« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006/08/27

長男のBirthDay

今日は長男の9歳の誕生日。

子供達3人とも生まれたときの思い出はそれぞれありますが、長男の時が一番心配しました。というのも、元々予定日は9月の終わり頃だったのに、前日に妻が破水して急遽病院へ連れて行った状況だったからです。

「1ヶ月前だと未熟児の可能性もあるし、大丈夫なんだろうか・・・」と不安に思いましたが、妻はそれ以上に心配していたので、「きっと大丈夫だよ。早く顔を見せたくて1ヶ月間違っちゃったんだよ。」と声を掛けました。

翌朝妻から電話が入って、「男の子だよ」という嬉しそうな声。「赤ちゃんは・・・大丈夫?」と恐る恐る聞くと「2500gちょっと足りないくらいだけど、元気だよ!」とのこと。内心すごくほっとしたことを覚えています。

長女も2500gくらいで生まれていたので、妻にとってはこのくらいが普通の大きさなんだと思います。

しかし予定日より1ヶ月も早かったのに、大きさも十分だし元気だし、先生が予定日を間違ったんじゃないかと思えるほど元気に生まれてきましたcoldsweats01

あれからあっという間に9年。

長男は誰よりも優しい心を持っているし、頭の回転も早く、運動神経も良く、良いところもたくさんありますが、(親バカですね・・・)ちょっとしたことですねたり、余裕がないと妹を可愛がれなかったりと、精神面でまだまだ弱いところがあります。

男の子だからこそ、精神的な強さを身につければもっともっと伸びるんじゃないかな。男親としては、もう少し心身ともにたくましく育って欲しいと願っています。

将来どんな大人になるのか、どんな仕事をするのか、どんはお嫁さんを連れてくるのか・・・今は子供の成長が一番の楽しみですね。

そして、今日はちょうど地区の運動会の日でした。

足の速い長男は学年別リレーにもエントリーして、人数の関係で一学年上の4年生と走りましたが、走り負けていなかったですね。

私も昨年の二日酔い状態よりは良かったので、二人三脚リレーなど4種目をこなし良い汗をかきました。

Conv0010

夜は家族で誕生日のお祝い。

父母からはサッカー好きな長男にぴったりのTシャツと短パン。背番号も7で、気分は中田かベッカム?(^o^)

Uniform

私たちからは欲しい物を買ってあげようと思いましたが、DSソフトの「NEWマリオ」とこれから発売の「ポケモンダイヤモンド&パール」のどちらにしようか迷っていたので、決まったら買ってあげることにしました。

ケーキを前にして、みんなに祝って貰ってにっこり。いつまでもこんな笑顔を見せて欲しいものですね。

Conv0011

また私にとっては、今日で転職してから丸5年。

偶然にも5年前の8月27日が、今の会社の初出社日でした。そのおかげで、毎年長男の誕生日が来るたびに、仕事に対しても気持ちを新たにできる気がします。

子供達の成長を楽しみにしつつ、自分自身も成長できるように明日からまた頑張ろうっと!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/26

ミニコンポ買いました!

長い間愛用していたビクター製のミニコンポが、昨年くらいから調子が悪くなり、スピーカーからの音が出たり出なかったりしていたので、夏のボーナスに合わせてミニコンポを買うことにしました。

今まで使っていたミニコンポは独身の頃、ローンで購入したもの。当時12万円くらいはしたかな?まだ当然MDもない頃だったので、MDデッキは後で買い足しました。

私は昔から、TVを見るより音楽を聴いている方が好きなので、部屋に帰ってくるとミニコンポで音楽を流します。だからミニコンポは必需品でした。

そう考えるとこのミニコンポは15年以上も一緒に私と一緒に人生を歩んできたんだな。処分する前に写真を残しておけば良かったかなと今になって少し後悔しています。

近くのノジマに行ってミニコンポを見ていましたが、昔と違ってコンパクトなものが多いですね。置き場所と予算を考えて、「安さ、コンパクトさ、機能」の優先順位で決めたのが、SONYのCMT-M3。ミニコンポというよりマイクロコンポですかね。

