« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005/12/31

やっと終わった・・・

現在、12時15分。年賀状やっと終わりました。

確か昨年も同じようなことやっていたような気が・・・。(来年早々、元旦に届きませんがご了承ください。)

来年こそは11月までに住所録整理と裏面印刷を終わって、クリスマス前には投函したいなぁ・・・。

来年の目標(小さいけど)が一つ決まりました。(^_^;)

ちなみに、父も今年賀状書いてます。追い込まれないとやらないのは、血かなぁ?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

終わらない・・・

年賀状、宛名と裏面印刷までは終わったけど、一言ずつ書くのが終わらない・・・。(現在、午前3時49分)

今日(昨晩)終わらそうと思ったけど、もう眠気が限界。あと100枚くらいかな。誤字脱字も多くなってきたので、そろそろ寝ます。

おやすみなさい・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/28

ファミリークリスマス

昨年に引き続き、12/25に我が家でファミリークリスマスを行いました。

私は5人兄弟の長男。兄弟がそれぞれ子供達を連れてきて、大人9人、子供9人が集まり賑やかなクリスマスとなりました。

昼間は小学校に行ってサッカーをしたり、ボードゲームで盛り上がったりして、恒例のケーキ作りへ。

今年で3回目くらいですが、ケーキスポンジを買ってきて後は子供達が生クリームやイチゴ、チョコレートを自由にトッピングします。子供達も大きくなってきて年々きれいに仕上がるようになってきました。味も手作りケーキならではの味わいがあって美味しかったです。

051225-3

そしてクライマックスは、見習いサンタとトナカイの登場!

051225-1

以前は大人がサンタに変装して「見習いサンタ」として登場し、子供達にプレゼントをあげていましたが、さすがに変装がばれる年頃になってきたので、子供達が順番にサンタ役をやることにしました。

今年は弟の子供がサンタとトナカイ役となり、みんなにプレゼントをあげました。真っ赤なお鼻のトナカイを歌って、見習いサンタとトナカイを見送りました。

051225-2

それにしても、今年はプレゼントづくしでした。

25日の朝には本物のサンタから、クリスマスパーティーでは見習いサンタ、おばあちゃん、弟夫婦からと、全部で4つもプレゼントをもらったのです。あぁ・・・子供はいいなぁ・・・とちょっと羨ましく思いました。(^o^)

こうやってファミリーで集まれるのも子供が小さい時だけなので、できる限りこのファミリークリスマスを続けていきたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/12/21

今年最後の空手道大会

karate051218

この前の日曜日に今年最後の空手道大会がありました。

大会とは言っても通っている道場の少年団大会ですが、今回で第30回を迎える歴史ある大会です。

実際には第1・2回は一般の部のみで、少年団大会としては28回目とのことですが、それでも当時大会に出ていた子供が10歳くらいだとしても、今は40歳手前!今更ながら師範が長い間空手道の指導に精力を傾けてきたことを感じます。一体教え子って累計で何人くらいいるんだろう?

そんな歴史を感じつつ大会に臨みました。

私は親子型の演武と審判。子供たちはそれぞれ型と組手の試合に出場しました。

中でも注目は、川根の大会以来の次女の試合。

先日昇級審査で成長したところを見せたとは言え、試合となると独特の雰囲気があり、また緊張して泣き出さないといいなと思っていました。

午前中は型の試合。人数が少ないこともあり、予選型、決勝型をそれぞれ得点を出して、その合計点で順位を決めます。昇級審査では蹴り技を途中で1本抜いたりしていましたが、予選型・決勝型とも何とか間違えずに演武できました。結果は、3位と僅差の4位。次女としては上出来のスタートでした。

午後は組手の試合。1回戦で1年生の男の子とあたり負けてしまいましたが、敗者復活戦で勝利して3位決定戦へ。3位決定戦でも年長の男の子に負けて4位。しかし元々人数が少なかったこともあり、3位と同じ扱いとなり賞状も3位、立派な楯(?)ももらうことできました。(何てラッキー!)その後行われた団体戦も出場して一日フル稼働で頑張りました。

長女は組手で初の3位獲得。団体戦の組手でも同級生の男の子に勝って観客の大きな声援を浴び大活躍でした。

長男は組手で優勝。普段の実力からすると、この日はあまり調子があがらない状態でしたが、よく頑張りました。

こうして今年最後の空手道大会が終了しました。

3人とも入賞という最高の結果を得ることができ、子供たちも満足そうでした。夜は一般の部で忘年会。一年の労をねぎらいながら楽しい酒を酌み交わしました。

親子で空手道をできる幸せを感じつつ、来年もこうして頑張っていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/20

