« 烏骨鶏ラーメン 龍(ロン) | トップページ | 幼稚園最後の一年 »

2006/09/25

第7回静岡県中部地区空手道選手権大会

9/23(土)秋分の日に、第7回静岡県中部地区空手道
選手権大会が開催されました。

この日は我々清水支部が運営担当だったので、8時
頃には会場に集合して、指導員だけでなく父兄の方々
まで総出で大会の準備を行いました。

私も自分が審判をやるようになって初めて分かったの
ですが、一つの大会を開催するのがこんなに大変
だとは知りませんでした。

大会要項が決まると各支部からの出場選手エントリー
を取りまとめ、出場料、トーナメント作成、プログラム
作成、来賓の手配、トロフィー、参加賞、お弁当の手配
・・・など大会前にやることが山ほどあります。

そして当日は、会場設営、各コート係、記録係、アナ
ウンス係、表彰状作成、トロフィー授与、審判・・・
本当にたくさんの人の協力の下で、一つの大会が
開催されるわけです。

というわけで私は審判、妻は本部での記録係
で、いつものように子供達の空手着を着た写真
は撮っている暇はありませんでした。(苦笑)

0609231

試合結果は・・・

長女は、型・組手とも残念ながら初戦敗退。
全国大会では両方ベスト8と好成績を残しましたが、
このところ稽古でもスピードや切れがなく、本来の
力を発揮することができませんでした。
少し疲れているのかな?次の大会では疲れを取って
普段の力を発揮してほしいと思います。

長男は、型が準優勝、組手がベスト8。
このところ、目の位置と上体が前屈みになる悪い癖を
ずっと直すよう指導してきましたが、この日は悪い
癖も直り、まずまずの出来でした。
今回は、誰から強制されるわけでもなく、自宅で
サンドバックを突いたりして、悪い癖を直そうとする
努力の姿勢が、好結果に結びついたのだと思います。

次女は、型は2回戦敗退、組手は優勝。
型は途中1箇所を間違えてしまい2回戦敗退でしたが、
組手は気合いや切れも良く、あれよあれよと優勝して
しまったようです。全国大会第三位はフロックでは
なかったんですね。本人もすごく喜んでいました。(^o^)

私は審判として朝からコートに張り付きだったので
子供達の様子をほとんど見ることができませんで
したが、観戦に来てくれた私の父母曰く、3人とも
気合いもよく頑張っていたようです。

そして今大会のもう一つの目玉(?)。
師範に頼まれて、自然石割の試割を私が行うこと
になっていたのです。
一週間前に急に決まったこともあり、近くの海岸
に行って、手頃な自然石をいくつか拾ってきました。
木曜日には予行演習で一つ割り、確かな手応えを
感じて、本番に臨みました。

そして当日。午後の試合開始前に、本部指導員の
組手と型の模範演武の後に、自然石割を行うこと
になりました。

試割を行う直前には、自然石割りをやると聞いて、
周りにいた子供達だけでなく、他の審判の先生方
も「本当に大丈夫?」と心配してくれました。
でも私には絶対的な自信がありました。
何しろ、自然石割の試割は、父に小学生の頃教えて
もらい、もう何十年もやってきたからです。

試割を行う前には、子供達に実際に割る石を手に持た
せて、本当に自然の石を割るということを見せてから、
いよいよ本番。

父からのアドバイスもあり、少しの時間正座して黙想し、
気持ちを集中させてから試割に臨みました。
そして、大きな気合いと共に右手鉄槌を自然石に振り
落とし見事に成功!
本当はもう少し真ん中を狙ったのですが、多少の
緊張もあったのか、割れる位置が右側に少しずれて
しまいました。
それでも会場にいるほとんどの人が、自然石割を
初めて見たらしく、「おぉ~!」という大きなどよめ
きが起きました。

0609232

幸い右手も怪我することなく無事成功した自然石割
でしたが、終わった後はどっと疲れが出ましたね。
午後も引き続き審判でしたが、持病の腰痛が再発
して少し大変でした。(^_^;)

試合が終わった後、他支部の選手が帰り支度を
する中、清水支部は父兄さんや子供達も一緒に、
片付けやモップ掛け、会場のゴミ拾い等を行い
大会も無事終了。
ご協力頂いた父兄の方々、朝早くから本当にお疲れ
様でした。

来月は川根での交流試合、再来月は市民大会。
子供達は試合が続きますが、今大会での反省点を
活かして、これからも稽古に励みたいと思います。

|

« 烏骨鶏ラーメン 龍(ロン) | トップページ | 幼稚園最後の一年 »

コメント

batasyさん、いつもコメントありがとうございます。
一般的に空手の試割というと、瓦や板が有名ですが、
どちらも買わなければならないし、造られた物ですよね。
その点では、コストも掛からず、最も手に入りやすく、
かつ自然にあるもの=自然石割をやっています。
氷柱はそれこそ用意するのも大変ですね・・・。(^_^;)

投稿: バルサ | 2006/09/29 08:28

をを、すごいですね。
自然石割というのは初めて見ました。
漠然としたイメージだと、瓦とか氷柱とかもありますけど、それはさすがに(準備等含めて)難しいんでしょうか。

投稿: batasy | 2006/09/27 21:56

ミナトクニセキさん、コメントありがとうございます。
確かに「何故石割るの?」は一般人の普通の疑問でしょうね。
私の場合は逆に日常の風景ですが。(^o^)

投稿: バルサ | 2006/09/26 17:28

ほほぅ~っ♪石を割っちゃいましたか。
鍛錬の賜物ですね・・・と、判るようになったのは最近のことで、結婚当初、お父上が石を割っている姿を見ては、「なんで石なんか割るの?」と理解不能であったことを懐かしく思い出します。
それにしても、マッチ棒で石のサイズを主張している点がはずせませんね。身近なところにマッチ棒があるのも、御宅ならではのことであります。

投稿: ミナトクニセキ | 2006/09/25 22:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66582/12030678

この記事へのトラックバック一覧です: 第7回静岡県中部地区空手道選手権大会:

« 烏骨鶏ラーメン 龍(ロン) | トップページ | 幼稚園最後の一年 »