Stereo

今流行のHDDコンポではありませんが、CD、MD、カセット、FM/AMラジオ機能と、デジタルミュージックプレーヤーを接続できるAUDIO IN端子が前面についているのが気に入りました。

値段はノジマ会員の割引も利用して、何と21,242円!本当に安くなりましたね。(^o^)

早速角松のNEWアルバムも買って、音楽を楽しんでいます。

Conv0001_1
Conv0002_2

この記事を書きながら、ミニコンポのAMラジオで聴いていたエスパルス VS FC東京もついさっき終わり、見事2-0で勝利しこれでホーム7連勝!勝利の花火も聞こえました。(^o^)V

このミニコンポも長く使って、たくさんの思い出を作りたいですね。

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2006/08/22

夏休み第二弾!?

0608191

8/18(金)~8/20(日)に掛けて、千葉に住んでいる妹家族が帰省で遊びに来ました。

引っ越す前は車で10分くらいのところに住んでいて、しょっちゅう子供達も一緒に遊んでいたし、空手を一緒にやっていたこともあり、本当にみんな仲が良いんです。

特に長男は普段女の子ばかりに囲まれていて遊び仲間になれる従兄弟がいないので、まるで恋人でも待つかのように、「どきどきしちゃうね」なんて言いながら前の日から楽しみにしていました。

18日(金)は私は仕事だったのですが、帰ってきたら弟家族も来ていて、さながらちょっとした家族会のような様相。子供達も楽しそうに遊んだりしゃべったりして夜遅くまで興奮していました。

翌日19日(土)は、妹家族と一緒に山梨にある「やまなみの湯」へ出かけました。

私も疲れがたまっていたので温泉は楽しみにしていたのですが、その前に試練が・・・。何と私の車(ラルゴ)のエアコンが壊れて、全くと言っていいほど冷気が出ないのです!前側のエアコンはまだ風は出るので良いのですが、後側のエアコンは風もほとんど出ず蒸し風呂状態。

子供達も汗びっしょりでぐったりし始めたので、途中で妹達の車に乗り換えたりして、窓を全開にして山梨まで行きました。

私が小さい頃はエアコン付きの車なんて最初はなくて窓全開にして、冷やしタオルなんかを顔に当てながらドライブに出かけたものです。

そう言えば最近は季節を問わず、窓を閉めて走っている車が多いですよね。

妻とは「たまには風を感たいよね」「その土地の臭いもわかって良いよね」・・・なんていう気休めを言いながら何とか現地へ到着。

子供達はまず広い公園で遊びました。以前も紹介したようにここは公園が併設されている温泉施設なので、子供連れには最適の場所。

男の子と私はサッカーで汗を流し、女の子達は滑り台やブランコなどの遊具、持ってきたシャボン玉などで遊び、天気が良かったこともあり、みんな汗びしょびしょになりました。

0608192

0608193

0608194

0608195

0608196

その後はやまなみの湯内にあるプールで1時間近く遊んでから温泉へ。

ここの温泉は赤茶けたような色のぬるめの温泉で、腰痛持ちの私にとっては天国のような場所。露天風呂やリラックスバスでゆっくりと疲れを癒し、温泉を出た後は仮眠室で1時間ほど休憩。

夕食は、やまなみの湯を出てすぐのところにある、「味楽の郷 お食事処 川」へ。

Kawa2

ここは靴を脱いであがる居酒屋風のお食事処で、お値段もお手頃、しかも美味しい!
私はざる蕎麦とミニ天丼にしましたが、父母が注文した鳥釜飯も出来たてで味もGoodでした。

Kawa1_1

帰る時には外気温も下がって、エアコンが壊れた私の車でも快適!窓を開けて走っていたので、風が気持ちよかったです。(^o^)

