« あっという間に・・・ | トップページ | 久々の緊張・・・ »

2006/11/22

生活発表会の見納め

先日の日曜日、日本平幼稚園の生活発表会に行ってきました。

年長の次女にとって最後の、そして長女から足かけ8年見てきた生活発表会も今年で見納めということで、妻の両親も駆けつけてくれました。

まずは次女のクラスがオープニングで登場。

毎年、太鼓演奏をやる年長のクラスがオープニングと決まっているのですが、今年は「Let's Beet☆」というタイトルで、何とクイーンの名曲「We Will Rock You」を、竹を太鼓代わりにして演奏!

和風の曲で太鼓というスタイルを打ち破って、会場自体も盛り上がりました。
次女は個人パートを任されて、左サイドで一人で竹で演奏したり、ドラムのシンバルを叩いたりと、大活躍でした。

家では甘えん坊でまだまだ赤ちゃんのようなところがありますが、こういう場ではしっかりやるんですね。あらためて子供の成長を感じました。

前半戦の最後は、年長全体で行う「ボディーパーカーション」。

今年初めてトライしたというこの演目は、曲に合わせて足踏みしたり手を叩いたりしながら行う、体全体を使った演奏です。マッスルミュージアムを簡単にしたような感じかな。なかなか迫力もあって、子どもたちの息も揃っていてすごく良かったです。来年以降も、是非続けてほしいものです。

休憩を挟んで、後半戦に入り各学年毎の合唱や合奏になりました。

年長は「合唱:はじめの一歩」と「合奏:Jupiter/Are You Hungry?」。ちなみに「はじめの一歩」と言っても私が集めているマンガではありません。(^_^;)

この曲は初めて聞いた曲でしたが、メロディーも歌詞も心に染みいるもので、一生懸命歌っている次女の姿を見ながら、不覚にも自然と涙があふれてきました。

「大きくなったなぁ。来年はもう小学生だなぁ」なんて思いながら。ネットで調べたら、ここに紹介がありました。

合奏では、またまた個人パートの鉄琴を任され真剣な表情でがんばってやっていました。クラスでも学年でも個人パートを任されているので、リズム感が良い方なのかな?(親バカですね)

最後は全園児による全体合唱「友達はいいもんだ」。背の小さい次女は私の位置からは髪の毛しか見えない状態でしたが、体を大きく使って歌っている様子は見えました。

こうして終了した生活発表会。毎年思うのですが、家ではなかなか言うことを聞かず赤ちゃん返りしているようなところもある子どもたちをまとめあげる先生達の力は凄いですね。

来年はもう見ることができないと思うと、少し寂しい気もしますが、これまで撮ったビデオなどを見返すのも楽しいかなと思います。

後は卒園式だけですね・・・。

061112_1

|

« あっという間に・・・ | トップページ | 久々の緊張・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66582/12777644

この記事へのトラックバック一覧です: 生活発表会の見納め:

« あっという間に・・・ | トップページ | 久々の緊張・・・ »