« 越路吹雪 | トップページ | とっさに出る言葉・・・ »

2005/05/11

久々の吉野屋

yoshinoya

今日のお昼は久々に「吉野屋」。
少し前に静岡の街中にできてから、いつか行こうと思いつつ今日が初めてでした。

東京などとは違い、静岡のような地方都市では吉野屋や松屋などは街中より
郊外にあることが多く、車で出かけたついでに立ち寄ることが多いんですよ。

ちょうどお昼時ということもあり、店内はほぼ満席。圧倒的にサラリーマンが多い
ですね。

私は豚丼並とみそ汁で合わせて370円・・・やっぱり安い!
ちょっとランチを食べると700円以上になってしまうので、この安さはサラリーマン
の味方ですよね。

吉野屋の豚丼は初めて食べましたが・・・うーーん。
味もそこそこ美味しいのですが、牛丼の味を知っているので少し物足りなさが
残りました。やっぱり牛丼の復活が待たれますね!

といいつつ・・・この安さはやはり魅力。時々また食べに来ようっと!(^o^)

|

« 越路吹雪 | トップページ | とっさに出る言葉・・・ »

コメント

マーヤさん、コメントありがとうございます。
確かに吉野屋って昔は「男の聖域」という感じでしたよね。
私が学生の頃は、特に夜中はトラックの運ちゃんや、貧乏学生みたいな客
ばかりでしたね。
でも最近はだいぶ女性やカップルも増えてきたように思いますよ。
先日私が入店したときも、隣は若い女性二人組でした。

>豚丼は、先の見えない限定期間をしょって、今日も人々の想いと共に、
食されているのです。

そうですね・・・。みんな早く牛丼復活しないかなぁと思いながら
豚丼を食べているんでしょうね。(私もその一人です)

投稿: バルサ | 2005/05/15 22:58

この画像を見てから無性に食べてみたくなり、土曜日にふらりと入店してしまいました。吉野家って、私には相撲の土俵と同じぐらい、「男の聖域」という観念があって、入るのにはずいぶん勇気がいりました。そして注文する際に、「ぶたどん」なのか「とんどん」なのか悩みました。

いずれ牛肉の輸入が再開されれば、今度はこの「豚丼」が「あのころの思い出の味」になるんだろうなぁなんて思いながら、並・生卵つきを食しました。

豚丼は、先の見えない限定期間をしょって、今日も人々の想いと共に、食されているのです。

投稿: マーヤ | 2005/05/15 21:43

としきさん、いつもコメントありがとうございます。
豚丼はちょっと甘めで、私としてはもう少ししょっぱさが
あってもよかったかなと思いました。
ほんと、牛丼復活が待ち遠しいですね!

投稿: バルサ | 2005/05/12 23:39

バルサさん、こんにちは。
そうですね~。
豚丼は、あまり好きでないのであまり食べませんが、やはり安さは魅力ですね。
しかも、味噌汁つきですからね(^_^)
牛丼の復活が待たれるところです(^o^)

投稿: としきくん | 2005/05/12 19:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66582/4087394

この記事へのトラックバック一覧です: 久々の吉野屋:

« 越路吹雪 | トップページ | とっさに出る言葉・・・ »