フィギアスケートの年齢制限

先日のフィギアスケートGPファイナルで、15歳の浅田真央選手が見事優勝した。ショートプログラム1位、フリー1位、しかも世界王者のスルツカヤ選手を破っての文句なしの優勝。誰が見ても現時点で世界NO.1の演技でした。しかしトリノオリンピックには年齢制限で出場できないという。

低年齢の段階で過酷なトレーニングなどをして故障を防ぐなどのためと言っているが、そもそも年齢が低い=練習できる年数が短い、表現力が乏しい、体力がない・・・と逆にデメリットの方が多いのではないか。

サッカーの場合は、ワールドカップとの差別化のために、逆に23歳以下の選手に限って出場としている。(オーバーエイジ枠は除く)

すでにGPで連戦している浅田選手に、「低年齢の過酷なトレーニング・・・」という理由は通用しない。若いから4年後まだチャンスがあるという人もいるが、4年後にトップでいられる保証は全くない。

ISUのチンクアンタ会長は「個人的には浅田を五輪で見たい」と話したが、「規則は規則だ」と特例を認めない方針を貫き通した・・・とのことだが、規則は人が作った物だから、人が変えることもできるはずだ。

小泉首相も浅田選手に同情していたようだが、同情だけでなくこういう時こそトップダウンで特例を認めさせるよう、国をあげて関係者を巻き込み動くべきだ。

オリンピックは協会のものでも、選手のものでもない。世界中の人々が一流のトップアスリートの競演を楽しむた権利もあるはずだ。

障害は多いが、浅田選手のトリノオリンピックへの出場を是非実現してもらいたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/16

来年の運勢は・・・?

師走に入り、そろそろ来年の運勢が気になる季節になってきました。

先日、職場のスタッフの何人かが、昼休みに「六星占術」の本を見て、何やら盛り上がっていました。そう、今と時めく?細木数子先生の本です。

スタッフに話しを聞くと生年月日から運命星が決まって、その年だけでなく過去や未来までがわかるとのこと。本当かなぁ・・・と思いつつ、その日の帰りには書店で購入していました。

調べたところ、私の運命星は「土星(-)」。さて来年の運勢は・・・「大殺界」・・・。

本によると、「大殺界の時期というのは、その人の運命のエネルギーが大幅に低下します。すると全ての面にわたってギクシャクしてきます・・・要するに自分が本来持っているエネルギーが失われているのですから、自分の良さがほとんど姿を消してしまうのです・・・」

読んでも読んでも悪いことばかり(T_T)。しかも大殺界からの3年間は「陰影」「停止」「減退」という12年の運命周期で最も悪い時期らしいのです。

あぁ・・・こんなことなら本なんか買うんじゃなかった・・・と思いつつ、「ま、所詮占いなんて当たらないよ」と自分に言い聞かせてます。(^_^;)

実際にはその年の運勢だけでなく、月毎、日毎、さらに過去の年まで運命周期に基づいて見ることができます。

私が転職した年を見ると、「達成」。「文字どおり、自分の望みがかない、目的が達成されるという強運気です。」おぉ・・・最高の運気の時に転職していたんですね。・・・何て過去のことまで振り返られて、薄い本ながら結構楽しめます。

来年からはちょっと運勢が悪そうですが、こういう時こそ健康に留意して、ポジティブな気持ちで頑張っていきたい思います。

| | コメント (7) | トラックバック (1)

2005/12/12

ハリーポッターと炎のゴブレット

harry

昨日、家族で映画「ハリーポッターと炎のゴブレット」を観てきました。

ハリーポッターシリーズの映画も4作目。1、2作目は社会現象になるくらいみんな騒いでいたのですが、私的にちょっと乗り遅れたため映画を観ににいこうとは思いませんでした。

映画館に観に行ったのは3作目の「ハリーポッターとアズカバンの囚人」が最初。長女がどうしても映画館で観たいと言ったのがきっかけでしたが、自宅のTVで見るのとは迫力が大違い!その時点で4作目も映画館に行こうと心に決めてました。

MOVIX清水に開演の40分前くらいには着いたのですが、すでに人人人!家族で映画館に行くときは、混雑を避けるためいつも初演時間に合わせて行くのですが、日本語吹き替え版はすでに残席数が少ないとのアナウンスが。

何とか満席前にはチケットを買えたのですが、空いている席は前から3列まで。やむを得ず3列目の中央くらいを取りました。

映画館がこんなに混んでいたのは、古いけどET以来かな。あの時は静岡の映画館で、やはり前から2列目くらいで見上げて観ていました。確か立ち見の人もいたな。

最近はMOVIXのように座席指定のところが多いので、立ち見自体ができない映画館も多いのでしょうね。

今回の目玉は、三大魔法学校対抗試合とヴォルデモートがついに姿を現すところ。細かい内容には触れませんが、これまでの3作で謎となっていた部分も少しずつ解明されます。

でもそれとは別に、ハリー、ロン、ハーマイオニーのそれぞれの思春期の悩みが別のテーマかな。3人とも1作目とは別人のように大きくなって、顔つきも仕草も大人っぽくなってきました。