2時間ほどで清水の自宅へ到着。

近くのコンビニで父が買ってくれたアイスをみんなで食べて、しばらくしゃべった後就寝。1日たっぷりと楽しむことができました。

翌日は、子供達は子供会の座禅の会、父母や妹達は弟の子供達のバレエ発表会、私は空手の県強化稽古とそれぞれ用事がありました。

そして夕方17時30頃、いよいよ妹家族とのお別れ。

妹の長男は「もう帰るの・・・?」と少し寂しそうでしたが、「また会えるよ!」というみんなの言葉にうなづき、涙をこらえて帰って行きました。

この3日間は私にとっても夏休み第二弾といった感じで妹家族とも会えたし、温泉にも行ったし、心身ともに疲れを癒すことができました。

今度は逆に千葉へ遊びに行かせてもらうからね。あ、でもその前にエアコンを直さないと・・・(^_^;

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/08/19

大日山の花火大会

0608152

毎年8月15日は、妻の地元で行われる「大日山花火大会」(正式名称は?)を見るため、妻の実家で過ごしています。

静岡県でも袋井や安倍川など大きな花火大会は数多くありますが、ここの花火は別の意味で大きいんです。

というのも、妻の実家の目と鼻の先にあるグラウンドで花火が打ち上げられるため、打ち上げ音が近くの山に響いて大迫力だし、花火も家の中でも十分に大きく見える特等席で花火を楽しむことができるからです。

妻は小さい頃、あまりの怖さに花火大会が始まると布団にくるまって泣いていたそうです。猫のミーチャンも数年前までは、花火が始まると可哀想なくらいしっぽも垂れて逃げ回っていました。ただ年をとったのか、音に慣れたのか、ここ2年くらいは花火の音がしても平然としているようになりました。

花火と共に子供たちの楽しみは出店。夕方涼しくなってから出かけてみましたが、年々出店の数が少なくなって寂しい限りです。やはり人出が見込める大きな花火大会に、出店も流れてしまうんでしょうかね。

子供たちは、おじいちゃん、おばあちゃんや、おじさん達にもらった小遣いを握りしめて、金魚すくいをやったり、かき氷を美味しそうに食べていました。

0608151

(かき氷を食べて、はいポーズ)
0608153

夜は寿司をほうばり、ビールを飲みながら花火を満喫。

0608154_2

昨年の同じ頃のブログを見返すと、空手の全国大会、しずてつ電車まつり、大日山花火など、今年とほとんど同じエントリーでした。

「毎年代わり映えしないなぁ・・・」と思いつつ、こうして変わらず楽しめることも大切なのかなと思いました。

長女も来年は小学校6年生。だんだん家族といるより友達と一緒に遊ぶ方が楽しくなってくる年頃になります。そう考えると、こうして家族みんなで楽しめる時もそう
長く続かないのかもしれません。

「また今年も同じ夏休みだったなぁ」と思えることを幸せに感じて、来年の夏休みを楽しみにしたいと思います。

PS.それにしてもたった3日(しかも飛び石)の夏休みで、あまりゆっくりできなかったなぁ・・・。(^_^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/08/15

しずてつ電車まつり&焼肉

06081301

今年も行ってきました「しずてつ電車まつり」。大人も子供も一人100円でたっぷり楽しめる、我が家にとっては欠かせない夏のイベントです。

06081302

100円払うとカードを一枚ずつくれて、下記を楽しむことができます。

・金魚すくい
・ヨーヨー釣り
・キックターゲット(今年初登場!)
・ミニSL
・かき氷
・ジュース

さらに電車の洗車体験ができたり、冷房がきいた電車車両が休憩スペースになっていたりと、至れり尽くせり。毎年ここに来ていますが、年々来場者も増えているように思えます。

今年初登場のキックターゲットでは、サッカー好きの長男がはりきっていましたが、1回目は力が入りすぎて残念賞。長女と次女はしっかりと的に当てて商品をゲットしました。

そして長男は私のカードを使って2回目のリベンジ。今度は見事に的に当て、ブーメランをゲットしました。長女の2回目もこれまた的に当ててミニ扇風機をゲットしました。

(見事に決まったキックターゲット)
06081303

(ヨーヨー釣りを真剣にやる次女)
06081304

(先頭に乗れてご満悦の長男)
06081305

(3人ではいチーズ!)
06081306

(美味しかったかき氷)
06081307

次女は昨年も来ているんですが、電車に乗った記憶があまりないらしく、今年は行く時からうれしそうにはしゃいでいました。

帰りはみんなで運転席を覗きながら「速いね~」「運転手さん格好いいね」なんて言いながら楽しく帰ってきました。

06081308

安くて楽しい「しずてつ電車まつり」。来年も絶対に来よう!

