« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006/05/30

第7回静岡県空手道選手権大会

060528

一昨日は、今年初の公式戦、NPO法人日本空手松涛
連盟の第7回静岡県空手道選手権大会が開催されま
した。
今大会は、次女にとっては実質のデビュー戦。昨年も
小さい大会はいくつか出場しましたが、公式戦として
は今回が最初。どこまで出来るのか楽しみでもあり不
安でもありました。
そして私は、2月に左足が肉離れになってから、完治
せず、ほとんど稽古もできないまま、不安な状況で当
日を迎えました。

まずは次女のデビュー戦から。幼年の部は、みんな体
が小さくて可愛いのですが、その中でも次女は一番の
おチビさん。川根の試合では、緊張の余り泣き出して
試合放棄してしまったこともあって、本番前はどうか
なと心配していました。
しかしそんな心配はよそに、次女は緊張もせず堂々と
型を演武。気合いも大きい声で出来ました。決勝では
予想以上の高得点を取り、見事初優勝!
午後の組手でも勢いそのままに、あれよあれよと決勝
へ進出。決勝戦では男の子に僅差で破れたものの、
見事準優勝。デビュー戦としては申し分ない大活躍
でした。
わずか半年前は右も左もわからないような状態だった
のに、よくここまで出来るようになったなぁ。
よく面倒を見てくれた師範とI先生に大感謝です。

長男は、得意型を昨年までの「慈恩(ジオン)」から
「観空大(カンクウダイ)」に変えての初公式戦。
予選を順当に勝ち抜き決勝進出。「観空大」をまだま
だ自分の型にできておらず、一つ一つの技の迫力不足
などはありましたが、無難にまとめて見事準優勝。
組手は今年から自由組手となり、2回戦は突破したも
のの3回戦でこの日の優勝者に悔しい完敗。
今後に向けて、「絶対に負けないぞ」という強い気持
ちを持つことを課題に稽古しようと誓いました。

長女も、得意型を昨年までの「慈恩(ジオン)」から
「慈隕 (ジイン)」に変えての初公式戦。この型は、
師範自らが長女にぴったりの型だと教え込んでくれた
もの。道場で、慈隕を演武するのは長女ただ1人とい
うこともあって、どのような結果が出るのか楽しみに
していました。予選を勝ち抜きいよいよ決勝。
少しスピードや技の切れが物足りない部分はありまし
たが、堂々と演武し見事第三位。
また昨年までほとんど勝てなかった組手でも、フット
ワークを使って、見事ベスト8進出で敢闘賞を受賞し
ました。

最後に私ですが、土曜日は胃腸炎気味の腹痛で
夜中に何度も目が覚めるような体調で、夜急遽弟
に鍼灸治療を施して貰って何とか当日を迎えました。
案の上、ウォーミングアップの時から体が重く、腰痛
と肉離れの影響で普段から硬い体がさらに硬い最悪
のコンディション。とにかく集中力だけは途切れさせな
いよう体を軽く動かして試合に臨みました。
予選型が得意の平安五段だったこともあり、思ったよ
り体が動き決勝進出。決勝では8人の最後の演武者で
した。演武する型は長い間得意型としてやってきてい
る「五十四歩小(ゴジュウシホショウ)」。
稽古量が少ない分、2年前の県大会で優勝した時の
ビデオを見たりしてイメージトレーニングをしてきたので、
体は動かないながらも、頭の中では好調時のイメージを
持って演武を行いました。そして結果は第三位。
昨年は決勝進出したものの三位以内には食い込めな
かったので、うれしい入賞となりました。

今大会は、親子4人揃って全員入賞という記念すべき
大会となりました。子供達は稽古をすればまだまだこ
れから入賞する可能性がありますが、私はどんどん衰える
一方。もしかしたら親子揃っての入賞はこれが最後かも
しれませんね。

6月末には東海北信越大会、7月末には全国大会を控
えているので、肉離れの完治も含めて体調を整え、子供達
共々新たな気持ちで稽古に取り組みたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/22

新しい道着

Karategi

幼稚園の頃から空手道を始めて30年以上。
社会人になってからは稽古量も激減して、週に1回
道場へ行けるかどうかですが、空手着を着るとやはり
心身ともにぴっと引き締まります。

空手家は空手着のことを、「どうぎ」と呼びます。
漢字で書くと、「道衣」、「道着」、「胴着」などいろいろ
説がありますが、実際にはどれが正しいのかな?
私の中では、「道着」だと思っていますが。

先日10年以上ぶりに道着を新調しました。
空手着もピンからキリまであり、5000円程度で買えるもの
から数万円以上もするものもあります。
大学時代から気に入って使っている守礼堂のSP-1000
は、約2万円と値段も高めの道着ですが、着心地が良く、
洗濯してもごわごわになったり、しわなどにならないため
愛用しています。

注文してから2週間以上。ある日家に帰ったら新しい道着
が部屋にありました。
まだ夕食前でお風呂も入っていないのに、待ちきれなくて
すぐに着てしまいました。(^o^)

どんな服を買ってもこんなに喜ぶことはないのに、道着
だけは特別なんですね。
ふと、子供の頃に町内のソフトボールで初めてユニ
フォームを手渡された時、凄く嬉しかったことを思い出
しました。

県大会まで1週間を切り、肉離れの影響でほとんど稽古
もできていない不安な状況ですが、この新しい道着で
現在の自分の力を精一杯出したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/18

バルサ ビッグイヤー獲得!