ハリーポッターシリーズがこれだけ人気があるのは、魔法というあり得ない世界でありながら、どこでもありがちな学校生活での喜び、悲しみ、悩み、そして何よりも大切な「友情」がテーマとして一貫してあるからだと思います。マルフォイのような天敵というか嫌な奴も学校に1人くらいいますよね。

子供達も約3時間という長時間ながら飽きずに楽しんで観ていたようです。原作本はすでに5作目が発売されていますし、次回の映画も絶対に映画館に観に行こう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/07

頑張りました

先週の日曜日は、次女にとって初めての空手道の昇級審査。

まだ幼稚園年中で末っ子でまだまだ赤ちゃんのような甘えん坊。先日の川根の大会では、型試合は試合前に泣いてしまって棄権といった前科(?)もあるので、心配していました。

私はいつものように審査員だったので、始まる前に「普段通りにやれば大丈夫だよ」と一言声を掛けただけでした。

まずは基本。同じ時期にはじめた2人と並んで、突き、受け、蹴りを行いました。3人とも足や手が逆になったりしましたが、元気に何とか終了。

次は組手。突きも届いていないし、蹴りの受けなんか当たってから受けているような状態でしたが、気合いだけは大きくできました。

そして最後は型。川根のことが頭をよぎりましたが、名前を呼ばれると大きな声で「押忍」と返事をして、型の名前を言って演武をしました。途中で一箇所蹴りが少なかったのですが、何とかまとめて終了。今の実力全部を出し切って、気合いも大きく立派にできました。

審査の結果は、組手の受けや、型の間違いはあったものの、全体的にはまとまっており気合いも大きかったため、ぎりぎりで10級に合格しました!

振り返ってみると、長女や長男の時とくらべて、一番リラックスしていたような気がします。やはり川根の大会の経験が大きいのかな。

子供ってこうして成長していくんだなと感じた日曜日でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/12/03

生活発表会

051103

今日は次女が通っている幼稚園の生活発表会。

昨年は空手の中部大会と日程が重なって、私も含めて家族みんなでは見にいってやれなかったので、今回は本人も見に来てくれることを楽しみにしているようでした。

前日は少し風邪気味で幼稚園を休んだこともあり心配しましたが、何とか元気になり無事会場へ。

しかしこういう日に限ってこの冬一番の冷え込み(・・・だと思う)。

会場が開くまで1時間くらいあったのですが、とにかく寒くて参りました。やっと会場が開いて中に入ったものの、例年は暖房で熱いくらいなのに今年は暖房を入れていないのではないかと思うくらい、中も寒かったです。まわりを見回しても、足に上着を掛けている人が目立ちました。

そんな寒い中でも、幼稚園の子供達は元気一杯!

きらびやかな衣装を着て嬉しそうに飛び跳ねたり、歌ったり、踊ったり、のびのびとやっていました。

次女もクラス1小さい身体ながら、大きく身体を揺らして、大きな声で歌いながら楽しそうに演じていました。

帰りの車の中で妻が「みんなに見に来てくれたお礼を言うんだよ」と言ったら、返ってきた言葉は「みんなに私が見せてあげたの!」という高飛車な言葉。

うーん、やはり先日の川根の時と同様、女優だ・・・。将来、小悪魔ちゃんになりそうな予感が・・・。(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/01

今年もあと一ヶ月

このブログを開設したのが、昨年の11月27日。先週の日曜日で1年を迎えました。

最初は何を書いて良いかわからず、とりあえず自分のお気に入りの品を少しずつ紹介していこうと思っていたのですが、いつの間にか日記風のつぶやきが多くなり、My Favoriteと言いつつ名倒れになってしまいました。(^_^;)

たまたま一緒の日にココログを始めてお互いのブログを訪れて交流をしていたとしきさんが、先日一年を区切りでブログを閉鎖することになり、同期が退職してしまったようで、寂しい気持ちで一杯です。

今年は元旦から仕事ということもあり、あっという間の一年でした。

何があったのか思い出すのも大変ですが(というか記憶力が年々悪くなっている?)ブログを見返すことで、その時にあったこと、思っていたことなどを思い出すことができて、そういう意味でも続けてきて良かったなと思っています。

今日から12月、今年も残すところ後1ヶ月となりました。

終わりよければ全てよし!となるよう、仕事もプライベートもやり残しのないように一年を締めくくりたいと思います。

 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »