« 悪夢の逆転負け・・・ | トップページ | 悔しいけどこれが日本の実力 »

2006/06/20

遠かったゴール

負ければ一次リーグ敗退が決まるクロアチア戦。試合前は「勝つしかない」と選手も監督も世論も盛り上がっていましたが、結局0-0のスコアレスドロー。

今大会初の勝ち点1は獲得したものの、王者ブラジル戦で2点差以上で勝ち、クロアチアがオーストラリアに引き分けるか勝たなければ、日本の決勝トーナメント進出は無いという厳しい状況になりました。

 確かにオーストラリア戦よりは動きも良かった。
 中盤の連動性も前半は良かった。
 川口もPKを奇跡的に止めた。
 ミドルシュートも積極的に打っていた。
 ジーコ監督の選手交代も早かった。

しかし・・・結果が全てである。

2試合消化して、得点は俊輔のラッキーなゴールのみ。相変わらずFWの決定力不足は深刻。後半の決定的チャンスも、当てるだけでゴールなのに柳沢が右足甲に当てて外し万事休す。

冷静に見れば現在の日本チームの戦力ではブラジルには勝てない。それなら巻や玉田を先発で使うなど、思い切った策をジーコには打って欲しい。

ワールドカップ前に巻の情報は他のチームが捉えきれていないから秘密兵器だ!・・・と言っていたのに、使わなければ意味が無い。

それでも、ブラジル戦はTVで生観戦しようと思う。奇跡が起きない限り決勝トーナメント進出は難しいが、選手も監督もサポーターも最後まで心を一つにして奇跡を信じたい。

奇跡を起こせ、ジーコジャパン!

|

« 悪夢の逆転負け・・・ | トップページ | 悔しいけどこれが日本の実力 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66582/10602753

この記事へのトラックバック一覧です: 遠かったゴール:

« 悪夢の逆転負け・・・ | トップページ | 悔しいけどこれが日本の実力 »