« ようやくゲット!V(^o^)V | トップページ | 脳年齢の結果は・・・? »

2006/04/09

久々の快勝!?

0604091

J1リーグ第7節、大分トリニータ戦を長男と観戦に行って来ました。

開幕3連勝で一時は2位にまで上がったエスパルスでしたが、その後3連敗で五分の星。今シーズン目標のトップ5に入るためにも、そろそろ連敗は止めなければなりませんでした。

しかし相手の大分とは相性が悪く、リーグ戦では2分4敗と勝ち星なし。しかも昨年はアウェーで0-5で破れている苦い思い出が・・・。

13時ということで、ぽかぽかと暖かい陽気の中キックオフ。

0604095

序盤から何度と無くエスパルスがチャンスを掴み、中盤の連動性もここ数試合より良く思えました。

そんな中、藤本選手が技ありのループシュートで先制!試合毎に大胆不敵なプレーが増え、久々にエスパからの代表入りを期待させるようなルーキーですね。これからも失敗を恐れず、どんどん相手に仕掛けていって欲しいです。

さらにコーナーキックからチョジェジンがヘッドで決めて2-0で前半を終了。

後半に入ってもエスパの攻勢は続き、チョジェジンの2点目で引き離し、今シーズンなかなか点が取れず、今日の試合でも大事なところで外していたマルキーニョスも決めて4-0。

今日に限って言えば、決定力不足はどこへやら・・・といった楽勝ペースでした。

効いていたのは、テルの運動量と読み、ジェジンのポストプレー。そして、藤本、兵藤、枝村など若手の思いきった仕掛けとプレーが良いリズムを生み出していました。

0604094
(藤本選手のFK)

しかしながら4-0になってからがまずかった。

この前のガンバ戦の反省なのか、途中から全く攻める気がなく良いところでインターセプトしても無意味にボールを大きく前へ蹴るだけ。チーム全体が引き気味になって「まずいなぁ・・・」と思っていたら、案の定高松に一点を返され4-1。

試合はそのままタイプアップして、結果だけを見れば快勝でした。

連敗も止め久々の大量得点で嬉しいはずなのに、最後の1点が余分でした。

トップ5を目指すなら、4-0であってもボールをキープして自分達のペースを保ちながら試合終了までやってほしかった。あの頃は強すぎて大嫌いだったけど、2強時代のジュビロなんか、どんなに大差であっても中盤でダイレクトパスを何本も通して相手にボールを触らせずに、相手チームに「強い・・・」とうんざりさせるようなサッカーをやっていました。

まだまだ発展途上だと思いますが、相手を呆れさせるほどの強さを目指して、これからも頑張って欲しいと思います。

|

« ようやくゲット!V(^o^)V | トップページ | 脳年齢の結果は・・・? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66582/9509632

この記事へのトラックバック一覧です: 久々の快勝!?:

« ようやくゲット!V(^o^)V | トップページ | 脳年齢の結果は・・・? »