夜は昨年と同様に焼肉へ。

夕方JR清水駅近くの「牛角」に行ったのですが、すでに予約などで満席。仕方がないので、少し歩いたところにある「焼肉屋さかい」へ行くことに。

焼肉といえばビール!最初から飲むつもりで妻の車で来ました。

写真は普通のカルビですが、前はメニューになかった「厚切りカルビ」が柔らかくて美味しかったですね。

06081309

ビールは最初の一杯を生中にしましたが、あっという間に飲み干してしまったので、生大を追加注文。しかも私の大好きなスーパードライ生で、焼肉とビールをたっぷりと堪能しました。

飲んで食べて、仕上げはデザート。長男は誕生日カードのハガキでプレゼントされた、スペシャルパフェ。

06081310

長女と次女はチョコレートパフェをぺろり。本当に幸せそうな顔で食べていました。(^o^)

06081311

今年は会社の夏休みが8/12~16ですが、12日と14日が出勤になってしまい、この日は合間の夏休み初日。昨年と同様のパターン(おまつり→焼肉)でしたが、親子で楽しむことができた良い一日となりました。V(^o^)V

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006/08/09

青山フル代表初選出!

いや~オシムさん、やってくれますね!エスパルスとしては本当に久しぶりのフル代表。しかもU-21で中国戦を戦ったばかりの青山を追加招集するとは!

青山を初めて生観戦したのは3/21のジェフ戦。このときのブログで、以下のような感想を書いていました。

(青山)
1対1の強さ、滞空時間の長いジャンプ、ヘディングの
打点の高さ。私としては、ジュビロの福西選手に近い
印象で、身体能力の高さが目立ちました。
このまま順調に成長すれば代表入りも夢じゃない!

おぉ~。まさに昨日のサプライズを予見するような記事。ってあちらこちらでみんな言っているんだろうな。(^o^)

何にしてもオシム監督のことだからとりあえず呼んだということはなく、現時点で見てみたい使ってみたい、そして走れる選手と評価されたということ。

今日のトリニダードトバコ戦で使われるかどうかはわからないけど、代表での密度の濃い練習や雰囲気を味わって、一回りも二回りも大きく成長して欲しいと思います。

オシムジャパンなら、枝村も藤本もこれからチャンスがありそうですね。

就任当初から精力的に動き、練習内容もオシム色を全面に出しているオシム監督。
まだまだ戦術などは浸透できるわけありませんが、オシムジャパンの船出を応援したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/04

CA無料スパイウェアスキャン

ココログのページを見ていたら、「CA無料スパイウェアスキャン」のキャンペーンがあったので、やってみた。

家庭用PCの80%はスパイウエアに感染しているとのこと。

さーて、結果は・・・

Ca_1

10個もあるじゃないですか!しかも高危険度のものが2つも・・・。

ちなみに、Spybotという別のスパイウエアツールで確認したところ、2個しか検出されませんでした。CAとの差違は何だろう・・・・?

とにかくスパイウエアは定期的にチェックしたほうが良さそうです。

詳しくは、http://blog.nospy.jp まで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/03

亀田興毅新チャンピオン!でも・・・

昨晩は日本中が注目する中、浪速の闘拳こと亀田興毅の世界タイトルマッチが行われた。

19:30からTV放映ということで、仕事があるので見るのを半分あきらめていましたが、21時頃会社帰りに携帯のTV画面をつけると何とまだ試合が始まっていないじゃないですか!

