« 悔しいけどこれが日本の実力 | トップページ | 初めてのワンカップ »

2006/06/26

第7回東海北信越地区空手道選手権大会

060625

昨日は、福井県で第7回東海北信越地区空手道選手権
大会が開催されました。
朝3時に起きて、4時には道場のみんなでバスで出発。
朝早いので道場の子供達は当然寝ていくと思ったのです
が、とんでもない!みんなでトランプを始めて朝から大騒ぎ。
うるさいなぁと思いつつ、私はどこでもすぐに眠れるたち
なので、あっという間に眠りにつき、行きのほとんどの
時間を寝ていました。

4時間くらい掛けて8時過ぎには、会場の敦賀市総合運動
公園体育館に到着。

ウォーミングアップもそこそこに開会式が始まり、あっと
いう間に試合が開始しました。

次女は、東海北信越大会のデビュー戦。
朝試合会場に着いた途端に、広い会場と雰囲気に飲まれて
試合会場に降りるのも一苦労。半ベソをかきながら準備運動
をしていました。試合に出場できるかな・・・と心配していました
が、開会式が終わる頃には機嫌も直り、何とか試合に臨み
ました。
型の部では、途中で型を1箇所間違えながらも、相手の子は
もっとひどい状態となってしまい、何とか初戦突破。
2回戦は、残念ながら相手の子が力強い演武をしてストレート
負けでした。本人はよほど悔しかったのか、泣きながら帰って
きました。試合に負けて悔しがる気持ちを持ったのは一つ
成長ですね。
組手の部でも、1回戦は突破したものの、2回戦で破れました
が、型の時以上にリラックスして大きい気合いも出ていました。
全国大会に向けては、技一つ一つの力強さが最大の課題。

長男は、型の部で勝ち進み決勝進出。そして得意型の「観空大」
を演武。力強さが少し足りなかったものの、見事第3位入賞。
組手の部では2回戦をストレート勝ちしたものの、3回戦で
スピードのある岐阜県の選手に敗れてしまいました。
全国大会に向けては、型の力強さを出すこと、組手では
相手のプレッシャーに負けない勝てる技を身につけること
が課題。

長女は、型の部で勝ち進み決勝の8人に残り、得意型
の「慈陰」を演武。4~5位の惜しい点数でした。
組手の部では残念ながら1回戦負け。
全国大会に向けては、型・組手ともスピードと切れを身に
つけることが課題。

そして私は、トーナメントの組合せがよく決勝へ進出。
得意型の「五十四歩小」を演武。稽古不足ながら無難に
まとめて、いよいよ最後のフィニッシュというところで、何と
マットに足が突っかかりぐらついてしまいました。(T_T)
結果は第3位と0.1点差の第4位。私の演武を見ていた
師範も、「あそこでぐらつかなかったら優勝だったな・・・」
と後で言ってくれました。

スポーツや武道で「たられば」はつきものですが、今回は
本当にそのことを実感しました。
レベルは違うけど、オーストラリア戦の日本代表も、きっと
「あの時あと数分耐えていれば・・・」と何度も思ったに違い
ありません。

でもマットに突っかかったのも足腰がもう限界状態だった
ため。やっぱり普段の稽古不足が原因だと思います。
結局、負けるということは、それが現在の実力なんですね。

全国大会に向けては、やはり足腰を鍛えることが私の課題。
稽古不足を補うには、走り込みやスクワットなどをやるしか
ないですね。全国大会まで約1ヶ月。やれる範囲で後悔の
ないように準備をしたいと思います。

帰りはバスの中で後輩達とビールを飲みながら、途中夕食
を取って、5時間くらい掛けて清水へ到着。
子供達も疲れたのか、風呂に入った後すぐに寝てしまいました。

全国大会まで1ヶ月。今年も親子型に出場予定なので、体調
を整えて、良い準備をして望みたいと思います。

|

« 悔しいけどこれが日本の実力 | トップページ | 初めてのワンカップ »

コメント

全国大会では「たられば」にならないよう、稽古をしたい
と思います。
それにしても「たられば」から「ニラレバ」「レバニラ」
を連想するとは流石ですね。(笑)
たぶん「レバニラ」が正解じゃないでしょうか。

投稿: バルサ | 2006/07/03 12:57

そうですね。勝負は結果がでるまでは「わからない」ので緊張し、残念な結果がでると「たられば」の思いになりますね。次回は思い通りの結果になることを祈念しています。
ところで「たられば」を見ると、「ニラレバ」なのか「レバニラ」なのか?気になりました。乾杯!

投稿: ミナトクニセキ | 2006/07/02 00:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66582/10690030

この記事へのトラックバック一覧です: 第7回東海北信越地区空手道選手権大会:

« 悔しいけどこれが日本の実力 | トップページ | 初めてのワンカップ »