« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005/05/29

康平覚醒!

SP0528-2

昨日のナビスコカップ セレッソ大阪戦は面白かったですね!
ここ数試合やっと本領発揮で、アシストを決めまくっていた康平の動きを楽しみに
していましたが、期待に違わない大活躍でした。

試合自体は、相変わらず岡田の節穴の目と、よくわからないPKやり直しで
エスパサポの怒りが爆発!・・・と思ったら、選手は攻撃で答えてくれました。

まずはPKを取られた俊秀が1点目。その後セレッソ西澤に勝ち越しを許すも、
後半に入って康平がついに今シーズン初得点!右サイドからの角度がない
ところからの豪快なシュートでした。

康平は動きもかなりきれていて、対面するゼ・カルロス(かな?)を抜くときも、
一度後ろを向いておいて相手が後ろから来た瞬間にボールをヒールで後ろ
に流し、自分は反転して抜き去るなんてこともやってました。
思わず「おぉ~今日の康平は切れまくってる!」と叫んでしまいました。

才能はチーム一といわれながら調子の波が大きくなかなかスタメンにも
定着できませんでしたが、ここに来てどんどんドリブルを仕掛けて攻める
康平が見れて大満足でした。一緒に見に行った長男も「康平」の名前は
しっかりと覚えてました。

SP0528-1

そして和道の粘りから勝ち越し点!2試合連続の3得点ってどのくらいぶり
なんだろう。先日の欧州CL決勝ではないけど、やはり点の取り合いは
興奮しますね。

この日は妻の両親も私がチケットをプレゼントして初観戦でしたが、
「はまっちゃったかもしれない!」とお母さんも大満足でした。

守備は少し不安定なところもありましたが、やはり攻撃陣に元気が出てくると
期待できますね。次のアントラーズにも勝って、文句なしのグループD1位突破
を決めて欲しいと思います。

ちょっと気になったのは山西。守備では元ジュビロ同僚の工藤に面白いように
抜かれて、攻撃の時にはクロスが不正確で何度かチャンスを潰していました。
山西だけではありませんが、守備面は少し修正が必要だと思いました。

あともう一つ、私としてはこの日は記念すべき日でした。
Jリーグ開幕以来、見に行った試合では必ずマッチデープログラムを買っていま
したが、今回やっと当選しました!もちろん末等でしたが。

 本日の試合球 : 1名
 プーマウォーターボトル : 12名
 グリコ食品の詰め合わせ : 25名

全体でたった38名しか当選しないので、1万人としても当選確率は0.38%!
かなりの難関ですよね。「グリコ」と言ったのでてっきりお菓子の詰め合わせ
かと思ったら、カレーと中華丼で私も長男もちょっとがっかりでしたが。(^_^;)

SP0528-4

リバプールもやってくることだし、この調子をキープして欲しいですね!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/05/25

のん

cat

近所に何匹か野良猫がいるのですが、その中でもこの「のん」は子供達に
大人気です。

野良猫なので名前などあるわけがないのですが、この猫はいつも道路で寝ていて、
車や自転車が来ても全くよけず、見知らぬ人でもすぐに体をすり寄せて、とにかく
人なつっこいのです。

そんな姿から妻が「のんびりしているから、のんにしよう!」と子供達に言ってから、
家族みんなで「のん」と勝手に名前をつけて呼んでます。
子供達が「のん」って呼びかけても、自分から来ることはなく道路に寝転がって
「こっち来てよ」とでも言いたげなポーズをするのです。
そして、近くに行くと体をすり寄せて「なでてよ~」とでも言いたげに甘えるのです。
本当に可愛いやつです。

「のん」を見ていると、忙しい毎日であくせくしている自分が馬鹿らしく思えて、
嫌なことがあっても忘れることができます。かなり癒されているのかな。
「のん」を見るたびに、「小さいことにくよくよせず、もっとおおらかに生きようよ!」
ってメッセージをもらっているような気がしています。

よし、今日も頑張ろうっと!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/05/21

新しい携帯買っちゃいました!