現在世界で最も魅力的なサッカーをしているバルセロナが
実に14年ぶり2度目のヨーロッパチャンピオンになりました。

私がブログでバルサを名乗っているのも、もちろんバルセロナ
が好きだから。ロナウジーニョが来てからのバルサは、実力も
人気も間違いなく世界一のクラブチームになりましたね。

今朝は3時35分からのTV放映だったのでビデオ録画でしたが
頭の中で気になっていたのか、5時頃ぱっと目が覚めて後半
途中からTV観戦。

10人のアーセナルが1-0のまま守りを固めて膠着状態
が続いていましたが、ついに後半31分。ラーションからの
エンジェルパスを受けたエトーが、キーパーとゴールポスト
のニアサイドを狙い澄まして同点ゴール!

あの狭いスペースへの難しいゴールをいとも簡単に決めて
しまう、あの決定力は何なんだろう!
日本のFWにエトーみたいな選手がいれば楽なのになぁ。

勢いづくバルサは4分後にまたもラーションからのパスを
DFベレッティが勝ち越しゴール!

その後はバルサが余裕の試合運びで、そのままタイム
アップ。
バルサファンの私としては、一番美味しい時間帯を
TV観戦できて最高でした!(^o^)V

これで、年末のFIFAクラブワールドチャンピオンシップ
が楽しみですね。
人気のバルサが来日となれば、チケット争奪戦が
凄そう・・・。

目前に迫ったワールドカップでも、大好きなロナウジーニョ
が大暴れしてくれることを期待します。
あっ、でも日本戦だけは活躍されちゃ困るけど。(^_^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/05/11

感情のコントロール

仕事柄、毎日のように様々な人と直接会ったり、お電話
で話す機会があります。
お客様、取引先、上司、同僚、部下・・・等、男性女性を
問わず様々な年齢層の方がいます。

私は本当はすごく短気なんですが、仕事上など表面的
には気が長い方なので、例えば相手が怒っていたとし
ても、自分の頭の中はクールにして対応できる方だと
思っています。

しかし時には、どんなに気長にお話をしてもご自分の感情
のみをむき出しにして、相手のお話は全く聞き入れない方
がいます。

怒りや恨みというのは、人間の感情の中では一番激しく
そして怖いものです。
ずっと怒り続けるというのは、相当パワーも使いますし
自分の心身にも相当ダメージがあります。

会話というのはお互いの言葉や心のキャッチボールが
できて初めて成り立つものです。
一方が全く耳を塞いでしまったら、会話は成立しません。

私は無表情・無感情な人より、喜怒哀楽をよく表す人
の方が人間的で好きです。

しかし相手の気持ちを全く無視して怒り続けるような
人や、一つのことをずっと恨んでいるような人は大嫌い
です。

そんな人と出会うたび、「他人のふり見て我がふり直せ」
と心の中でつぶやいています。

先日、ふとした時に母にこう言われました。
「あんたは昔から家族や親しい人にはぶっきらぼうに言う
癖があるから気をつけなさいよ。人というのは言葉一つ
でその人のことを判断してしまう場合があるからね。本当
は優しいところもたくさんあるのに、伝わらないともったい
ないよ。」

母の言葉がやけに心に響きました。
この歳になってもこうして言ってくれる母親に感謝しつつ、
人と接する時には自分の精神状態がどうであれ、言葉や
表情には気をつけたいと思いました。

そしてどんな時でも「他人を許せる」心を持って、人と
接していきたいと思います。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006/05/04

千葉に行ってきました

060503

昨日は、4月1日に千葉に引っ越していった妹家族
の家にみんなで遊びに行ってきました。

GW後半の開始日ということで渋滞覚悟での千葉
遠征でしたが、朝6時に出たこともありそれほど
ひどい渋滞にも巻き込まれず、途中朝食やトイレ
休憩もゆっくり取りながら、11時半前には現地
に到着。
すでに新居のマンションの前で、家族みんなで
待ってくれていました。

私達の家族8人+弟家族5人の13人でお邪魔
しましたが、部屋数も多くリビングも広くてゆっくり
することができました。

妹がゆでてくれた蕎麦と出前寿司で昼食を取り、
子供達が外で遊びたいということで、近くの公園へ。

このあたりは中山競馬場のすぐ近くで、閑静な
住宅街。公園は遊具がぶらんこ、滑り台とちょっと
した幼児用の遊具しかない小さいところでしたが、
子供達はサッカーやドッチボール、追いかけっこを
したりして、汗をかいて楽しそうに遊んでいました。

その後は、近くの日帰り温泉「楽天地天然温泉
法典の湯
」へ移動。
この温泉の特徴は、今では数少なくなった「源泉
かけ流し温泉」があること。
「源泉かけ流し」は湧き出したお湯を循環、ろ過等
手を加えることなく源泉浴槽に供給する方式で、
「源泉風呂」は顔とかにつくと少しぴりぴりするくらい
濃い温泉でした。
その他にも「炭酸泉」や「よもぎスチームサウナ」、
「露天岩風呂」などの温泉があり、一時間くらい
ゆっくり疲れを癒すことができました。

そして、入浴後にみんなで施設内の「まんぷく庵」
で夕食を取りました。
私と弟は運転手だったので断念しましたが、父と妹
の旦那が生ビールを飲んでいたのが、非常に羨まし
かったです。(^_^;)

マンションに戻り、運転手である私と弟は少し仮眠を
取りました。
子供達は一日中一緒にいるのに、飽きずにずっと
部屋で仲良く遊んでいました。どこに連れて行くより、
みんなでいることが本当に嬉しいんですね。

20時過ぎにはいよいよお別れ。楽しい時間はあっと
いう間に過ぎるものですね。
妹の長女はみんなが帰ってしまうことが悲しくなって、
「私も一緒に帰る~」と大泣きしていました。

帰りは首都高速が途中渋滞しましたが、渋谷3号線
から先はスムーズに流れて、0時前には帰宅。
子供達は歯を磨いてバタンキューで寝てしまいました。

妹家族に今度会えるのは、東京で開催される空手道の
全国大会かな。また笑って元気に会おうね!(^o^)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/05/02

冷凍マンモス見てきた!

0604305

先日の日曜日に、愛・地球博で展示され話題になった
「冷凍マンモス」を見てきました。

世間では大型GWに突入して、私たちもたまには遠くへ
出かけようと思っていたところ、妻のリクエストで豊橋総
合動植物公園に「冷凍マンモス」を見に行くことに急遽
決まりました。

豊橋総合動植物公園は何度か行ったことがありますが、その
名の通り、動物園、植物園、遊園地が園内にある広い公園
のような場所です。

園内には写真のような大きな恐竜のモニュメントもたくさん
あって、子供達もお気に入りの場所です。

0604301

通常の動物園より広めの草原に、キリンやシマウマ
などを放牧していて、動物たちもリラックスしています。

0604302

この日は天気も良く半袖一枚で十分な陽気。
ペンギンも気持ちよさそうに泳いでいました。

0604304

そしていよいよ「冷凍マンモス」の展示。
入り口では「110分待ち」の表示があり少し迷いましたが、
これを見るために来たので、仕方なく待つことに。
子供達とアフリカ園に行っている間に妻に並んでもらって
いましたが、意外に早く展示場の入り口へ。
ディズニーランド等と違って係員が前へ詰めて並べて
いるわけではなく、だらだらと間隔が空いていたこともあり、
結局1時間くらいで入ることができました。

中に入るとマンモスの歴史や、牙や歯、複製などが展示
され、子供達も興味津々で見ていました。

0604306

そしていよいよ、「冷凍マンモス」の展示室へ。
ここだけは何故か撮影禁止のため、残念ながら写真は
ありませんが、冷凍された本物のマンモスの顔を見る
ことができました。
冷凍になっているからなのかわかりませんが、意外に
目が小さくて可愛かったです。

それにしても展示の目玉である「冷凍マンモス」が何故
撮影禁止なんでしょうか?
写真を許可すると混雑するから?
撮影した写真を悪用する人がいるから?
それとも・・・?

展示会場には、常設で下記のような恐竜の大きな
模型もいくつもあり、子供達も喜んでいました。

0604307

園内には遊園地もあって、ジェットコースターや
ゴーカートも楽しめます。

0604308

植物園も様々な植物や花を観賞できて良いですよ。

0604309

帰りには、浜松の日帰り温泉「八扇乃湯」に寄りました。
「八扇乃湯」はそれほどお風呂の種類は多くありませんが、
日本トップクラスのマグネシウム含有量を誇る温泉で、
広い露天風呂もあり、疲れを癒すことができました。
もう夕方だったので施設内の食堂で夕食を食べてから
静岡への帰途につきました。

一日中たっぷり遊んで疲れましたが、久々の遠出を
家族みんなで楽しむことができました。(^o^)

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »