手は、偶然にも昨年敗れた総本部の
外国人。昨年第三位の実力者とは言え、予選型
なら負けていないと思ったのですが・・・。
結果は0-5で残念ながら初戦敗退となってしまい
ました。
でも終わった後、道場のみんなには「どう見ても
勝ったと思ったんだけどな。やっぱネームバリュー
かなぁ?」と言われました。
私もあまり負けた気はしなかったので、後でビデオ
で見返すと、立ち方もスピードもキレも負けていな
かったように感じました。
それでも負けは負け。断トツの実力ならどんな相手
でも勝てるはず。
こうして一般一部の最後の試合はあっけなく終了
しました。

★妹の長男
千葉に住んでいる妹家族も合流。普段は総本部で
稽古している妹の長男。現在も東京都大会などで
上位入賞と活躍しているんですが、これまでなぜか
全国大会では成績が奮わず。
しかしそんな不安をよそに、型も組手もベスト8進出
の大活躍!
特に見違えたのが組手。元々体が小さいことも
あり、相手のパワーに押されることが多かった
んですが、今大会では必殺の追い突きが面白い
ように相手に決まり、堂々と戦っていました。
型も念願の決勝進出。1年前とは比べものに
ならない技の切れとスピードで見事に演武
しました。演武順が一番初めでなければ、
3位以内も夢じゃなかったですね。

★親子型
昨年のこの大会で悲願の初優勝をした親子型。
今年は、3年前優勝のYチーム(岐阜)、2年前
優勝で同じ道場のKチーム、昨年優勝の私たちと、
チャンピオンチームが全てエントリーしたハイレベル
な大会となりました。
そして初出場ながら、現在の子供達の実績と潜在
能力的に今大会ナンバー1と目されるIチームも
同じ道場から参加し、激戦が予想されました。

予選は全14チームを2ブロックに分けて、各ブロック
4チームが決勝進出となります。

私たちは同じ道場のIチームと同じブロックで予選
に望み、何とか1位で通過。Iチームも0.1点という
僅差で2位通過しました。
別のブロックでは予想通り、Yチーム、同じ道場の
Kチームが勝ち上がりました。

そしていよいよ決勝。
最初の演武は、岐阜のYチーム。ここはお爺さん、
お父さん、子供の何と親子3世代での親子型。
親子型の難しいところは、体の大きさもスピードも
違う中、一つの型をそろって演武するところに
あります。
Yチームは3年ぶりのエントリーでしたが、スピード
もキレも気合いもほぼ完璧で見事としか言いようが
ない演武を披露。得点はいきなり25.3点の高得点!
その後Kチーム、Iチームも演武し、最後に私たち
チームの演武。
型は昨年も演武した「観空大」。とにかく気合いだけは
どこにも負けないように子供達に声を掛けて、型の
演武をしました。得点は・・・25.0点。
2連覇は逃したものの、見事に準優勝!
初出場のIチームはこれまた0.1点差の24.9点で
第3位に入賞。Kチームは惜しくも第4位でした。

Yチームの見事な演武には勝てませんでしたが、3年
前はYチームが断トツで優勝の中、私たちは決勝進出
するも7位。
その当時の実力差を考えれば、この3年間で実力を
上げてこられたなと感じました。

(我慢しきれず着替えてしまった次女と共に記念写真)
070728294



全国大会の後は、子供達お楽しみのディズニーシーへ。

070728295

毎年大型バスで泊まりで行く全国大会の楽しみは、大会後の
観光。子供達はもちろん、父兄のみなさんと長い時間を過ごす
ため、普段見ることができない本性(?)や、本音を聞くことが
できて、それも一つの楽しみです。

夕方雨模様ということもあり、比較的空いていて閉園時間まで
たっぷりと楽しむことができました。

(長女・長男と、妹の長男・長女)
070728296

(いつも仲が良い、次女と妹の長女)
070728297

こうして終わった全国大会。

来年は、一般二部(40歳以上)の部にエントリーして、新たな
気持ちで頑張るつもりです。幸い今年の二部の優勝・準優勝
が静岡県の選手だったので、まずは県大会を目標にします。

そして来年で4回目のエントリーとなる親子型。
いつかYチームを上回る演武ができるよう、また親子で稽古
に励みたいと思います。

|

« 体が悲鳴を上げてます(^_^;) | トップページ | 一番身近なお祭り »

コメント

全国大会ではお疲れ様でした。お互いに良い結果を
残せてよかったですね。(^o^)
T君の目を見張る活躍は、やっぱり総本部の稽古の
成果だと思いますよ。
ところで今週来静ですよね。家族みんなで楽しみに
待っていますよ!

投稿: バルサ | 2007/08/08 08:13

親子形の銀メダル入賞おめでとうございます。
2日間にわたり、旧友との再会や予想外の息子の活躍もあって楽しい全国大会でした。まじめに取り組むみなさんの手前、会場では禁酒に徹しましたが・・・ビールの味も格別でした。

投稿: ミナトクニセキ | 2007/08/05 22:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66582/15958628

この記事へのトラックバック一覧です: 第八回全国空手道選手権大会:

« 体が悲鳴を上げてます(^_^;) | トップページ | 一番身近なお祭り »