V603SH

新しい携帯を買っちゃいました!
選んだのは、今流行の「3G」・・・・ではなく、TV付き携帯の「V603SH」です。

元々は1年半前から使っていた、「JT-010」のデザインと機能に満足
していたので、替えるつもりはなかったのですが、妻が「TV付き携帯っていいよね」と
言い出して現物を見出したら、逆に私の方が「欲しい~」という気持ちが日に日に
高くなっていきました。

何度かvodafoneショップや、電器店を覗いて、機能や価格を確認していましたが、
出たばかりの機種、人気の高いシャープ製ということもあり、新規でも1万円以上、
機種変だと2万円くらいと手が出せない価格に我慢をしていました。

そんな中、1ヶ月前くらいにも覗いた電器店に行ったところ、値段が下がっている
ではありませんか!機種変更は相変わらず高いですが、新規はいろいろな契約
条件を入れれば、一台あたり1800円!
これは買うしかないでしょ!ってことで、妻とペアで2台新規契約しました。

今回はTV&FM付きということで、通勤の時の暇つぶしにぴったり!
サッカー好きの私に取っては平日の代表試合などのチェックもできて便利かな
と思ってます。(本当の目的はそこだという噂も・・・)

それにしても最近の携帯って本当に高性能ですね。
携帯+PC+デジカメ+TV+FMラジオ+ミュージックプレーヤー+ゲーム
+ボイスレコーダー・・・・世界中どこの国を見ても携帯電話がこんなに
多機能なものは日本しかないでしょう。

ちょっと確認不足だったのは、時々使っていた携帯ケースが二つとも
サイズが合わなくて使えなくなったこと。これらもお気に入りの品として
ブログでも紹介しようと思っていたのですが・・・。うーん、また気に入った
ものを探しに行こうかな。(こうしてまた無駄遣いが増えていくのです)

keitai_case

今は携帯を触るのがうれしくてしょうがないのですが、今にきっと使う機能は
限られて、持っている機能の1/10も使いこなせないんだろうなぁ・・・。(^_^;)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/05/17

久保田 翠寿

kubota_suijyu

本日はGW出勤の振替休日を取りました。というわけで昨晩は家で少しお酒を
飲みました。次の日が仕事だとどうしても守りに入ってゆっくり飲めないので。

先日ブログに書いた「越路吹雪」を飲み干してしまったので、会社帰りに酒屋で
日本酒を探しに行きました。

どうせなら飲んだことのない吟醸酒がいいなと思って、店員さんに試飲をお願い
したところ、「ワインの試飲はできるのですが、日本酒はできません」と断られて
しまいました。静岡では結構有名な酒屋さんなのですが、居酒屋とかと一緒に
経営している酒屋さんじゃないと日本酒は試飲できないのかな?

本当は、私がよくお邪魔するまーちんさんのブログで紹介されていた
「越乃景虎」を探しに行ったのですが、残念ながらその酒屋さんには置いて
ありませんでした。

店員さんに「久保田 萬寿が好きなんですが、それに近い味のお酒ありますか?」
と聞いたところ、いくつかの吟醸酒を持ってきてくれました。

そして選んだのが「久保田 翠寿(すいじゅ)」。

店員さん曰く、「萬寿と同じように、まろやかさの中にすっきり感があり美味しい
ですよ」とのこと。結局久保田に落ち着いてしまいました。(^o^)

久保田 翠寿は、大吟醸生酒ということでググって見ると結構人気が高い
日本酒のようです。

飲んでみると・・・店員さんの言うように味にまろやかさがあり飲みやすい。
萬寿と比べるとこちらの方が味に深みがあるような気がしました。
生酒ってどんなお酒なんだろうと、「お酒の本」で調べると、以下のように
書いてありました。

生ビールの日本酒版ともいえる「生」の酒。日本酒は貯蔵前と瓶詰め 前に二度の火入れ(酒に残っている酵素の働きを止め、殺菌すること が目的)が行われるが、その火入れを一度もしていない酒をいう。 酵母菌が生きたフレッシュな味わいが特徴。

私が感じた味の深みは酵母菌だったのかなぁ?
昨晩はお刺身と肉じゃがをつまみに、久保田 翠寿を堪能しました。

生酒なので早めに飲まないと味が変わってしまいそうです。
というわけで今晩も飲まないと!(^o^)

PS.静岡で日本酒の試飲ができる酒屋さん知っている方がいたら
  是非教えて下さい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/05/15

空手道県大会

karate050515

今日は空手道の県大会。長女・長男と私も選手として出場しました。

大会というのはどんなスポーツでも同じですが、朝早くから夕方遅くまで行われて
普段の稽古より体を動かしている時間は短いのですが、本当に疲れます。
たぶん試合までの緊張感や、集中力が違うんでしょうね。

結果としては、長女が型の部準優勝、長男が型の部優勝、組手の部準優勝、
私は団体型優勝と良い成績が残せました。

このところどんな大会でも、長男はだいたい優勝か準優勝が多かったのですが、
長女はベスト8や4位が多く、1年ぶりくらいの3位以内入賞を本当に喜んで
いました。
私は自分の試合もあったので見ていなかったのですが、準優勝が決まった瞬間
に座っている状態から小さなガッツポーズをして飛び上がって喜んでいたようです。
(^o^)

ただ試合結果としては上出来でしたが、子供達には結果が全てではないことを
教えていきたいと思っています。
強い相手と対戦すれば一回戦で負けることもあるし、優勝しても練習通りの力が
出せなければそれは負けに等しいからです。
大会というのは、どれだけ自分が稽古してきたことが出せるかということが大切
だと思っています。

最後に私の型個人戦の結果ですが・・・昨年に続いて連覇を狙っていたのですが
後一歩3位入賞に届かず・・・残念!
今回は完全に稽古不足だと思います。そういう意味では子供達に偉そうに言え
ませんね。(^_^;)

7月の東海北信越大会に向けて、また稽古あるのみです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/05/13

とっさに出る言葉・・・

昨晩仕事帰りのバスを降りる時に、ついうっかり運転手さんに向かって「ただいま!」
って言いそうになりました。(^_^;)
いったい何を考えていたんだろう?ぼーっとしていて、もう家に着いたつもりだった
のでしょうか?

同じような経験が過去に何度かあります。

私は小さい頃から空手道をやっていることもあり、「挨拶は自分からするものだ」と
教え込まれてきました。特に大学の空手道部の時には、挨拶は全て「押忍」。
おはようも、お疲れ様ですも、注意されても、納得できなくても、返事は全て「押忍」。
ある意味何でも使える便利な?言葉でした。

大学の講義って広い教室でマイクを使ってやっているので当然眠くなります。
ある講義中に眠い目をこすりながらぼーっとしていると、教授に名前を呼ばれました。

そのとき私は反射的に立ち上がり「押忍!」・・・教室は失笑の嵐。
本当に恥ずかしかったことを覚えています。

油断している時ってついついそんな言葉が出てしまいます。

みなさんもそんな経験ありませんか?


PS.これとは話が違いますが、新入社員の頃職場や同期会での自己紹介席で、
「私は・・・」「僕は・・・」と言うのが恥ずかしかったのか、「自分は・・・」「自分が
思うには・・・」と連呼していたら、「おまえ軍隊みたいだな(笑)」と言われたこと
もありました。(^_^;)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/05/11

久々の吉野屋

yoshinoya

今日のお昼は久々に「吉野屋」。
少し前に静岡の街中にできてから、いつか行こうと思いつつ今日が初めてでした。

東京などとは違い、静岡のような地方都市では吉野屋や松屋などは街中より
郊外にあることが多く、車で出かけたついでに立ち寄ることが多いんですよ。

ちょうどお昼時ということもあり、店内はほぼ満席。圧倒的にサラリーマンが多い
ですね。

私は豚丼並とみそ汁で合わせて370円・・・やっぱり安い!
ちょっとランチを食べると700円以上になってしまうので、この安さはサラリーマン
の味方ですよね。

吉野屋の豚丼は初めて食べましたが・・・うーーん。
味もそこそこ美味しいのですが、牛丼の味を知っているので少し物足りなさが
残りました。やっぱり牛丼の復活が待たれますね!

といいつつ・・・この安さはやはり魅力。時々また食べに来ようっと!(^o^)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/05/07

越路吹雪

koshidifubuki

このところ家で飲む日本酒は、父がお歳暮でもらった「越路吹雪」というお酒でした。

初めて飲んだお酒でしたが、まろやかな飲み口で飲みやすく魚料理とぴったり
の味でした。さすが新潟のお酒は美味しいものが多いですね。
私がよくチェックさせてもらっている、まーちんさんのブログでも新潟のお酒はよく紹介
されています。

そういえば、越路吹雪っていう歌手がいたような・・・ググッてみるとここに紹介が
ありました。

まさに“女王"の名がふさわしい。豪華絢爛なドレスをまとい、優雅に身をこなす。 戦後まもない日本のモノクロームな風景の中で、彼女だけが極彩色を放っていたのだ。そして、外見負けしない歌手としての実力。

シャンソンの女王と呼ばれるほど人気があったようですね。

越路吹雪も父と一緒に飲み干してしまったので、また美味しい日本酒を買いに行こうかな。(^o^)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005/05/05

自転車の国 サイクルスポーツセンター

cycle4

昨日は家族みんなで、「自転車の国 サイクルスポーツセンター
に行ってきました。
子供の日も近いということで、今回は父母や妹家族も一緒で総勢11名、
車2台で行ってきました。
GW期間中なので道路も混むかなと思いましたが、行きはほとんど渋滞にも
巻き込まれずにスムーズに行くことができました。

サイクルスポーツセンターに行くのは実に25年ぶり。子供会の時に一回行った
だけで、5kmコースの心臓破りの坂だけ鮮明に覚えているくらいでした。

子供達もまだ小さいので、まずは「ファミリーサーキット」に行くことにしました。
多少のアップダウンがある2kmコースでしたが、二人乗りやかご付き自転車
もあり名前の通りファミリーで楽しめます。

お昼ご飯は家で作ってきたおにぎりとおかずでしたが、心地よい風が吹いていて
気持ちよかったですね。やっぱりおにぎりはコンビニよりも家で握ってきた方が
絶対に美味しい!子供達もうれしそうに何個も頬張っていました。

25年前と比べて、遊園地的な乗り物が増えており「サイクルUFO」や「スカイコリ
ドール」なんかは楽しそうでした。しかし基本的には自転車で漕ぐ乗り物なので、
130cm以下の子供達は同伴者が必ず必要です。
結局今回は子供達が多いこともあり、みんなでやれる「森の迷路」や「サイクル
電車」にしました。

cycle1

そして最後は名物の「おもしろ自転車」。ペダルやチェーンのない自転車、足を
開閉しながら進む自転車など数多くの珍しい自転車があり、これこそ自転車の国
ですね。子供達も楽しんでいましたが、私や妻も何種類も乗って楽しみました。

cycle3
cycle2

帰りは同じ敷地内にある、「サイクル温泉ゆーサロン」でゆっくり疲れを癒しました。
ここはそんなに大きい温泉ではありませんが、サイクルスポーツセンターの入場券が
あると何と半額。一人あたり400円(大人)、300円(子供)で温泉が楽しめます。

子供達が130cm以上になったら、また是非行こうと思っています。(^o^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/01

やったぜエスパルス!ホーム2連勝だぁ!

sp050501-3

Jリーグ第9節清水エスパルスVS大宮アルティージャ戦を長男と観戦してきました。
いや~やりました。ジェフユナイテッド千葉戦に続き、ホーム2連勝です。

今日はゴールデンウィーク真っ只中の日曜日、天気もまあまあということで有料
入場者数が14、000人を超え、無料招待者を含めると16,000人くらい入っていた
のではないでしょうか。
試合前は、恒例のパルちゃんマツケンサンバショー、スタジアム内ではエスパルス
ドリームレーシングチームのバイク展示などイベントも満載で盛り上がっていました。

sp050501-1

また前節のアルビレックス新潟戦に続き、2試合連続の「オレンジダービー」。
元祖オレンジのエスパとしては負けられない一戦です。
アウェー側もオレンジということもあり、スタジアム全体がオレンジに染まった
ホームらしい雰囲気の中で試合が始まりました。

前半は一進一退の攻防。アルティージャの選手はほとんど知らない選手ばかり
でしたが、中田似の藤本が中盤で結構良い動きをしていました。
そんな中、中盤のパス交換から山西からのクロスに、遠目からチョジェジンのヘッド
が炸裂!今シーズン点が取れていなかったチョの久々の得点で、前半を1-0で
終了しました。

後半に入りお互いにチャンスをつかむもゴールには至らず経過していきました。
途中でノボリに代わり、ルーキーの岩下君が初登場!試合前の選手紹介でも拍手が
大きくサポーターの期待の大きさが伺えます。途中不用意にボールを失うなど多少
ミスはありましたが、終始落ち着いた動きで無難にボランチをこなしていました。

途中高木純平からのクロスを久保山が押し込み追加点か!と盛り上がりましたが、
残念ながら純平がクロスを出した時点でラインアウトとの判定でノーゴール。
その余韻がさめやらぬ中、残り10分ということころでアルティージャの横山がきれい
なボレーシュートを突き刺し1-1の同点。嫌な雰囲気となりました。

しかしその3分後、チョジェジンがやってくれました。右サイドから強烈なミドルシュート
を突き刺し2-1と勝ち越し!

その後アルティージャに退場者が出るなど少し荒れ気味となりましたが、4分のロス
タイムを乗り切り見事ホーム2連勝!
花火も上がり、王者の旗を歌って大満足で帰ってきました。

長男とは5~6試合観戦しているのですが、今まで引き分けか負けばかりで勝ち試合
は今回が初めてでした。普段外ではシャイでおとなしくしている長男が、「今度はあの
盛り上がっている2Fで応援したい。」と言って興奮していました。
次回観戦するときにはスタジアムに早めに行って、応援団の中で盛り上がろうと
思っています。

sp050501-4

ちょっとショックだったのは、デジカメと一眼レフ+望遠で写真を撮ったのですが、
一眼レフの調子がおかしくたった1枚しか写っていなかったことです。
貴重な一枚は、岩下君がバレエでも踊っているようなこんな写真でした。
カメラ屋に聞いたら分解点検しないとだめらしい。
最近デジカメばかり使っていたからすねちゃったのかなぁ・・・トホホ。

sp050501-5

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »