« 頑張りました | トップページ | 来年の運勢は・・・? »

2005/12/12

ハリーポッターと炎のゴブレット

harry

昨日、家族で映画「ハリーポッターと炎のゴブレット」を観てきました。

ハリーポッターシリーズの映画も4作目。1、2作目は社会現象になるくらいみんな騒いでいたのですが、私的にちょっと乗り遅れたため映画を観ににいこうとは思いませんでした。

映画館に観に行ったのは3作目の「ハリーポッターとアズカバンの囚人」が最初。長女がどうしても映画館で観たいと言ったのがきっかけでしたが、自宅のTVで見るのとは迫力が大違い!その時点で4作目も映画館に行こうと心に決めてました。

MOVIX清水に開演の40分前くらいには着いたのですが、すでに人人人!家族で映画館に行くときは、混雑を避けるためいつも初演時間に合わせて行くのですが、日本語吹き替え版はすでに残席数が少ないとのアナウンスが。

何とか満席前にはチケットを買えたのですが、空いている席は前から3列まで。やむを得ず3列目の中央くらいを取りました。

映画館がこんなに混んでいたのは、古いけどET以来かな。あの時は静岡の映画館で、やはり前から2列目くらいで見上げて観ていました。確か立ち見の人もいたな。

最近はMOVIXのように座席指定のところが多いので、立ち見自体ができない映画館も多いのでしょうね。

今回の目玉は、三大魔法学校対抗試合とヴォルデモートがついに姿を現すところ。細かい内容には触れませんが、これまでの3作で謎となっていた部分も少しずつ解明されます。

でもそれとは別に、ハリー、ロン、ハーマイオニーのそれぞれの思春期の悩みが別のテーマかな。3人とも1作目とは別人のように大きくなって、顔つきも仕草も大人っぽくなってきました。

ハリーポッターシリーズがこれだけ人気があるのは、魔法というあり得ない世界でありながら、どこでもありがちな学校生活での喜び、悲しみ、悩み、そして何よりも大切な「友情」がテーマとして一貫してあるからだと思います。マルフォイのような天敵というか嫌な奴も学校に1人くらいいますよね。

子供達も約3時間という長時間ながら飽きずに楽しんで観ていたようです。原作本はすでに5作目が発売されていますし、次回の映画も絶対に映画館に観に行こう!

|

« 頑張りました | トップページ | 来年の運勢は・・・? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66582/7582085

この記事へのトラックバック一覧です: ハリーポッターと炎のゴブレット:

« 頑張りました | トップページ | 来年の運勢は・・・? »