これは見るしかないと思い、家に着くまでずっと携帯でタイトルマッチを見ていました。

1ラウンドいきなりのダウンをくらい、何となく自分のペースに持って行けない亀田。相手のランダエタは追い込まれそうになると巧みに体を入れ替えたり、柔らかい体を使ってウィービングをしながら左右から的確なパンチを当てていく老獪なボクシングを展開し、終始ペースを握ります。

亀田も何度か相手を崩すパンチを当てるんですが、「ここでラッシュすれば倒せる」という場面でことごとく交わされてチャンスを逃していました。最後の2ラウンドなどは、終盤ほとんど手数も出なくなり防戦一方。誰もが亀田の判定負けだと思いました。

結果は・・・大方の予想を覆す2-1の判定勝ち。亀田興毅が見事世界初挑戦でチャンピオンになりました。

しかしその後のニュースや今朝の朝刊でも書かれているように、あの判定は不可解極まりないものでした。

ダウンをしている亀田に対し、ランダエタは大きなダメージはほとんど無い。1、11,12ラウンドはどう見ても相手のラウンド。私が見る限りは2~3ポイント差でランダエタの勝ちでした。

地方紙でさえ「日本ボクシング史上歴史に残るような不可解な判定」というボクシング関係者のコメントを載せていました。

それでも、亀田興毅選手には今はおめでとうと言いたい。

本当に大変なのはこれからだから。今までも不可解な判定で笑った選手もいれば、柔道の篠原選手のように泣いてきた選手もたくさんいる。

「チャンスにラッシュして倒せない」
「テクニックで上回る選手をどう攻略するか」
「接戦となった時、どうポイントを稼ぐか」

自分の弱点は自分が一番感じたはず。次の防衛戦が亀田興毅の真価が問われる試合だと思う。どうせなら最強の挑戦者を自ら選ぶなどして、自分を追い込んで欲しい。弱い相手ばかり選ぶなんて言われないように。

亀田選手の練習量の多さは、誰もが認めるところ。今度こそ圧倒的な強さを見せてKOで勝って欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/02

全国大会 in 有明 ~二日目~

二日目は親子型と、午後から私の個人戦。

親子型は今回で3大会連続のエントリー。一昨年は決勝進出するも8チーム中7位。
昨年は同じ道場でメダル独占の快挙となり、僅差で破れ準優勝。

ただし昨年は親子型が行われることを知らない県も多かったらしく、今年はそんなに簡単に勝てないだろうと予想していました。

親子型は午前中の早い時間に開始されるので、朝6時に起床して近くの公園でウォーミングアップ。長女、長男と一緒に、団体型で使う「観空大」を何度か合わせ、軽く
汗を流しました。

朝食を食べてバスでホテルを出発し、会場の有明コロシアムへ。

早速空手着に着替えて、試合コートで練習を始めると続々と他の親子型チームの練習を始めました。親子と言っても年齢層は様々。特に子供の年齢は小学生から高校生と幅広く、団体で型を演武するには難しい構成となっています。

今年は全国から16チームがエントリー。

8チーム毎に予選を行い、各グループで上位4チームが決勝進出というルールでした。

チームの顔ぶれを見ると、昨年エントリーしていたチームも多く、我が家同様に親子型に照準を合わせていることをひしひしと感じました。また長男は親子型出場選手中恐らく最年少でしたが、初出場だった一昨年が小学校1年生で出場していたので、その当時に比べれば大きくなったなぁと感無量でした。

予選では8チーム中1チームが棄権。7チームで4枠を争うことになりました。試合前は、「気合いだけはどこにも負けないようにしよう!」と声を掛け、3人で「観空大」を演武。

これまでになく技も切れも気合いも入り、3人の息もぴったり。演武中もかなりの手応えを感じました。そして予想を上回る高得点が出て、無事予選トップでの決勝進出となりました。

もう一方のブロックでは同じ道場のもう1チームも決勝進出し、いよいよ8チームでの決勝戦。

8チーム中静岡県のチームが5チームと、他県を圧倒。「静岡は親子で空手をやっている人が多いんですね。」と他県のチームからも驚かれていました。

私たちの演武順は5番目。

予選トップとはいえ決勝戦はまた別物。子供達にも変なプレッシャーは与えないよう、「普段通りの力を発揮すれば大丈夫。目の位置、引き手、気合いを注意しよう。特に気合いだけはどこにも負けないよう頑張ろう!」と声を掛けて決勝戦に臨みました。

4番目の岐阜のチームが私達と同じ「観空大」でここまででトップの高得点をマーク。応援している妻や道場のみんなは「やばいなぁ」と思ったようです。

しかし私は逆にチャンスと思いました。同じ型ならそれより良い演武ができれば、さらに高得点が出る可能性があるためです。

そしていよいよ決勝での「観空大」を演武。

予選に比べると多少3人の技のタイミングがずれた部分もありましたが、気合いも大きくフィニッシュの二段蹴りも決まりました。

そして得点は・・・4番手のチームをさらに上回る高得点をマークし、場内にもどよめきが起きました。

内心これで優勝が近づいたと思いましたが、最後のチームまではどうなるかわからないので、はやる気持ちを抑えて他チームの演武を見ていました。

そして最後のチームの得点が出た瞬間、ついに悲願の初優勝が決定!
3人で小さくガッツポーズをし、応援してくれた道場のみんなも大歓声を送ってくれました。

Conv0004

個人戦のタイトルとはまた違い、親子で優勝できたことが本当にうれしかったですね。その後なんと「月刊空手道」の記者からインタビューを受けるおまけ付き。ちなみに舞い上がって何をしゃべったかよく覚えていません。(^_^;)

子供達は週4回稽古をしていますが、私は週末の土曜日のみ。しかもほとんどは子供達の指導で、最後にちょっと師範に親子型を見て貰うだけ。

さすがにそれでは不安だったので、7月に入って、2回ほど日曜日に子供達と特別稽古。親子型をビデオに撮って、バラバラのタイミングの箇所を見直したりしていました。子供達も本当はプールに行ったり公園に行ったりしたかったんだろうと思いますが、よく稽古についてきてくれました。

この歳になって親子で全国優勝ができるとは思っていなかったので、本当に子供達に感謝です。来年以降も、体が動く限り、子供達が空手道を続けてくれる限り、親子型は続けていこうと思います。

午後は一般の大会が開始。

私は一般型の部にエントリーしました。昨年の大会では決勝進出前のところで、総本部の外国人に1-3の判定負でした。組合せを見ると、順当に行けば今年も決勝進出前に総本部の外国人とぶつかる組合せ。何となく昨年からの因縁を感じ
ました。

まずは初戦。型は「平安三段」でしたが、それほど緊張すること
もなく演武を行い、4-0の快勝。

そして次は予想通り相手は総本部の外国人。型は「順路初段」。この「順路型」は浅井主席師範が作った新しい型。正直まだ自分の型になっておらず、頭で少し考えながら演武しないと間違ってしまう恐れがありました。(実際に子供達の大会でも何人も途中で間違って失格していました。)

そんな中「順路初段」の演武を開始。自分でも良い調子で演武しているのを感じ、何とか間違えずに演武できていたのですが、最後の方で何と気合いの箇所を忘れてしまいました。(T_T)

そして結果は・・・1-3の判定負け。昨年のジンクスを破れないまま、またも決勝進出目前での敗退となりました。

永年空手道をやってきて、型で気合いが抜けてしまったのは今回が初めて。やっぱり頭で考えながら演武しているようでは勝てないんですよね。

とは言え、周りのみんなからも「気合いさえ忘れなければ間違いなく勝っていた」という声を聞き、後でビデオを見直すと確かに負けている内容ではなかったので、本当に悔しかったです。

40歳目前で迎える来年こそ、夢の決勝進出を目指して稽古に励み、順路型も完全に自分のものとして大会に望みたいと心に誓いました。

試合後は道場のみんなと、初日から合流していた千葉に住んでいる妹家族も一緒に、バスで東京ディズニーランドへ移動。

Conv0003

残念ながら花火は強風で中止でしたが、22:00までたっぷりとディズニーランドを満喫しました。

Conv0005

そして帰りのバスでは、缶ビールで祝杯をあげながら一路清水へ。深夜1:00頃自宅に戻りました。深夜にも関わらず父も母も起きてくれていて、親子型の優勝などを一緒に喜んでくれました。

こうして終わった今年の全国大会。

親子型優勝という最高の結果を残すことができ大満足でした。細木数子先生の占いでは、今年の私は「大殺界」で何も良いことが無いような書かれ方をしていましたが、一生の思い出に残る大会となりました。(^o^)V

ただ個人戦としては、東海北信越大会に続き自分では不満の残る負け方となりました。相手に負けたというより稽古不足で「自分に負けた」のです。

来年こそは「たられば」とならないよう、万全の準備をして悔いの残らないような試合をしたいと思います。

全国大会は毎年家族みんなで泊まりとなるので、それなりにお金も掛かりますが、お金では買えない家族の思い出をたくさん作ることができる大切なイベントです。

来年どこで開催されるか現時点ではわかりませんが、これからも毎年全国大会を目指して稽古に励み、お金を捻出して頑張っていこうと思います。(^o^

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/08/01

全国大会 in 有明 ~初日~

Conv0002

7/29(土)~30(日)で、第7回全国空手道選手権大会、全国車椅子空手道選手権大会、全国小中高空手道選手権大会が、東京の有明コロシアムで開催されました。

子供達と参加するようになって今年で3回目。次女にとっては全国デビューの大会でした。そして個人戦と共に、親子3人で演武を行う親子型に今年もエントリーしました。

Conv0001

初日は子供達の個人戦。

長女は普段以上にリラックスして力を発揮して、型で決勝進出。試合規定の関係で、県大会、東海北信越大会で使っていた得意型を使えず、全国大会前に急遽教え込んだ「観空大」を演武。

現在の自分の力は出し切りましたが、3位入賞には届きませんでした。

組手でも勢いそのままに、逆突きがさえ渡り見事ベスト8進出。型も組手も敢闘賞を受賞しました。

長女は決して器用な方ではないし、体も小さい。一時期は県の中部大会でさえも初戦敗退などを味わってきた苦しい時期もありましたが、見事努力でここまで実力をつけてきました。これからも地道な努力で頑張って欲しいと思います。

長男は型では順調に勝ち上がり、次を勝てば決勝進出のところで、岐阜の選手に惜しくも1-3で負けてしまいました。

組手では相手に技ありを先攻されるも、回し蹴りで追いつき1-1。その後も積極的に攻撃しましたが、最後は相手の上段突きが決まり1-2で惜敗。残念ながら初戦敗退となってしまいました。

でも試合が終わった後、特にお母さんの前ではいつもなら落ち込んだりすねたりするのに、「次の試合はいつ?」と聞いている姿を見て、成長を感じるとともに、その気持ちを持っていればまた強くなれると思いました。

次女にとっては全国大会初参戦。

東海北信越大会の時のように会場の雰囲気に飲まれないことを祈りましたが、今回は何とか大丈夫でした。(^_^;)

幼年の部は、人数が13名と少ないこともあり、型はいきなり決勝。一発勝負で順位を決める採点方式で行われました。

緊張しているようでしたが、何とか泣かずに気合いも大きく演武して、結果はぎりぎりの8位。見事敢闘賞を受賞しました。

組手では1回戦を無難に勝ち抜き、次を勝てばベスト4。相手は次女より体が大きい緑帯の男の子。やる前は「勝つのはちょっと難しいかな」と思っていましたが、相手の子も緊張したのかミスを連発し、次女も首をかしげながらつられるように1箇所ミスをしたものの、審判協議の結果、ミスの数が少ない次女が勝ち、見事ベスト4進出。

妻曰く「あの娘が勝っちゃったよ」と周りの人も笑っていたようです。(^o^)

準決勝では格上の選手に敗れたものの、誰も予想できなかった3位入賞。最初の全国大会で銅メダルを見事獲得しました。

大会初日を終え、長女が敢闘賞を二つ、次女が第3位と好結果を残すことができました。

夜は会場からバスで10分くらいのところにある晴海グランドホテルへ。近くの晴海トリトンスクエア内にあるお蕎麦屋さんで生ビール2杯とざる蕎麦を平らげ、コンビニで飲み物とアイスを買ってホテルに戻りました。

シャワーを浴びた後、子供達は久しぶりのお泊まりでうれしそうにはしゃいでいましたが、アイスを食べてしばらくすると試合の疲れもあってか、すぐに眠りにつきました。

二日目はいよいよ親子型と私の個人戦です。

果たして結果は・・・(続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »